29年ぶりの復活! 東映まんがまつり『爆釣バーハンター』など4本立て

クランクイン!

2018/12/1 12:00

 東映が子ども向け映画をまとめて上映する伝統のシリーズ「東映まんがまつり」が、29年ぶりに復活することが分かった。2019年4月26日、『おしりたんてい』『爆釣バーハンター』『うちの3姉妹』『りさいくるずー』の豪華4本立てで劇場公開が行われる。

【写真】『爆釣バーハンター』ほか「東映まんがまつり」ラインナップ!

「東映まんがまつり」は、1967年から始まった、夏休みなど長期休みに行われた東映の子ども向けオムニバス興行タイトルのひとつ。今回のラインナップには、絵本、読み物がシリーズ累計500万部を超え、NHK Eテレで12月1日よりレギュラー放送が開始される『おしりたんてい』。2018年4月より「月刊コロコロコミック」で連載が始まり、10月からはテレビ東京系でアニメも開始した『爆釣バーハンター』。単行本はベストセラー、2008年よりテレビ東京系にてアニメが放送された『うちの3姉妹』。ダンボール工作が動くマカフシギなアニメ『りさいくるずー』の豪華4本立てでお届けする。

29年ぶりの「東映まんがまつり」復活ついて、東映アニメーションの浅間陽介プロデューサーは「いま本当に子ども向けのアニメ映画って少ないんじゃないかな、と感じることが多くなりました」と語り、「本当の子ども向けの映画を、映画館という空間で子どもたちみんなで楽しんでいただきたいという気持ちからです。いろんな作品の詰まった玉手箱のような『東映まんがまつり』を、是非ゴールデンウィークにお楽しみいただければと思います」と語っている。

『おしりたんてい』『爆釣バーハンター』『うちの3姉妹』『りさいくるずー』の4本立てで贈る「東映まんがまつり」は、2019年4月26日より全国公開。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ