女子ゴルフ「黄金世代」の7大ヒップにアプローチ(1)勝みなみは左側を強化

アサ芸プラス

2018/12/1 09:56


 今季の女子ゴルフツアーは“黄金世代”と呼ばれる20歳のルーキーたちが旋風を巻き起こしている。賞金ランキング上位50人に勝みなみら5人が飛び込んだが、その強さの秘訣は強靱な下半身。米ツアーで活躍する畑岡奈紗とタレント並みの人気を誇る三浦桃香を加え、グリーンを彩った美しいヒップの魅力に迫る。

11月18日、女子ゴルフツアーの「大王製紙エリエールレディス」で、ルーキー・勝みなみ(20)が悲願のプロ初優勝を飾った。

勝といえば、アマ時代にツアー優勝を果たして天才少女と騒がれた逸材。スポーツ紙デスクが振り返る。

「14年4月、15歳と293日で史上最年少のツアー優勝を達成。ミヤギテレビ杯ダンロップ女子を18歳101日で制した宮里藍の記録を大幅に塗り替える快挙でした。アマ2勝目こそ手にできなかったが、順調に成長し、昨夏のプロテストに合格。最終予選会を26位で通過して、今季35試合に参戦しました」

誰もがプロ初優勝、通算2勝目の瞬間を今か今かと待ちわびたが、意外にも道のりは険しかった。

「開幕直後に3位、5月と6月に2位になるも、8月に8度目のベスト10入り後から大スランプ。9戦して予選落ち7回、棄権1回と、『試合に行きたくない』と漏らすほど深刻だった」(スポーツ紙デスク)

衝撃の「15歳V」から4年7カ月、プロ入り後40戦目での勝利は、祝福の声に包まれた。スポーツ紙ゴルフ担当記者が語る。

「黄金世代のライバルをはじめ、1学年上のルーキー松田鈴英(れい)(20)とも抱き合っていましたね。印象的だったのは、勝の練習スケジュールを立てている母・久美子さんの涙。スランプの時期がよみがえり、『(練習の)させすぎなのか、足りないのか、自分を責め続けてました』と、ホッとしていた」

午前6時に起床し、ジムで軽くウォーミングアップして1日がスタートするというほど練習熱心な勝は、開幕前、報道陣に、

「私の左のお尻を見て!」

とアピールしていた。日本女子プロゴルフ協会(LPGA)の公式選手名鑑でも、

〈体幹を鍛え、左のお尻にも筋肉をつける。連戦が続くと、筋肉がなくなるのが、最も目立つところですよ〉

と、コメントしていたほどだ。

ゴルフジャーナリストの宮崎紘一氏が解説する。

「勝は『調子が崩れると、右の壁が崩れる』と話しているが、言いかえれば、右側にしっかりとパワーをためて一気に爆発させる。同時にそれを支えるのが左のお尻であり、意識して鍛えているのでしょう」

今季の賞金ランキングを見ると、若手の台頭が際立っている。来季のシード権を得られるトップ50の平均年齢が史上最年少の26.4歳で、初獲得者が11人。そのうち5人が黄金世代だ。

「今季の米ツアーで2勝の畑岡奈紗(19)を筆頭に、まさに史上最強の世代と言えるし、他の6人もいいお尻をしている(笑)。ゴルフは『お尻が世界を制す』と、あらためて感じました」(宮崎氏)

世界のトップクラスが集結する米ツアーで大活躍する畑岡の上昇ぶりは、「NASA」が由来の名前のとおり、ロケット級だ。

昨季、わずか6週間で世界ランク160位から50位内に躍進し、今季は米ツアー賞金ランク5位。7月1日には41年ぶりとなる日本人の米女子メジャー制覇をプレーオフの末に逃したが、その戦いぶりに世界が注目した。身長158センチと小柄ながら、成績と比例するかのように“巨尻”へと進化を続ける。

「お尻の“横綱”は、昨季の賞金女王の鈴木愛(24)に譲るにしても、総合的に見れば、畑岡がトップですね。ウエイトトレーニングの必要性を早くから唱えていた中嶋常幸のもとで鍛え上げられた下半身は、みごとそのもの。昨季のオフ、60キロのバーベルを使ってスクワットをする姿に驚かされました」(宮崎氏)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ