私じゃダメなんだろうな…女子が片思いの恋を諦める瞬間5選!




どれだけ本気で好きになった人でも、どうしても振り向いてもらえないことがあります。叶わない恋だとわかってはいても、そう簡単に諦められないのが片思いの難しいところ。では、そんな片思いの恋を女子が諦めるときとは、一体どんなときなのでしょう。
そこで今回は、女子が片思いの恋を諦める瞬間をご紹介したいと思います。

女子が片思いの恋を諦める瞬間

1. 「本当にごめん」と本気で言われた



「片思いの男性に何度もアタックしていて、『おまえは恋愛対象じゃないんだよ~』と笑ってお断りされていました。そしてこの間、かなり本気のトーンで『本当にごめん』と言われて、さすがに諦めました……」(20代/アパレル)

▽ 本気のトーンで「ごめん」と言われるのはとてもショックなことですが、それはカレの優しさなんですよね。あなたの気持ちに応えることはできないけれど、あなたには幸せになってほしいと思っているからこそ。カレのためにも、次は必ず幸せになりましょう!

2. 歴代彼女が美人すぎる

「片思いしているカレの歴代彼女が全員『超絶美人』だということを知って、潔く諦めました!」(20代/事務)

▽ 歴代彼女が美人だと気劣りしてしまいますよね……。「人は顔じゃなくて性格」と言う人がいるように「性格よりも顔!」と断言する人もいるので、難しい勝負をして傷つくよりも、スッと身をひくのもアリ!

3. 彼女と別れたのに



「片思いしていたカレが彼女と別れて、ようやくチャンスがきたと思い頑張っていたのに、私ではない女子と付き合うことになった。そのとき、『諦めよう』と思えました」(30代/金融営業)

▽ フリーになったときに自分を選んでもらえないことで、改めて「自分じゃ、ダメなんだろうな……」と思って諦める女子は多いみたいです。悲しいことですが、受け入れなければいけない現実なんですよね。

4. 誘いのお断り

「誕生日に予定がないとカレが言っていたので、『一緒に過ごしませんか?』とお誘いをしたら『気持ちだけで大丈夫だよ』と、やんわり断られた。誕生日は特別なので、その日に私と過ごすつもりはないということは、私じゃダメなんだということですよね……」(20代/公務員)

▽ 誕生日にお誘いするのは、ある意味告白をしているのと同じ。誕生日のお誘いを断わられるというのは、カレを諦めるキッカケとしては確かに充分かもしれません。

5. カレの実家がすごすぎた



「好きなカレの実家がかなりのお金持ちだと知って諦めました。カレの両親は有名企業の役員。カレ自身も小学校から大学まで名門私立卒。私とは住む世界が違いすぎて絶対無理」(20代/飲食店)

▽ 漫画やドラマではうまくいく「お金持ち」と「一般市民」の恋愛ですが、現実はなかなか難しいですよね。もし付き合えたとしても、結婚のハードルは高そう……。

まとめ

いかがでしたか? 一人の男性を思い続けることも素敵なことですが、潔く身をひくことも時には大切なこと。
好きになった人を諦めるというツラい経験を乗り越えることで、次の恋が必ず見つかるはずです。ぜひ、幸せな恋をしてくださいね。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ