『仮面ライダーキバ』2つの時代で繰り広げられた、壮絶な「愛」と「争い」のドラマ


●2つの"時代"が密接に絡みあうユニークなドラマ作り
2018年9月からテレビ朝日系で放送されている連続テレビドラマ『仮面ライダージオウ』では、仮面ライダージオウ/常磐ソウゴ(演:奥野壮)が『仮面ライダークウガ』(2000年)から『仮面ライダービルド』(2017年)まで19もの「平成仮面ライダー」の"時代"をめぐる物語が描かれている。歴代仮面ライダーの力を宿した「ライドウォッチ」を手に入れることで、50年後の未来における"最低最悪の魔王"=オーマジオウへと一歩ずつ近づいていくソウゴ。しかし彼は"魔王"ではなく、かねてからの目標であった"最高最善の王"になるという強い信念を貫こうとしている。果たして、これからのソウゴを待ち受ける運命とは……?

『仮面ライダークウガ』から『仮面ライダービルド』まで19の「平成仮面ライダー」が存在する"時代"を行き来する仮面ライダージオウの登場によって、歴代の平成仮面ライダーそれぞれに、いま改めて注目が集まっている。12月22日(土)には、『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』と題されたスペシャルな映画の公開が控えている。ここでは、平成仮面ライダーシリーズをふりかえる企画の第9弾として、父と子の「2つの"時代"」にまたがって繰り広げられた、激しい「愛」と「争い」のドラマを描いた『仮面ライダーキバ』(2008年)の作品概要をご紹介してみよう。

『仮面ライダーキバ』は、2008(平成20)年1月27日から2009(平成21)年1月18日まで、テレビ朝日系で全48話を放送した連続テレビドラマである。本作は『仮面ライダー』シリーズの原作者である故・石ノ森章太郎氏の生誕70周年という節目の年に放送されたこともあって、「石ノ森章太郎生誕70周年記念作品」というテロップが第1話の冒頭に挿入された。

前作の『仮面ライダー電王』(2007年)では、「電車に乗って時間を移動する仮面ライダー」というかなり挑戦的なキャラクター設定が作られ、これが子どもから大人の幅広い年齢層にわたって大好評を博した。本作ではヒーローや変身アイテムのモチーフに「コウモリ」を採用。敵である「ファンガイア」は人間のライフエナジー(生命エネルギー)を食らうという設定となり、全体的に「怪奇」「ホラー」テイストを散りばめているのが大きな特徴となった。敵の怪人に怪奇色を持たせ、対するヒーローにもどこかダーティな匂いを漂わせる、というのはまさしく第1作『仮面ライダー』(1971年)の初期エピソード(第1~13話)にも通じる、仮面ライダーの"原点"というべき姿勢だといえよう。

本作の大きな"独自性"は、2008年の「現代」と1986年の「過去」、2つの"時代"での出来事が巧みにからみあい、ひとつの"物語"を作り上げるという「二重構造」のストーリー構成である。従来ならば2008年の仮面ライダーキバ/紅渡(演:瀬戸康史)の物語をメインとして描き、過去のことは「回想シーン」という形で表現されるはずなのだが、本作では渡の父親である紅音也(演:武田航平)がファンガイアと戦っていた1986年のストーリーが現代と同じボリュームで並行して進められ、2つの"時代"の描写が交互に現れるスタイルとなっている。

2008年、亡き父・紅音也が作り上げた「ブラッディローズ」を超える名器を生み出すべく、日夜バイオリン製作に励んでいる紅渡は、外の世界に触れたとたん体調を崩す「この世アレルギー」とでもいうべき内向的な若者だった。しかし彼は、人類のライフエナジーを奪う怪物ファンガイアの存在を感知すると、異形の戦士「キバ」に変身して戦う能力を持っていた。時をさかのぼること22年前となる1986年、天才バイオリニストの音也は女戦士・麻生ゆり(演:高橋ユウ/当時:高橋優)と出会ったことがきっかけでファンガイアの存在を知り、やがて熾烈な戦いの道を歩むことに……。

渡は父・音也とファンガイアの母との間に生まれたため、キバへの変身能力を有している。相棒のコウモリの姿をしたモンスター・キバットバットIII世(声:杉田智和)が渡の腕に噛みつくことによって魔皇力を活性化させ、キバットをキバットベルトに装着。渡の全身に「キバの鎧」が装着され、変身を完了する。キバの右足には鎖で封印された「ヘルズゲート」があり、これを解放した状態で放つキック(ダークネスムーンブレイク)は一撃でファンガイアを粉砕するほどの破壊力を備えている。

ファンガイアとは、古来より人間社会に身をひそめて密かに人間のライフエナジーを捕食してきた怪物の総称である。多くのファンガイアはふだん人間に姿を変えており、理性的な行動を取る者も少なくはないが、自分たちが生きる手段としてライフエナジーが絶対に必要なことから、人間にとって「天敵」というべき脅威でしかない。そんなファンガイアの存在を察知し、独自の対抗手段を持とうとする者たちがいた。嶋譲(演:金山一彦)を長とする「素晴らしき青空の会」である。1986年当時は麻生ゆりがファンガイアハンターとして戦っており、そこに音也が首を突っ込んでくるかたちになっていたが、2008年ではゆりの娘である麻生恵(演:柳沢なな)が亡き母の志を継いでファンガイアに挑んでいる。また正義感が強く、他人には常に"上から目線"で接する名護啓介(演:加藤慶祐)もメンバーの1人である。

本作は基本的に2話で1つのエピソードが語られ、過去で起きたファンガイア事件が22年後の現代に思わぬ形で影響を及ぼしたり、過去で音也と接した人物(あるいはファンガイア)が現代で渡に重要な助言を行ったりするなど、2つの"時代"が密接に絡みあうユニークなドラマ作りが試みられている。ファンガイアは人間よりも生命力が強いため、22年もの時間を経ても外見がまったく変わらない。第22、23話ではこの設定を巧みに活かし、人間の女性を22年間愛し続けたファンガイアの哀しき"人生"がドラマチックに描かれている。

過去編と現代編は時代が違うだけで「同じ場所」でストーリーが進行しているため、「素晴らしき青空の会」メンバーがたむろしている喫茶店「カフェ・マル・ダムール」の店内の様子(壁に飾っているイヤープレートの数や、マスターが飼っている愛犬ブルマンの年齢など)の違いから、22年という歳月の変化を視聴者に感じてもらえる工夫がなされているのも見どころである。ちなみに嶋は1986年当時(33歳)髪を伸ばしていたが、55歳になった現代では短く刈り込んでいる。現代の嶋が昔の体型を維持するべく常にスポーツクラブに通って身体を鍛えている一方で、カフェ・マル・ダムールのマスターを務める木戸明(演:木下ほうか)は特に何もしていないのに22年間まったく外見が変わっておらず、同じ年齢である嶋をよけいに焦らせている。

また、過去と現代が同時に描かれることにより、22年という時間をつなぐさまざまな"謎"が散りばめられているのも本作の魅力。現代編ではすでに命を失っているという音也だが、いつ「ブラッディローズ」を製作したのか? そしていつ、どのようにして渡を授かり、命を落とすのか? という部分はもっとも観る者が興味をひく部分といえる。また、過去編で人間社会を自由にうろついていた魔族、ウルフェン族のガルル/次狼(演:松田賢二)、マーマン族のバッシャー/ラモン(演:小越勇輝)、フランケン族のドッガ/力(演:滝川英治)は、現代編ではキバの戦力である巨大な城の形状をした竜「キャッスルドラン」に3人とも幽閉されていて、それぞれキバの"武器"として呼び出される状態となっている。果たして、22年の間で彼らにどのような事件が起こったのか……。キャラクターの立ち位置を変化させる「原因」と「結果」がどのようにしてつながっていくかというのも、本作のストーリーを追いかける上で注目すべきポイントである。

●"欠点"を持つヒーローたちの成長

当初、何かと世話を焼きたがる少女・野村静香(演:小池里奈)以外の人間と一切接触を持たなかった渡だが、恵や名護、そしてロックを愛する青年・襟立健吾(演:熊井幸平)たちとの出会いによって徐々に心を開き、自分の考えを言葉で伝えられるようになっていく。

音也と一緒に過ごした記憶を持たない渡は、「ブラッディローズを製作した偉大なるバイオリン職人」として父を尊敬していたが、実際の音也は美しい女性を見るとすぐに惚れてしまう上に、他人に対して非常にいいかげんな態度を取るとんでもない人物だと関係者から聞かされ、ショックを受けてしまう。

しかし、そんな音也だが音楽の才能は飛びぬけており、高級クラブで豪遊し、カジノで大負けしても、バイオリン演奏を一曲披露するだけで全部チャラにしてしまうほどの腕前を持っている。第9、10話では音楽を愛するフロッグファンガイア/大村の心を揺り動かす演奏を音也が行ったため、彼に「二度と人間を襲わない」と誓わせたことがあった。また音也は、体力に自信がないながらも「素晴らしき青空の会」のために開発された対ファンガイア用強化スーツ「イクサシステム」を装着し、仮面ライダーイクサとなってファンガイアに挑んだことも幾度となくあった。開発されたばかりのイクサシステムは装着者にかなりの負担がかかり、最初にイクサを装着した次狼でさえも、初装着時はかなりのダメージを負うことになった。そんな未完成な部分の残るイクサをも死にもの狂いで使いこなす音也は、天才音楽家であるだけでなく、強い情熱と(主に女性に対する)愛を備えた戦士だということができる。『仮面ライダーキバ』という作品は、天才の父・音也を息子の渡がいかにして乗り越え、たくましく成長していくかを追ったドラマなのだ。

1986年の仮面ライダーイクサ初登場から22年後、2008年ではイクサが10回目のバージョンアップを行った「Ver.X」として、主に名護が装着してファンガイアと戦うことになった。最初は渡や健吾から尊敬のまなざしで見られていた名護だったが、その極端な正義感の強さから来る「悪」への異常なまでの憎しみや、悪人を捕らえた証明として「服のボタン」を集めることにこだわるあまり、悪人そのものよりもボタンをむしり取る行為のみに熱を上げる奇行を見せたりして、カリスマ性を急激に失っていった。当初は完璧なヒーローと思われていた名護も、音也や渡と同じく"欠点"を持つ人間であり、激しい戦いや仲間たちと関わっていくことによって人間的に成長していく姿が描かれていった。

ファンガイアにはチェックメイトフォーと呼ばれる最強の4体(ルーク、ビショップ、クイーン、キング)が存在しており、音也はゆりを愛しながらもクイーン/真夜(演:加賀美早紀)の美しさにも惹かれていき、やがて彼女の願いを聞き入れてひとつのバイオリンを作り上げようとする。人間を愛するファンガイアを抹殺する使命を持っていたクイーン/真夜だが、自分自身が人間を愛したことにより仮面ライダーダークキバ/キング(演:新納慎也)の怒りに触れてしまう。

一方現代編では、渡と心を通わせ、互いに惹かれあう深央(演:芳賀優里亜)と、渡が唯一心を許せる友であると同時に新たなキングとなるべき仮面ライダーサガ/登太牙(演:山本匠馬)が登場。渡は深央への想いと太牙への友情との板挟みで、悩み苦しむことに。音也はキングに対抗するため、キバットバットII世(声:杉田智和)の力を借りてダークキバに変身し、最後の命を燃やして戦いに挑む。そして現代では太牙がダークキバとなり、渡が変身したキバ・エンペラーフォームと宿命の対決を行う……。

1986年と2008年という2つの時代を並行して描き、時間と空間を越えた壮烈な「愛」と「争い」のドラマを繰り広げた『仮面ライダーキバ』は、愛すべき濃厚な個性を備えた登場人物たちの魅力もあって、視聴者に強い衝撃と感動をもたらした。次回は平成仮面ライダーシリーズの10作目を記念し、さまざまな次元を飛び越えて「仮面ライダーの世界」をめぐる"世界の破壊者"こと門矢士の旅を描いた『仮面ライダーディケイド』(2009年)の解説を試みたい。

映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』は2018年12月22日(土)より公開される。

■著者プロフィール
秋田英夫
主に特撮ヒーロー作品や怪獣映画を扱う雑誌などで執筆。これまで『宇宙刑事大全』『宇宙刑事年代記』『メタルヒーロー最強戦士列伝』『ウルトラマン画報』『大人のウルトラマンシリーズ大図鑑』『ゴジラの常識』『仮面ライダー昭和最強伝説』『日本特撮技術大全』『東映スーパー戦隊大全』『ゴーグルV・ダイナマン・バイオマン大全』『鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー大百科』をはじめとする書籍・ムック・雑誌などに、関係者インタビューおよび作品研究記事を多数掲載。

(C)石森プロ・東映
「ジオウ&ビルド」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ