A.B.C-Z塚田僚一『SASUKE』で“どん底”経験も「このままじゃ終われない」


アイドルグループ・A.B.C-Zの塚田僚一が1日、横浜市内で行われたTBS系スポーツバラエティ番組『SASUKE』史上初の大みそか放送となる第36回大会の収録前に取材に応じ、前回大会を振り返るとともに、今回への思いを語った。

6回目の挑戦となる塚田は「ちょっとずつ成績を伸ばしていって、前回1stステージの序盤で落ちてしまって、本当に悔しかった。人生の中でもすごく悔しくて、『なんでSASUKEやるんだろう』『いっそ辞めた方が楽なんじゃないか』と考えたくらいどん底までいった」と前回の敗退を振り返った。

その上で、「このままじゃ終われない。ジャニーズの看板も背負っているし、後輩の(岩本)照も出ているからカッコ悪いところは見せられないというのもありますし、前回は一番悪い成績だったんですけど、もう1回初心にかえった気持ちでしっかりと、そして楽しくやって、自分はもちろん、照と一緒にクリアするのを目標にして頑張っていきます」と気持ちを新たに決意を語った。

また、「前回『タイファイター』で落ちたので、まず靴選びから始めようと。自信を持つために。ベテランの人たちに話を聞いて、いろいろなシューズを試しました」と、今回に向けて靴選びにこだわったとのこと。さらに、「食事も気にしたり、やれることはすべてやってきました。まずは1stステージ突破。バッチリです!」と自信を見せた。

取材会には、塚田のほか、ジャニーズJr.内ユニット・Snow Manの岩本照、ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーの樽美酒研二と喜矢武豊、お笑いコンビ・カミナリの竹内まなぶと石田たくみ、和田アキ子のモノマネで話題のお笑い芸人・Mr.シャチホコも参加した。

今年の大みそかは、TBSでは『平成最後の大晦日スペシャル! SASUKE2018&ボクシング井岡一翔世界タイトルマッチ』(12月31日18:00~23:55予定)を放送。初の大みそか放送となる『SASUKE』の第36回大会と、井岡選手の4階級制覇がかかる「WBO世界スーパーフライ級王座決定戦」を放送する。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ