『笑点』メンバーで最も嫌いなのは誰? 1位はまたしても出演歴の浅い…

しらべぇ

2018/12/1 19:00

((C)写真AC)
しらべぇでは先日『笑点メンバーで最も面白いのは誰かランキング』を公開。1位は歯に衣着せぬ発言で番組を盛り上げる三遊亭円楽だった。

円楽といえば、大喜利では他人をイジる芸風だけに、面白いものの視聴者から嫌われているとの声もある。

では、最も嫌われているのは誰なのか。しらべぇ編集部では全国の20代~60代の『笑点』を見たことがある人1,294名に意識調査を実施。結果をランキング形式で紹介する。

■第5位:林家たい平(3.3%)


師匠林家こん平譲りの明るさと多芸で人気が高いといわれる林家たい平が5位に。そのアクのないキャラクターは高く評価されているのだが、5位にランクインとなった。

かつて山梨県大月市出身の三遊亭小遊三と「大月・秩父戦争」を繰り広げたたい平。山梨県民から厳しい評価を受けているのかも。

■第4位:三遊亭好楽(3.9%)


4位はピンクの着物三遊亭好楽。五代目圓楽司会時代は厳しい評価だったものの、桂歌丸が司会に就任後は「貧乏」「副業でおしぼり配り」キャラを確立し、ファンを増やしてきた。

しかし以前のイメージもあってか、4位にランク入り。今の彼なら、それもネタにしてしまうのだろうが…。

■第3位:三遊亭円楽(4.4%)


3位には「最も面白いメンバーランキング1位」の三遊亭円楽。「面白い」と「好き」はリンクしないようで、「嫌いランキング」では3位となった。

ちなみに円楽は60代男性にかなり嫌われており、11.3%でトップの割合。かつて五代目圓楽、桂歌丸、林家こん平といった初期メンバーの先輩相手に毒を吐いていたことが要因かも。

■第2位:山田隆夫(8.0%)


座布団運びの山田隆夫が2位。「用なし」「失業寸前」と言われながら、30年近くその座を守り続けている山田だが、「最もつまらないメンバーランキング」でも2位となっており、人気のほうは今ひとつ。

性年代別で見ると「山田が最も嫌い」と答えた人は中高年女性に多く、50代は11.3%で、60代は12.3%。かつてアイドルグループ「ずうとるび」に所属していたことをアピールする山田だが、オンタイムで見ていた女性ほど「もうその話はいいよ」と感じているのだろう。

■第1位:林家三平(9.6%)


「最もつまらないメンバーランキング」に続き「嫌い」でも1位となったのは林家三平。出演歴が浅いこともあるのだろうが、不人気ぶりが顕著になった。

三平を最も嫌いと答えた人を性年代別でみると、彼と同じ40代男性の割合が14.6%と突出して高い。偉大な初代・三平の息子としてデビューし、誰もが羨む『笑点』メンバーになったことに、不満を持っているのかも。



ただし全体で見ると最も多かったのは「いない」で64.3%。人気番組だけに、全員を「好き」と感じている人が圧倒的だった。

林家三平が1位となった「最も嫌いな『笑点』メンバーランキング」。「嫌いも好きのうち」という言葉もあるだけに、三平が注目されていることは間違いないだろう。ここからの巻き返しに期待したい。

・合わせて読みたい→春風亭昇太が司会の『笑点』をどう思う? 視聴者の答えは…

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の『笑点』を見たことがある人1,294名 (有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ