『ドロ刑』田中道子の素顔とは? FF好きでミスワールド、涙の転機を告白


●中島健人と遠藤憲一に刺激
今年9月4日放送のTBS系バラエティ番組『有田哲平の夢なら醒めないで』を見て以降、田中道子のイメージが変わった。自虐を交えたエピソードトークでスタジオを盛り上げ、同番組MCのお笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平をして「こんな人だったんだ?っていうくらい面白かった」と言わしめたのだ。

中でも最も印象に残っているのが、モデル時代に受けたオーディションの逸話。「私はミスワールド日本グランプリ・田中道子です」と自己紹介した田中に、面接官の某誌編集長は「その肩書きで勝負できると思ってる?」「それ何の意味があるの? 舐めないでくれる?」と言い放ち、口論の末に田中は涙を流してしまったという。

その言葉を今の彼女はどのように受け止めているのか。ミス・ワールド日本代表に選出された後、『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系・16)で女優デビュー。その後も『貴族探偵』(フジ系・17)、NHK大河ドラマ『西郷どん』(18)など、経験を重ねてきた。現在放送中の日本テレビ系ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』(毎週土曜22:00~)を含めて出演作を振り返りつつ、“あの日あの時の言葉”を直接本人に投げかけてみた。

○『ドクターX』撮影前に不眠症

――日本テレビ系ドラマ『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』に、科捜研の霞沙織役で出演中ですね。

事件で発覚した泥棒の手口から、犯人を分析する役目です。でも、いつも惜しいところで犯人を取り逃してしまいます(笑)。中村倫也さん演じる捜査一課のエリート・皇子山隆俊に対して強く当たるドSな一面もあって、仕事に対して一生懸命なんですが、結果的にはオチがついてしまうちょっとだけ残念な女性です。

――公式サイトには「美脚研究員」と書かれています。

ミニスカートで足をめっちゃ組み替えてます(笑)。撮影初日だけで15回くらい組み替えました。

――現場の雰囲気はいかがですか?

すごく楽しいです。最初の顔合わせの時、中島健人さんが「今までで最高のドラマにしたい」とおっしゃって、すごく盛り上げてくださって。監督も「最後まで粘ります!」と意気込んでいて、雰囲気がすごくいいです。遠藤憲一さんとは『ドクターX』でご一緒させていただいたので、共演シーンが楽しみです。とても優しい方ですが、一瞬で切り替わるのが本当にすごくて。本読みでご一緒させていただいた時に、シリアスなシーンから急に冗談を言ってみたり。その切り替えの瞬発力を感じて、本読みだけでも勉強になりました。
○『西郷どん』出演で“ファーストクラス”に

――2016年に『ドクターX』で女優デビューし、今年は大河ドラマ『西郷どん』にも出演。女優として作品に臨む上での変化はありますか?

最近はやっと慣れてきました。『ドクターX』に入る前……実は不眠症みたいになってしまって。西田敏行さんの秘書役だったんですが、泉ピン子さんを弾き飛ばす役でもありました。撮影まで2週間ぐらい寝付けなくて、ずっと胃痛で。実は、撮影初日の記憶がほとんどないんです。終わって現場を出た途端に、ホッとして大泣きしてしまいました。それぐらい追い込まれていたんだと思います。でも、ピン子さんは「思いっきり来ちゃいなさいよ!」とおっしゃってくださって、共演者の方々にかなり救われました。

――それだけの経験をすれば、何事にも動じなくなりそうですね(笑)。

そうですね(笑)。西田さんのアドリブにも鍛えられました。本番までに4回くらいリハをやるんですけど、同じ演技を一度もしないんですよ。すごく神経は使いましたが、そのアドリブに応えられた時の達成感は忘れられません。

それから、『ドクターX』に出させていただいて、街中で声をかけられることが一気に増えました。40~50代の男性が多かったんですが、反響を一番感じることができた作品でした。

――『西郷どん』の反響もすごかったのでは?

大河ドラマに出演させていただいてから、他のお仕事での宿泊するホテルがグレードアップしました(笑)。私としては全然狭い部屋でよくて、飛行機もエコノミーで全然いいんですけど、ファーストクラスを用意してくださったり。ありがたいですが、その分がんばらないと……そういうプレッシャーは感じます。

――共演者から吸収することもありそうですね。

23歳からスタートしたので、正直、常に焦っています。何事も無駄にしたくないというか。『絶対零度』では俳優のマギーさんとコンビを組む役だったんですが、待機中もずっとマギーさんと話していました。脚本も書く方なので、すごくいろんなことを教えてくださったんですよ。脇役の心得とか。『貴族探偵』では生瀬勝久さんとの共演シーンが多かったので、“ギョロ目の極意”を(笑)。共演者の方々には本当に恵まれています。

『ドクターX』の時に唯一後悔しているのが、大御所の方々に遠慮してしまって積極的に話しかけられなかったこと。新人が出しゃばったらダメという思いがあって、もっとみなさんとお話していればよかったと今振り返って思います。生瀬さんは『ドクターX』から続けての共演だったので、お話ししやすかったです。そうやって周囲から急いで吸収しないと、時間がない……。

○オスカー恒例会見「女優宣言」の意味

――そこまで焦るということは、年齢ごとの目標みたいなものが決まっているから?

年齢は全く決めてないんですけど、アクション映画をやりたくて。若いうちにしかできないこともあると思いますので、「30代前半ぐらいまでに出たい」ぐらいのことは考えています。だから、急いでいます(笑)。

――その目標に向かって、今は順調に歩んでいる。

どうなんでしょう……。

――オスカープロモーションでは、毎年「女優宣言」の記者会見が実施されています。田中さんが登壇した際、米倉涼子さんは「恥ずかしがらずに分からないことは何でも聞く」とアドバイスされていましたね。田中さんはまさにそのことを実行されているように思います。

ありがとうございます。『ドクターX』の時に実行できなかった反省があります。以降の現場では、どんなに些細なことでも聞くように。米倉涼子さんの言葉は、今でも胸に残っています。私は「26歳の新人」からスタートしているので、逆に開き直れてよかったかもしれないです。

自分の中でも丸くなったというか。モデル時代は、弱みを見せないようにとか、すごく殻をかぶっていたんだと思います。「できない」と認めることが恥ずかしくて、完璧主義みたいなところはあったんですけど、女優のお仕事で「新人」として再スタートして、焦りもありますが、気持ちが楽になった部分もありました。

●編集長と大喧嘩の末に涙…今思うこと

○FFにハマって気づけば建築士2級取得

――モデルを極める道もあったと思いますが、ゼロスタートする勇気もすごいと思います。

たしかに転職するぐらい、やることも全く異なります。モデルは見本にならないといけないので、ダメな部分は一切出せない……そう思っていました。ミスコンには知性や教養、聡明さみたいな理想像があって、それを目指していたんですが、バラエティに出させていただくようになってから自分のダメな部分が必要とされることに気づいて、自分のもう少し個性を活かしていきたいと思うようになったんです。偏食だったことも事務所にも隠していたんですよ。そこを面白がってもらえたのが初めてで、こういうダメなところも女優だと「個性」になる。素のままの自分を受け入れてもらえたのがすごくうれしくて。もちろん、今でもモデルはとってもやりがいのあるお仕事です。

――田中さんの経歴は、まさに「趣味が高じて」。大のゲーム好きでFFをやりこんでいるうちに街のデザインに興味を持ち、勉強していると建築に興味を持ち、最終的には建築士2級を取得。すごい流れです(笑)。

ゲーム会社に就職したくてデザイン系の学校に行き、RPGの世界を作るために大学では都市開発コースを選びました。スクエアエニックスに履歴書を送ったんですが、落ちてしまって。去年、スクエアエニックスさんのお仕事があって、ついに本社に行って来ました。5年前のことを話してみたんですが、当時は新卒をそこまで採用していなかったそうで「すみませんでした」と謝ってくださって(笑)。都市開発を学ぶうちに、建築に興味が芽生えました。

――なぜ資格まで取ることになったんですか?

もともと短絡的なところがあって、一早くステップアップしたいタイプです。即戦力になって仕事をバリバリやるためには資格をとっておいた方がいいというシンプルな動機です。働きながら資格をとるのはすごく大変だと思ったので、大学在学中に集中して勉強しました。資格を取った頃に今の事務所に声をかけてもらって。学生時代に受けていたミスユニバースの大会で、オスカーのマネージャーさんと知り合いだったんです。その時は事務所に入る予定はなくて、ちょうど就職活動で東京来た時に、「事務所が移転したばかりだから遊びに来て」と誘われて。偶然、社長と10分ほどごあいさつするタイミングがあって、「女優を目指さないか?」と声をかけていただきました。しかも、「来週上京してほしい」と言われて。それを親に話したんですが、もう大げんか……。
○ミスコンに応募した理由とは

――朝日新聞のインタビューにもそのことが書かれていましたね。お父様は猛反対されたそうで。

そうなんですよ。「女優? 就職すると言って東京に行ったじゃなかったのか!」と怒られて。父は芸能に本当に疎くて、たぶん自分が知らない世界に娘が行って、傷つくのが心配だったんだと思います。その当時の私は23歳。結局、1週間で父を説得できませんでした。口も聞いてもらえなくて、トランク1つで飛び出したんです。

――それこそ、最短ルートで芸能界デビューですね(笑)。

本当ですね(笑)。1度きりのチャンス。これを逃したら一生無理だと思って。建築のお仕事はいずれできるかなというのもあって。芸能のお仕事は今しかできないので二つ返事で「行きます」と言いました。

――今ではお父さんも応援してくれているんですよね。

ミスワールドでやっと認めてくれて、『ドクターX』に出る時は、「道子はできると思っていた」と手のひら返しで(笑)。

――そうでしたか(笑)。芸能界デビューよりも前に、なぜミスコンに応募されたんですか?

世界を回る仕事をしたいと思っていたので、世界大会があるミスコンはすごく魅力的でした。グランプリをとると、1年間世界中をまわってチャリティイベントに参加するんです。それにすごく憧れていて。学生時代に受けた時に、ミスユニバースで3位だったんですよね。その時は上京する決心がつかなくて、いずれリベンジしたい気持ちがあったので、上京してから勧められたミスワールドにエントリーすることになりました。そこでグランプリをとれたんですが、それまでの半年間はお金がなくて昼ごはんを抜いたり。家を飛び出してきたので、仕送りはお願いできなくて。敷金礼金ゼロ、家電や家具が揃っているシェアハウスに入って、タイ人の女の子と一緒に住んでいました。その子は、私を不憫に思ってご飯を作ってくれたり。でも、私パクチーが苦手で、全然食べられなくて(笑)。もうタイに帰ってしまいましたが、ミスコンをとったあとぐらいに会いに行きました。彼女がいなかったら、飢えて死んでいたかもしれません。

――心優しい方ですね。9月4日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)を自宅で見ていて、トーク力にびっくりしました。なかでも、ミス・ワールド2013の日本代表に選出された後に受けたオーディションでのエピソードが印象深かったです。

ありがとうございます。

○あの日叱ってくれた某誌編集長へ

――田中さんが「私はミスワールド日本グランプリ・田中道子です」と自己紹介すると、面接官の某誌編集長から「その肩書きで勝負できると思ってる?」「それ何の意味があるの? 舐めないでくれる?」と突き放され、大喧嘩の末に泣いてしまったそうですね。この編集長の言葉にはすごく大事なメッセージが込められていたんじゃないかと思うのですが、現時点で、あの日の言葉をどのように受け止めていますか。

本当にミス・ワールドには感謝していて、今でも事務局の方と連絡取り合っています。言われた直後は編集部で大泣きして口答えしてしまったんですけど、その数日後には猛省しました。なんて、優しい方なんだろうと……。普通はそんなこと、言ってくれません。「あなたのことを思うから言わせてもらうけど」という前置きがあって。それは本当にありがたくて。「活躍は絶対にチェックするから、また仕事をしたいと思った時に声をかけます」と言われて、その半年後ぐらいにちゃんとお仕事をくださいました。例えば「きれいですね。機会があればまたどこかでお会いしましょう」と送り出されるよりも、愛を感じます。天狗になっていた鼻を、根本からへし折っていただきました。

当時はその雑誌に出ることがどれだけ大変なことか、その意味をきちんと理解していなかったんですよね。同じ雑誌に出続けて、常にベストパフォーマンスをすることのすごさを。正直、めちゃくちゃ生意気だったと思います。「絶対にできるのでやらせてください」という何の根拠もないアピールで。その言葉に嘘はなかったんですが、当時はモデルの経験が全くなかったので、めちゃくちゃに言われて猛省して。その次に受けた別の雑誌のオーディションでは、編集長が気に入ってくださって。一度、厳しさを味わってから起用してもらえたので、本当にうれしくて。もっともっと練習して、もっともっと期待に応えたい。あの一言は私にとって大きな言葉だったと思います。

――どんな仕事にも通じる言葉だと思います。

そうですね。26歳から女優をスタートして、オスカーでも同期がいなくて。他事務所でも同じくらいの年齢の方ともあまりご一緒したことないんですよね。演技について語り合える人が一人もいないから、へなちょこに言われることがないんですよね。それは今でも危惧していて。レッスンではあえて厳しい先生についたり、共演者の方にあえて厳しい意見を求めてみたりしています。仕事に対してはM気が芽生えました(笑)。

――現在の職業観の原点となる大切な出来事だった。

厳しい言葉をかけてくださった編集長に、後日、懺悔の言葉と正直な思いを手紙に書いてお送りしました。けちょんけちょんに言われた2週間後ぐらいだったと思います。

――人を叱ることの大切さと重みをあらためて実感しました。

そうですね。叱ってもらえるうちが華だなと思います。いずれオスカーで先輩の立ち位置になった時にも甘い言葉だけじゃなくて、厳しい言葉も言える先輩になりたいです。

■プロフィール田中道子1989年8月24日生まれ。静岡県出身。身長172センチ。O型。2011年、ミス・ユニバース・ジャパン2011で3位入賞。オスカープロモーションに所属後の2013年、ミス・ワールド2013の日本代表に選出される。『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系・16)で女優デビューを飾り、その後も『貴族探偵』(フジ系・17)、NHK大河ドラマ『西郷どん』(18)、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジ系・18)に出演。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ