グラビア界絶対的エース小倉優香、1人のカメラマンが撮り続けた金字塔ついに完成

dwango.jp news

2018/12/1 21:01


タレントとしての肩書がほとんどない女の子が、「初表紙を初水着で飾る」という昨今の潮流を作ったと言っても過言ではないのが小倉優香だろう。

「週刊プレイボーイ編集部」が1年半かけ、伊豆、ハワイ、タイ、台湾、東京と一人のカメラマンとともに撮り続けた写真を、5冊にまとめデジタル写真集として同時発売された。その記念イベントが新宿歌舞伎町・週プレ酒場で開催され、囲み取材も行われた。



「デジタルってコンビニとかで簡単に観られないので、自分でも観たことがなかったんですよ。でも今まで遡って買うのも面倒くさいなあ(笑)って思ったんですが、今回まとめて発売で、さらに特別なものも入っているということで、この機会に全部観ようって気持ちになりました」と今回の企画を喜んだ小倉。「それぞれちゃんとこだわりがあって、思い入れも強いのですが、最新となる台湾で撮影されたものが、二十歳になって初めての撮影だったので、観返してみると”大人になったなあ”って思いました。いちばん観て欲しいと思います。表現の仕方もそうですが、顔が全然違うんです。いちばん初めの伊豆とかハワイの時って頬がパンパンなんですよ(笑)。それが段々取れてきて、体型も波があって観てて面白いです」と語った

いちばん思い出深かった場所については、「それめっちゃ迷うんですけど、初めての”週プレ”撮影が伊豆の温泉と、次のハワイが初の海外ロケで初表紙だったので、その2つが楽しかったですね。どっちかは絞れないですねー」と振り返り、たくさんある「週プレロケ」エピソードの中から最新という、成田空港でパスポートを忘れ、マネージャーに取り入ってもらう間、”飛行機遅れろ”と念じていたら、欠航になってしまったという話を披露し和ませた。

今作すべてを撮影した熊谷貫氏についての印象を聞いてみると、本人が後ろで会見を観ていたというハプニングが。熊谷氏は小倉が発言する前に「多分非常に良い人だと思います」と誘導したが、小倉は「アツいおじさんです。怖い顔してるけど、すごいニコニコしてて、お酒飲むとずっとしゃべってて、可愛いですよ」とにこにこ。”グラビアアイドル小倉優香”として熊谷氏はどんな存在?とさらに質問すると「東京のおとうさん!」と無邪気に答えた。モデルとカメラマンの相性も作品の良さとして色濃く反映するものだが、今回の5冊の作品には、2人の作品に向けた愛と心意気が詰まっているようだ。ぜひグラドル”ぐらちゃん”の成長と共に楽しんでほしい。

【<小倉優香デジタル写真集>基本情報】

○『WPB 小倉優香デジタル写真集 Yuka in Japan-izu-』

○『WPB 小倉優香デジタル写真集 Yuka in Hawaii』

○『WPB 小倉優香デジタル写真集 Yuka in Thailand』

○『WPB 小倉優香デジタル写真集 Yuka in Taiwan』

(上記3冊すべて10/26リリース 1,500円+税 全撮影/熊谷貫 集英社刊)

○『WPB 小倉優香デジタル写真集 ~特典カット付特装合本版~』

(10/26リリース 10,000円+税 東京で撮影した特典カット入り)

全撮影/熊谷貫

集英社刊

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ