これが秘訣♡長続きするカップルのルール9つ

beautyまとめ

2018/12/1 12:00

いつも仲良しで羨ましいくらいラブラブなカップルっていますよね。

もちろん誰もがそこを目指しているのですが、長い付き合いになってくるとなかなかそれも難しいもの。

今回は長年付き合っていても仲良しカップルでいるための秘訣をご紹介します。

2人だけの「呼び名」を作る

ちょっと照れくさいですが、他の人とは違うお互いの呼び名があるカップルは、仲良しでいられる傾向にあるようです。

単純に下の名前を呼び合うだけでなく、2人だけの時に呼ぶニックネームなどを決めておくといいかもしれません。

呼ぶたびに親密さが増すこと間違いなし!

必ず行う2人の習慣を作る

gahag-0084896662-1

例えば、行ってきますのキスなどは一番簡単で一番効果的。

キスが体に良いというのはたくさんの研究結果が出ていますが、行ってきますのキスに関しても驚きの結果が。

出勤前にキスをするカップルはそうでないカップルに比べ欠勤率が低く、交通事故に遭う確率も低い。

さらに収入も25%高く、寿命は5年長いのだそうです。

また、キスだけではなく、彼の爪は彼女が切る、2日に1回は彼女のマッサージをする、など2人がお互いに何かをする習慣を付けておくと良いそう。

ケンカの時のルールを作る

shutterstock_301290950

どんなに仲の良いカップルでも、ケンカすることはあります。

むしろケンカはお互いが普段考えていることを話し合えるいい機会。

このきっかけを逃さず、きちんと問題を解決しておきましょう。

ですがヒートアップしてしまうとなかなか仲直りのきっかけが掴めないことも。そんな時のために、最初から「ケンカした時のルール」を決めておくとスムーズに進みます。

例えば「どちらかが謝ったら、もう片方も必ず謝る」「クールダウンしたら、コーヒーを煎れて一緒に飲む」。内容は何でもいいのです。2人が仲直りしやすい道を、1つ作っておくと便利。

本気でぶつかり合う


カップルが別れることになってしまう原因はコミュニケーション不足が大半。

思っていることを言えなくてすれ違ってしまったり、話し合いで片方だけが文句を言うような状態ではうまくいかなくなってしまって当然です。

付き合っている相手と長く寄り添いたいと思うなら本気でぶつかりあえる関係を築くことが何よりも大切なこととなってきます。

言いたいことは我慢せずに、なにか問題が起きれば話し合いをして折り合いをつけるようにしていきましょう。

「うれしい!」「楽しい!」ポジティブな言葉をたくさん使う


デートやサプライズなど、テンションが上がるできごとに対してはポジティブな言葉を言い合えることも長く付き合っていくための秘訣です。

一緒にいて喜んでくれるならもっと喜ばせてあげたいと感じるのが人間の心理ですよね。

ポジティブな言葉以外にも、感謝の言葉を忘れないことも大切です。常日頃から「ありがとう!」という言葉が飛び交うカップルは仲の良い証拠。

長く付き合っていて一緒にいることが当たり前になってしまっている関係だからそこ、声に出して感謝を伝えることを忘れないようにしたいですね。

行動力があり、ノリが良い


ノリと勢いでその場を楽しめちゃうカップルもなかなか別れには繋がりません。なぜなら、一緒にいて楽しいからです。

どんな状況でも二人でいれば楽しめるカップルは強いですよね。

それに行動力があれば非日常を日頃から取り入れることができて、長く付き合っているカップルにあるあるなマンネリ化を防ぎやすくもなります。

マンネリ化を防げるというのはかなり大切なことなので、行動力とノリの良さは意識して取り入れていきたいですね。

プラスのことを後に言う


簡単にできる伝え方のテクニックです。悪いことを先に言って、その後ろにプラスのことを付け加えるだけで聞き手からすると印象が大きく変わります。

プラスを後ろにいうだけで「あなたって○○だよね。でも△△はすごく素敵だと思う!」と明るく聞こえます。シンプルですが、恋愛以外にも利用できる伝え方の重要なテクニックです。

謝る時には「私を分かって欲しい」要素を入れない


もし何か悪いことをして彼を不機嫌にさせてしまったとき、きちんと謝ることが大切です。謝る時には謝罪の気持ち以外の気持ちを織り交ぜてはいけません。

よくあるパターンなのが「ごめんなさい。でも私も大変だったの…」と自分の事情を付け加えてしまう謝罪です。

大変だったあなたの事情を理解してもらうのは大切なことですが、謝罪のタイミングで伝えるべきではありません。

「謝ってるの?同情誘ってるの?」と思われてかえって印象が悪くなります。

それを言われて自分が不快にならないか添削する


その発言をされたら、あなた自身どう思うか頭の中で添削してみましょう。もし不快になってしまうようなトゲのある言葉が混ざっていたらその言葉を取り除きましょう。

普段の会話ではすぐに実践できないことかもしれませんが、ラインのやりとりなどではすぐに使えるテクニックです。

送信する前に一度添削すると良いでしょう。些細な言葉のトゲが喧嘩に発展することは決して少なくありません。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ