高梨臨、カンヌでも話題の村上春樹原作ミステリーで吹き替えに初挑戦!

ザテレビジョン

2018/12/2 08:00

NHKがアジアを代表する映画監督たちと村上春樹作品の映像化に挑む企画の第一弾「特集ドラマ バーニング」(12月2日夜9:00からBS4K、29日夜10:00からNHK総合で放送)で、女優の高梨臨が吹き替えを担当。小説家を目指す主人公の幼なじみを演じる。

「―バーニング」は、村上春樹の短編小説「納屋を焼く」を映画「ペパーミント・キャンディ」のイ・チャンドン監督が映像化した作品。イ監督が手掛けた「バーニング 劇場版」(148分)は今年のカンヌ国際映画祭に出品され、国際批評家連盟賞を受賞するなど世界で高い評価を受けた。

小説家をめざす青年・ジョンス(イ・ユアン)は、同じ農村で育った幼なじみの女性・ヘミ(チョン・ジョンソ)と都会の片隅で再会し、ひかれ合う。しかし、ヘミがアフリカで出会った男・ベン(スティーブン・ユアン)を紹介したことをきっかけに、ジョンスの周囲で不思議なことが起こり始める、というストーリー。

イ・チャンドン監督は「ペパーミント・キャンディ」がカンヌ国際映画祭に出品されるなど、アジアを代表する監督のひとり。本作でも、舞台を韓国に移し、原作にある小さな謎を大胆にアレンジ。謎が幾重にも広がるミステリードラマを生み出した。

出演する俳優陣も選りすぐり。ジョンス役のイ・ユアンは韓国の人気俳優、「僕は時々ハウスを燃やしています」と打ち明ける謎の男・ベン役のスティーブン・ユアンは米海外ドラマにも出演するスター。そして、バイトで暮らす奔放な女性・ヘミを演じるチョン・ジョンソは今作で大抜擢された注目の新人女優だ。

■ 「犬神家の一族」でもヒロイン役!

そんな注目の本作で、高梨はヘミの声の日本語吹き替えを担当する。放送を終えたばかりのドラマ「結婚相手は抽選で」(フジテレビ系)では、“プチお嬢”から徐々に自分らしさを見つけていくヒロイン・冬村奈々を演じた高梨。年末の12月24日に放送される金田一耕助シリーズ「犬神家の一族」(12月24日夜9:30-11:33、フジテレビ系)にヒロイン・珠世役で出演することも決まっている。

高梨にとって、吹き替えでの出演は今作「特集ドラマ バーニング」が初めて。主人公・ジョンスの吹き替えを担当する柄本時生、ベン役の萩原聖人とともに、世界の映画関係者に高く評価された同作に新たな命を吹き込む。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/171307/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ