溝端淳平の“ひどい男”ぶりに塚本高史「すっげー嫌なやつ」

ザテレビジョン

2018/12/1 08:00

11月30日、都内で映画「輪違屋糸里 京女たちの幕末」(12月15日[土]公開)の完成披露試写会が行われ、溝端淳平、松井玲奈、佐藤隆太、塚本高史、加島幹也監督が登壇した。

浅田次郎の“新選組三部作”の第2弾「輪違屋糸里」が原作で、女性たちから見た新選組の姿を描いた同作品。

溝端は演じた土方歳三について、「女性目線で見るとなかなかのひどい男なんですけど、台本や原作には土方の気持ちはほぼ描かれていかったので、他の作品や史実を調べて土方を自分に埋め込む作業をしてから、この作品に臨ませていただきました。今まで演じられてきたイメージとは全然違う土方歳三になっていると思います」とコメント。

そんな今作の土方について、感想を求められた塚本も「おまえ、すっげー嫌なやつだよ」と言うと、溝端は「そうですよ(笑)」と笑いながら答えた。

一方、新選組の平山五郎(佐藤)と恋仲の芸妓・吉栄を演じる松井は、「今まで会った人の中で一番気さく」だと言う佐藤のことを“ベストオブ気さくな人”と表現。

松井から“ベストオブ気さくな人”と称された佐藤は、「完成した作品を見ると、五郎と吉栄の気持ちの通わせ方がすごく切なくて、玲奈ちゃんと一緒にできてよかったなって思いました」と松井と共演した感想を話すと、「あと、お互いスニーカーが好きで、会うたびに『いいの履いてるね!』なんて、そんな話でも盛り上がりました」と撮影中の様子も明かした。

また、主人公・糸里を演じた藤野涼子は仕事の都合で試写会には不参加だったが、VTRで会場にメッセージを届けた。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/171265/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ