BS朝日で4K放送がスタート! 土井善晴「料理のおいしさはすでに見えています!」

ザテレビジョン

2018/12/2 05:00

12月1日からBS・CSによる「新4K8K衛星放送」が開局。レギュラー放送中の「土井善晴の美食探訪」(毎週月曜夜7:00-8:54)、「子供たちに残したい 美しい日本のうた」(毎週土曜朝11:00-11:55)をピュア4K撮影番組として制作しているBS朝日でも、BS朝日4Kチャンネルを開局した。

これを記念して、12月3日(月)に放送する「土井善晴の美食探訪」の2Kと4Kの映像を見比べながら、同番組に出演中の料理研究家・土井善晴に話を聞いた。

同番組は、「この街に来たなら、この店がおすすめ!」という口コミを基に、土井が“和・洋・中”の「街の名店」を巡るグルメ番組。

自身の番組を鑑賞した土井は「自分で見ていても面白い番組ですね(笑)」と笑いを誘い、ロケを振り返って「食材へのこだわり、道具へのこだわりなど、お店のご主人のこだわりが分かって意気投合できたときが、『美食探訪』をやっていての醍醐味ですね。これからも多様なおいしさを伝えていきたいと思いました」と感想を語った。

また、4Kの映像について「自分でも見えないものが、4Kでは映っているなと思いました。自分の目では、もう少し広く見ているものを、より細かいところまで映してくれている。食材の動き、肉眼よりもリアルに伝えてくれるものがあるんじゃないかと思います」と映像の美しさに感動した。

きめ細かい美しい映像が楽しめる反面、手間と時間がかかるという4Kの撮影と編集作業について、山下龍蔵プロデューサーは「土井先生も『日本料理は目で見て食べる』とよくおっしゃっておりますが、やっと映像としても表現できるようになってきました。準備から撮影、編集と、制作にはとにかく時間がかかります。例えば、物撮りは、引きと寄りでレンズを変えないとフォーカスが合わないので、ロケした当日にはできません。苦労はありますが、手塩にかけて育てた番組を楽しみにご覧になっていただけたらうれしいです」と現場の声を明かした。

最後に土井は「おいしさはすでに見えています。料理を作る姿から、画面の端っこに映るお店の雰囲気から、その店の苦労や努力が、料理のキメの細かさから触覚を通じて見えてきます。細かい部分まで映っておりますので、自分自身で発見する喜びを4Kを通して思い出していただけたらいいなと思います」とアピールした。

12月3日(月)の放送では、土井とアシスタントのはしのえみが、和食居酒屋、ピザや、フランス料理、喫茶などを吉祥寺の地元に愛される名店る。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/171168/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ