【FM802×Meets ヘビロな店と人~ヘビロ中のあの人をFM802で捕まえた】Official髭男dism編

SPICE

2018/12/1 12:00

2019年、FM802が開局30周年を迎える。そこでFM802がブレイク前に毎日1か月間楽曲をOAするヘビーローテーションアーティストを毎月雑誌Meetsがオススメするヘビロのお店でFM802DJがインタビューするという企画がスタート。今回は2018年10月のヘビーローテーションアーティストOfficial髭男dism。2nd EP「Stand By You」収録曲の「Stand By You」がFM802ヘビロに選ばれた。FM802DJ飯室大吾がボーカルの藤原聡とベースの楢崎誠と、彼らの好物であるホルモンを食べながら、ざっくばらんに話す事に。序盤はずっとホルモンの話ばかりが緩やかに続いたが、中盤くらいから芯を食った話に自然になっていった。この緩やかながらも、緩んでいない喋り場を是非とも読んで頂きたい。



●今回のリクエストは“ホルモン”●


――まずは、この立ち食いのホルモンは、いかがでしょうか?!

飯室:むちゃくちゃ美味しい! この店なら、ひとり焼肉、ひとりホルモンのデビューが出来そうです。

――おふたりは大阪でのホルモンの想い出があると聞いてますが、教えてもらっていいですか?

藤原:以前、大阪に来た時にスタッフにホルモン屋さんに連れて行ってもらったんですよ。ライブ前日だったんですけど、喉のスベリが良くなったんです! 今まで、あまり食べてなかったんですけど、そこからドハマりしましたね。大阪来たら、毎回行きたくなりますね。

楢崎:丸腸は別格ですね!


――喉に脂が良くて、声が出やすくなるって、よく聞くんですが、本当なんですね?!

藤原:そうですね! フライドチキン食べたりしますよ、歌う前に。何か脂が良い気がするんですよね。ホルモンは味も本当に美味しかったんですよ。

楢崎:メンバーの中で焼肉やホルモンを共にしてるのは、このふたりだけですが……。

飯室:ホルモンは安くて美味いから、どんどん盛んになってきてますよね。

楢崎:大阪のホルモンは新鮮で美味しいですからね! やっぱり若い時って、お金が無いから肉を食べられないんですよ。今は自分が働いて頑張ったお金で、お店に行けるのは最高です。

飯室:もっと色々なお店にもトライしてみたい?!

藤原:そうですね。大阪に来る時の楽しみになってますから。お薦めあれば、教えてほしいですよ。ホルモンは飛び出す脂が本当に美味しい。

飯室:今日は天満ですけど、鶴橋とかも焼肉屋だらけでオススメです。ホルモン屋もどんどん増えてきているしね、大阪は。でも、歳を取れば取るほど、肉を食いたくなりますよね(笑)

楢崎:わかります! 丸腸は焼き加減も凄く大切ですよね。皮パリパリに焼くけど、中の脂はトロトロに溶けてる感じが良いですからね。

藤原:その加減は超絶妙だよね。

飯室:ほんのりした甘さもたまらないし。こういうお仕事を常に待ってます!


●メンバーが俯瞰して、自分たちのバンドを観ている●


――さぁ、ほとんどホルモンのお話しかしてませんが(笑)、飯室さんとバンドとの出会いについても、お伺いしたいです。

飯室:前に僕が深夜でやってた番組で楽曲解禁をしてもらってたりはあったのですが、ちゃんと会って喋ったのは、言うても最近ですね。

藤原:やっと会えましたね!

――飯室さんから観て、バンドの魅力は、どういうところでしょうか?

飯室:バンドなんですけど、バンドじゃないというか……、メンバーが俯瞰して、自分たちのバンドを観ているというのは、いわゆる普通のバンドっぽい感じではないので、初めて聴いた時はビックリしました。

――そして、今回は遂にヘビロに選ばれましたね。

飯室:曲を最初に聴いた時、まだ才能が隠れていたんだと…。クレバーですよね…。

藤原:いやいや! そんな風に思ってくださってたなんて! クレバーではなく、クレイジーとは、よく言われますよメンバーに(笑)。僕は普通のど真ん中のつもりなんですが!

飯室:その関係性も含めて、凄く良いバンドですよね!

藤原:照れますね…。

楢崎:聡が前にやってたバンドも凄く良くて、その時は嫉妬してましたね。楽しいライブをしてたんですよ。

藤原:楢ちゃんが前に組んでたバンドも凄くかっこよかった。

飯室:良いバンドやね! でも、このバンドはリズム隊がしっかりしてないと出来ないサウンドを鳴らしてると想う。

藤原:(サウンドに関しては)シビアですね。

飯室:よく、このバンドでやろうと想ったよね?!

楢崎:人が誘ってくれたやつは、全て受けたいいんです。元々、パンクなんですけどね(笑)

藤原:凄いよね(笑)

楢崎:超ラッキーでしたよ!


――ヘビロに選ばれての感想はいかがですか?

藤原:驚きました! 結構、僕ら今までもたくさん流してもらっていて、もはやヘビロくらいな感じでしたから! 秋からは自分の番組も持てて、他の番組でも流してもらえて、嬉しかったです。

楢崎:更に強く流してくれてる! ラジオは音楽に偶発的に出逢える場所なんで、自分たちの曲が流れていたら、本当に嬉しいですね。

藤原:本当に嬉しい事ですよね。さっき、飯室さんに俯瞰でと言ってもらいましたけど、自分らの俯瞰さえも裏切る事を今後はやりたいですね。絶対に予定調和で終わりたくないので。あまり俯瞰で観すぎても、八方美人になるから、感覚的なものも入れないといけないと常に思っていますね。

飯室:今回は特に前回がドラマ主題歌で大ヒットした後なのに、全くわかりやすく置きに行ってなくて、全く予定調和じゃないんですよ。だから、『やられた…』と想いましたね。

藤原:みんな、どうしてもサビがわかりやすく盛り上がると思ってるじゃないですか。でも、最近の洋楽は違ってきていて、だから、そういう部分を日本のロックと融合したかったんです。ライブアンセムになる曲かなとも思いますね。

――ここから、どこまで広がるのかなと楽しみになる曲でした。

藤原:紅白に出たいんですよ。デビュー前にしていた仕事を退職する時に、職場の人に『バンドやるんです』と言ったら、『紅白に出てくれないと、わからないからね~』と言われたんです。だから、そういうステージは必要だし、通過点として大事にしていきたいですね。

飯室:自分たちのエゴではなくて、喜んでくれる人のためを考えているんだよね。

藤原:そうですね。どういう景色を自分たちが観たいとかは、あまり考えた事が無くて、その景色を観た人どう想ったかを大切にしたいんです。観てくれた人に応えられた喜びが凄いので。みんなのパッションになれたらなって思いますね。

飯室:叩き上げてきたバンドのたくましさを感じますね。急に出てきたバンドではないですから。

藤原:それは嬉しいですね。楽しい気持ちやビックリさせたい気持ちは、これからも大切にしていきたいですね。

【今月のヘビロ店】


すすむ [大阪・天満]

天満の立ち食い焼肉のパイオニア[ツギヱ]の2号店。小ポーションであれこれOK。好みの焼き加減まで育てて、カットする俺の塊790円は、サーブされた瞬間、メンバーも大歓声! ●大阪市北区天神橋5-6-22 TEL070-5659-0993 17:00~23:30(日・祝16:00~) 無休 ※年末年始休無
【Meet最新号】
MeetsRegional
1月号

MeetsRegional 1月号(19年1月1日発売)
『神戸』特集
https://www.lmagazine.jp/meets/

【FM802 DJ 飯室大吾​】

移動手段は自転車。音楽との初めての出会いは小学3年の時にリリースされたマイケルジャクソンの「BAD」。中学時代から日常的にFM802を聴いて育つ。独学で日々練習を送り、2006年FM802DJオーディションに合格。
取材・文=鈴木淳史 撮影=渡邉一生

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ