尻尾が絡まっちゃった5匹のリスを救助!

クランクイン!

2018/12/1 19:00

 アメリカ、ウィスコンシン州で、5匹の幼いリスが尻尾が絡まった状態で発見された。5匹の尻尾は、母親リスが巣作りに使った草やプラスチックが混ざった状態で絡まっていた。尻尾は傷つかないよう、20分程で丁寧に切り離された。海外メディアSkyNewsが伝えた。

【写真】どうしてこうなった…尻尾が絡まったリスがかわいく元気な姿に戻るまで<5枚>

Wisconsin Humane Societyの野生生物リハビリセンターはフェイスブックページに、尻尾がバラバラに解かれた5匹のリスの画像を投稿。「この5匹の幼いトウブハイイロリス兄弟姉妹の尻尾は、母親リスが巣作りに使った長い草や細長いプラスチックで絶望的に絡まり合っていました!」と紹介した。

処置前にリスには麻酔が施され、すべてのリスの尻尾には絡まっていたことによる損傷があるとのこと。「どの尻尾がどのリスのものかを判断することができず、どのリスも循環系の損傷で尻尾の組織が傷ついていたため非常に心配でした」と加えた。

また「注意深く迅速な処置がなければ、最低でもリスの大切な尻尾(バランスをとり暖をとるために必要)、もしくは命までもが失われるところでした」と続けた。リスは処置後すぐに麻酔から目覚めたとのことだ。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ