理解できない! 彼ウケのよくない「やりすぎメイク」4つ




いつの時代も流行のメイクというものがありますが、男性的には「やりすぎでしょ」とドン引きしてしまうことも! 男女で好みの違いがあるようにメイクにも好き嫌いがあります。一体、どんなメイクが彼ウケ最悪なのでしょうか?
今回は男性たちの意見を参考に「彼ウケのよくない“やりすぎ”メイク」をご紹介します!

彼ウケはよくないやりすぎメイク

1. 酔っ払いみたいなピンクチーク

ピンクのチークで可愛らしさと色っぽさがアップ! ですが濃すぎるピンクは「酔っ払いみたい」「不自然」と男性ウケが悪いものなのだとか。
また頬ではなく目の下と頬の間にチークを入れるおフェロメイクも「なんでそこがピンク?」と不可解という声が!

「ピンクのチークが濃すぎる女性は芸人みたいで。職場にそういう子がいるのですが、顔を凝視すると笑ってしまいそうで失礼だから、ちょっと目線をそらしています」(31歳・通信会社勤務)

▽ 自然な濃さなら「健康的でいい」けど濃すぎはNG。チークをブラシにつけた後、軽くティッシュオフするとナチュラルな濃さに仕上がります。

2. 不自然なバサバサつけまつげ



つけまつげやまつげエクステで「モテる目元に!」のはずが、バサバサしたまつげは「怖い」「盛りすぎてドン引き」という声もチラホラ……。
まつげは自然な長さと量がトレンドになってきていますよね。自まつげにちょっと盛るくらいが正解!?

「彼女がバサバサのつけまつげをしてきて、顔見た瞬間に吹き出してしまった(笑)。女性的に可愛いの? 俺には理解できませんね。何もつけない方が断然いいと思う」(29歳・美容師)

▽ つい盛りたくなっちゃうまつげ。でもナチュラルに仕上げた方がモテも今っぽさも手に入ります!

3. 老けて見える厚塗りファンデ

男性が気になる「やりすぎメイク」でもっとも意見が目立つのが「厚塗りファンデーション」です!
ファンデは濃くなればなるほど男ウケが悪くなってしまうもの。色々隠したくて厚塗りになってしまいますが「薄づきでカバー力のあるファンデ」を選びたいですね!

「ファンデーションが濃くて、首の色と顔の色が違う女性。あれは気になります! あと粉っぽい? 厚塗りのメイクも男性ウケよくないと思う」(34歳・飲食関連)

▽ 隠して若見え! のはずが「逆に老けて見える」のがオチ? 濃くなりすぎないようにカバー力の高いファンデにしましょう!

4. 歌舞伎役者のようなアイライン



歌舞伎役者みたいに「アイラインが太すぎる・濃すぎる」のも「やりすぎ」と苦手意識を持つ男性が多いのだとか!
そこまで強調されても怖いだけ……というのが本音です。上まぶただけ、まつげとまつげの間にアイラインを細く丁寧に引くくらいがちょうどいいそう。

「たまに目力強調しすぎて怖い人いますよね。上まぶただけ、細いラインがいいと思う! 目を囲むアイラインもなんか古クサイ印象」(33歳・美容師)

▽ アイラインは細い方が、彼ウケよし! 色もブラウン系でやさしい目元にするとさらにモテ度が上がりそう!

まとめ

こんなメイクを見ると「やりすぎでしょ」と引いてしまう男性が多いのだとか! その他「ベタベタ、ラメ入りのリップグロス」「真っ赤なリップ」も苦手という声がありました。女子ウケと彼ウケ、シーン別に合わせてメイクを楽しみましょう!

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ