チーム8メンバーが「IZ*ONE」活動専念の本田仁美にエールを送るも…まさかの結末が!?

ザテレビジョン

2018/12/1 08:10

12月2日(日)放送の「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」(毎月第1・第3日曜夜11:30-0:00、千葉テレビ)は、「バッチバチ!ひいちゃん壮行会」を開催する。

日韓合同グループ「IZ*ONE」の活動に専念するため、2年半にわたりAKB48としての活動を休止する栃木県代表・本田仁美を送る企画。スタジオでは本田の写真を前に、MCの吉川七瀬、鈴木拓の他、岡部麟、小栗有以、小田えりな、高橋彩音、清水麻璃亜が思い出を語り合う。

■ 思い出写真に鈴木拓が激怒?

まずは、本田の番組での思い出を振り返るVTRが流されると、早くも吉川が涙目に。その後、各メンバーがその当時のエピソードを披露しながら秘蔵写真を公開していく。

高橋と岡部は寂しげな表情で語りながらも、写真が公開されるとスタジオは爆笑の渦に。小栗は自身がメインで写っている写真を公開。鈴木から「本田のための壮行会!」とツッコまれてしまう。清水に至ってはメンバーが誰も写っていない写真で鈴木を激怒させた。

メンバー同士だからこそ撮影できた、本田の秘蔵写真は必見だ。

■ 感動のフィナーレのはずが…

番組後半では、メンバーたちが本田に向けた感謝の手紙を読み上げることに。しかし、渡されたのは白紙の手紙で、その場で考えながら発表する。

清水は「韓国で頑張っているひぃちゃんに、うれしいお知らせがあります」と読み始め、「都道府県魅力度ランキングで、私とひぃちゃんの地元の群馬県と栃木県がワースト3を脱出しました!」と発表。6年連続最下位の茨城県代表・岡部からにらみつけられた清水だったが、視線を合わせずに最後まで読み切った。

全員が読み終えたところで、高橋がピアノを弾き「365日の紙飛行機」を合唱。「ひぃちゃん、韓国でもガンバレー!」とメンバーが叫び、感動でフィナーレ…と思いきや、本田からメッセージVTRが届いていた。その映像を見たメンバーたちの表情は一変。果たして、“毒舌キャラ”本田がメンバーに向けて放ったメッセージとは?(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/171281/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ