岡田麿里×絵本奈央『荒ぶる季節の乙女どもよ。』のTVアニメ化が決定


「別冊少年マガジン」(講談社刊)にて連載中の、原作:岡田麿里、漫画:絵本奈央による『荒ぶる季節の乙女どもよ。』のTVアニメ化が決定。ティザービジュアルが公開された。

『荒ぶる季節の乙女どもよ。』は、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「さよならの朝に約束の花をかざろう」の岡田麿里氏と、「それでも僕は君が好き」の絵本奈央氏がタッグを組んだ、文芸部に所属し“性”に振り回される女子高生たちの青春群像劇。

■イントロダクション
あなたの“はじめて”を、わたしにください――。
高校の文芸部に所属する小野寺和紗たち女子5人。「死ぬ前にしたいこと」という話題で沸いたある日、部員の一人が投じたある一言……。
その瞬間から、彼女たちは“性”に振り回され始める。

アニメ化決定に合わせまして、小野寺和紗、菅原新菜、典元泉の3人が描かれたティザービジュアルを公開。さらにメインスタッフも発表され、監督を安藤真裕氏と塚田拓郎氏、脚本を原作者である岡田麿里氏、キャラクターデザインを石井かおり氏、アニメーション制作をLay-duceが担当する。

そして、絵本奈央氏からのお祝いイラストも公開されているので、あわせてチェックしておきたい。

TVアニメ『荒ぶる季節の乙女どもよ。』の詳細は、ティザーサイトおよび公式Twitter(@araotoproject)にて。

(C)岡田麿里・絵本奈央・講談社/荒乙製作委員会

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ