sads、ツアーラストライヴで全歴史を網羅!追加公演発表も!

OKMusic

2018/12/1 13:15

2018年11月30日、東京・品川ステラボール。本年をもって活動休止するsadsがラストツアー『The reproduction 7th anniversary「FALLING」Chapter3 TOKYO 7DAYS」の最終夜を豪華に彩った。

全会場ソールドアウトの本ツアー最終章は、この日も当然、超満員。全国各地から集結したファンで溢れた場内は、ロックンロールの熱気が激しく渦巻く空間へと変貌した。

1999年に結成、2010年に新たなメンバーで再始動してから実に7年を経ての活動休止。本公演の1つ手前、11月27日の下北沢GARDEN公演で、清春(Vo)は観客に向けてこんなふうに語っていた。「品川は僕らの最初のライヴのつもりで来てください。『こんな新しいバンドを組んだんだ!』って感じで。綺麗に、美しく、生きてることを実感しながら観てください」そんな鮮烈な光景を1秒でも多く目に焼き付けようと、開演前からオーディエンスの気分は最高潮に高まっている。

SEが鳴り、sadsのメンバーが現われると、フロアからは絶叫に近い歓声が放たれる。清春が1曲目の「freely」を歌い始めた瞬間に、観客の意識はひとつに束ねられた。今年リリースされた事実上のラスト・オリジナル・アルバム『FALLING』からのこの楽曲を皮切りに、sadsが生み出してきた名曲の数々が息つく間もなく繰り出される。緻密かつ情熱的に爆音を操るK-A-Z(G)、激烈な連打で空間を揺らすGO(Dr)、華やかなグルーヴで魅了するYUTARO(B)。強力な個性の彼らを従えた清春の統率力に、観客は早くも陶酔している。「年季の入った悪い感じを楽しんで!」と清春が煽り、「See A Pink Thin Cellophane」と「FREEZE」で妖しくフロアを揺らせば、本編序盤にして「ID POP」「WHITE HELL」「AMARYLLIS」などの必殺のナンバーが畳み掛けられるゴージャスな展開。1曲演奏されるごとに、フロアの熱気は上昇してゆく。

K-A-Zが巧みなテクニックで情緒たっぷりのギターソロを奏でると、本編は中盤へと突入。清春が妖しく淫らに観衆を扇動する「GOTHIC CIRCUS」の後、「HONEY」「Hate」といった甘く邪悪な轟音が続く流れなどは、聴覚的にも視覚的にもワクワクさせてくれる。

GOが渾身のドラムソロで観客を熱気まみれにすると、本編はいよいよ終盤へと向かう。「GIRL IN RED」「MAKING MOTHER FUCKER」「NIGHTMARE」などの過激な楽曲が連発されると、オーディエンスは当然のごとく、揉みくちゃ状態に。ここから清春が天性のカリスマを発揮する「Because」へと到達すると、本編は狂乱のうちに幕を閉じた。

観客はまだまだド派手なロックンロールを求めている。再びステージ上に姿を現すsadsの面々。清春が観衆に向けて語りだす。「K-A-Zくん、GOくん、YUTAROとの関係は死ぬまで続きます。ファンのみんなにも会えたし、sadsをやって良かった。僕はあんまりバンドというものが好きじゃない。でも、僕がやったバンドの中でも、これが一番強烈だったと思います」アンコールに応えた彼らは、「LIAR」「Liberation」といった攻撃的なチューンを続けた後に、「Mr.「YA」」「TRIPPER」といった初期sadsのキャッチーな必殺曲を投下。極上の笑みが瞬く間にフロアじゅうに広がっていくのがわかる。

客席の狂熱は未だ収まりそうな気配がない。この夜、2度目にして最後のアンコールが披露されようとしている。本ツアーがChapter3に入ってからというもの、アンコールは1回限りだっただけに、こうしたラスト・サプライズが嬉しい。だが、ここで更に衝撃的だったのは、清春の口から告げられた“お知らせ”だ。「12月21日、追加公演、川崎クラブチッタ! そこでsadsの最後のブザマな姿をさらします!〉この瞬間、場内にこの日最大級の歓喜の声が広がったのは言うまでもない。

ここからsadsのロックンロールの代名詞ともいえる「SANDY」でフロアを踊り狂わせると、ラストに鳴り響いたのは「CRACKER' S BABY」。凶悪で重厚なサウンドが炸裂し、ステラボールを塗りつぶしてゆく。「突っ込め! 突っ込め!」の清春の挑発を受けて、思い思いの生きざまを爆発させるオーディエンスの姿が印象深い。この痛快無比な爆裂チューンが着地点を迎えると、フロアからは惜しみない拍手と感謝の言葉がステージに向けて贈られていた。

終わってみれば、sadsのヒストリーを網羅した究極のセットリスト。他の誰にも成し遂げようのない、圧倒的なラストダンスだった。もちろん、sadsの過去の名シーンの数々を思い出して感傷的になってしまう瞬間もあった。だが、それ以上に心に残ったのは、アルバム『FALLING』という傑作を作り、ツアー〈FALLING〉を完遂した現在の輝かしさだ。華麗、強靭、妖艶......。最後の最後に絶頂期を迎えて活動を休止するというカッコ良さ。まさにsadsが我々に与えてくれた、“最後の宝物”とでも呼ぶべきライヴだった。史上類を見ない活動休止ツアーの最終夜は、ファンにとって、生涯忘れることのできない美しい思い出となった。

しかしながら、この最終章には、想定外の“続き"が用意されている。本来開催されるはずのなかった、12月21日に川崎クラブチッタでの追加公演。正直なところ、現時点ではどんな内容のライヴになるのか、まったく推測できない。つくづく、sadsというバンドには、何をしでかすのかわからないスリルがある。その危険な魅力に、我々はこれからもずっと笑顔で踊らされ続けるのだろう。

text by 志村つくね
photo by 森 好弘(Yoshihiro Mori)、柏田芳敬(Yoshitaka Kashiwada)

【セットリスト】
SE
1.freely
2.See a pink thin Cellophane
3.FREEZE
4.ID POP
5.WHITE HELL
6.AMARYLIS
K-A-Z Gt.solo
7.GOTHIC CIRCUS
8.HONEY
9.Hate
GO Dr.solo
10.GIRL IN RED
11.MAKING MOTHER FUCKER
12.NIGHTMARE
13.Because
ENCORE1
14.LIAR
15.Liberation
16.Mr.「YA」
17.TRIPPER
ENCORE2
18.SANDY
19.CRECKER'S BABY

\n

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ