彼を疲れさせてない?付き合っているのが苦痛な女子とは

愛カツ

2018/11/30 20:45


好きな人と交際できても、楽しさとかリラックスする感じがあまりなく、イライラしたり疲れることが多いと交際を苦痛に感じてしまいますよね。

けれど、そのつらさって、なかなか相手に伝えられないもの。

もし彼が、実は交際を苦痛に感じていたら……できれば早急に改善したいところですよね。

そこで今回は、男性が『付き合っているのが苦痛……』と感じてしまうことについてご紹介します。

付き合っているのが苦痛に感じてしまう女子

■ なにかと顔色をうかがう

彼とずっと一緒にいたい!浮気されたくない!という気持ちが強すぎて、なにかと彼の顔色をうかがってしまう女子もいるのではないでしょうか?

相手の気持ちを察しようとするのはいいのですが、自分の評価を気にして彼の顔色をうかがい、すべてを彼に合わせる……というのは、彼からしたら微妙かもしれません。

自己チューの俺サマ気質の男子なら、顔色をうかがってくる彼女はアリでしょう。

しかし、そうではない男子からしたら、つどつど顔色をうかがってくる彼女には逆に気を遣ったり「なにか考えないと」と、プレッシャーを与えてしまうことも。

人によっては「うざい」と感じられるかもしれません。

顔色をうかがうのではなく、彼の気持ちを考えつつも自分の考えや意志は主張したほうがいいでしょう。

恋愛は互いの思いを尊重しあえてこそ。

そのほうがきっと、男性としても付き合いやすいはずですよ。

■ ケンカは論破するか、泣いて被害者ぶる

恋人として付き合っていれば、ケンカのひとつやふたつあるでしょう。

ケンカも、仕方によっては絆を深めることができますが、ふたりの関係にヒビを入れることもあります。

感情的になってしまっても、ケンカの原因になった問題を解決できるのなら良いと思うのです。

けれども、理詰めで論破し彼を黙らせるまで気が済まないとか、

別に彼に暴力を振るわれたわけでも、罵声を浴びせられたわけでもないのに、

彼に言葉で勝てないとわかった瞬間に、泣いて被害者ぶるケンカというのはよろしくないし、きっと彼も苦痛に感じるでしょう。

ケンカのたびにこれでは、彼も交際していくのが嫌になってしまうかもしれません。

ケンカは勝ち負けとかではなく、“熱いディスカッション”と思って、ケンカの原因を解決していこうとしたほうが彼とも続きますよ。

■ 完璧主義を強要したり“男の見せ場”を奪うのはアウト

女子のなかには、自分の価値観が絶対で、いっさいの妥協をゆるさないワガママなタイプもいるでしょう。

自分の中だけで完璧主義ならまだいいのですが、彼にもそれを強要してしまうのはよろしくありません。

彼には彼の価値観があります。

恋愛においては、自分だけの価値観だけでなく相手の価値観も知り、上手にすり合わせていくのが大事。

全てを自分の思い通りに完璧にしようとするのでなく「まぁいいか~」という気持ちの余裕を持った方がうまくいきますよ。

また、“男の見せ場”を奪うのも彼の性格次第ではつらいもの。

たとえば食事のお会計で、彼が「俺が出すよ」と言っているのに「いいよ!ワリカンで!」とレジ前で強引にワリカンにしてしまうのも、プライドが高い彼ならちょっと苦痛かもしれません。

女子的には気遣いのつもりでワリカンにしたのかもしれませんが、こちらがお金を出そうとしても「俺が出すよ」と言ってくれるのなら「ありがとう!ごちそうさま。」と甘えてしまった方がいいでしょう。

男子って、女子が思っている以上にプライドが高く傷つきやすいもの。

場合にもよりますが、見せ場的なところでは、カッコつけさせてあげましょう。

■ 彼と長続きするために

付き合っていても苦痛に感じることが多いと『このまま付き合っていてもいいのかな……』というネガティブな感情が出てきてしまいますよね。

彼とまだまだ一緒にいたいのなら、彼のネガティブな感情を引き出さないようにちょっと気を付けたいところ。

二人の心を、少しずつでもいいので、すり合わせていってくださいね。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ