確定申告が必要な会社員とは?


今年も年末調整の季節がやってきました。会社員は、年末調整をすることで確定申告をしなくてもすみますが、中には確定申告をした方がいい人やしなければいけない人がいます。どのような場合に確定申告が必要なのかをお伝えします。

○年末調整の仕組みを知る

会社員の場合、毎月支払われている給与やボーナスから所得税が天引きされています。

所得税は、1年間働くと仮定して、その人の所得によっておよその金額を天引きしています。そして、1年が経過した12月に実際の所得額をもとに今まで天引きした税金額を計算し直します。そして、所得税を払い過ぎている人は還付され、逆に所得税の支払いが足りない人は追加で支払います。これが、年末調整の仕組みです。

皆さんの中でも、年末調整の時に生命保険会社から届いたハガキを提出したことがある人がいると思います。これは、生命保険の保険料を支払っていた人は、生命保険料控除を受けることができるからです。このように、給与所得からできるだけ多くの控除を差し引くことで納める税金が少なくて済むのです。
○年末調整で還付されない税金は?

会社員の場合、年末調整をすることで、払い過ぎた税金を還付してもらえるとお伝えしましたが、実は年末調整では還付してもらえない控除が4つあります。それらの控除を受けるためには、自分で確定申告をする必要があります。どのような場合に確定申告が必要なのか、1つずつみていきましょう。
○1.医療費控除

医療費の合計が10万円を超えた場合、支払った医療費から高額療養費や保険金などで補てんされた金額と10万円を差し引いた金額(総所得金額等が200万円未満の場合は総所得金額等の5%)が医療費控除の対象となります。

また、2017年からセルフメディケーション税制が開始され、健康診断や予防接種を受けている人が、1年間のOTC医薬品の購入額から保険金等で補てんされた金額を差し引いた金額合計1万2,000円を超えた場合に利用できます。

今までの医療費控除とセルフメディケーション税制は併用することはできないので、どちらかの選択になります。
○2.雑損控除

2018年の夏は自然災害が多い夏でした。皆さんの中にも、被害を受けられた方がいるのではないでしょうか。

自然災害や盗難、横領などにより個人の資産について損害を受けた人は(1)か(2)の多い方の金額を雑損控除として差し引くことができます。損害額が大きくてその年に控除しきれない場合は、翌年以降(3年が限度)に繰り越して控除することができます。

(1)差引損失額(※1)-総所得金額×10%
(2)差引損失額のうち災害関連支出の金額(※2)-5万円

※1: 差引損失額=損害金額の合計+関連したやむを得ない支出の金額-保険金等により補てんされる金額
※2: 災害関連支出の金額=災害により滅失した住宅、家財などを取り壊し又は除去するために支出した金額
○3.寄附金控除

国や地方公共団体などに寄附をした場合、寄附金控除を受けることができます。その年に支出した特定寄附金の額の合計額またはその年の総所得金額等の40%相当額のいずれか低い金額から2,000円を差し引いた額になります。

ふるさと納税も寄附金控除の対象になります。ただし、ワンストップ特例制度を利用した場合の確定申告は不要です。寄附をした場合は寄附金受領証明書が必要なので、保管しておいてくださいね。
○4.住宅借入金等特別控除の1年目

今年、住宅ローンを利用してマイホームを購入した人は、住宅借入金等特別控除を受けることができる場合があります。1年目だけ確定申告をすると、2年目からは年末調整で控除できるので、忘れずに確定申告をしてくださいね。
○確定申告をしなければいけない場合は?

会社員でも、確定申告をしないといけない場合があります。これは「した方がおトク」ではなく、する義務があるというものです。
○1.他の所得が20万円を超える人

最近は副業を認める会社も増えつつありますね。このように副業などで給与所得以外に20万円を超える所得があった場合は、確定申告をする必要があります。

フリマアプリなどでハンドメイド作品を販売している人は、売上から経費を引いた所得が20万円を超えた場合は確定申告が必要です。経費と認めてもらうために、レシートなどは保管しておいてくださいね。

また、仮想通貨の売買の利益は雑所得になります。仮想通貨で20万円を超える利益が出た人は確定申告が必要ですよ。
○2.年収が2,000万円をこえる人

たとえ会社員でも、給与が2,000万円を超える場合は年末調整が行われません。ですから、自分で確定申告をして納める税金額を計算する必要があります。

税金が還付されるのは嬉しいですが、税金を払うのは何となくイヤという気持ちはわからないでもないですが、もともと払う必要のあるお金です。きちんと確定申告をして、正しい税金の知識を持つようにしましょう。

※画像と本文は関係ありません

○著者プロフィール: 安部 智香

女性ファイナンシャルプランナーによるお金の総合クリニック「エフピーウーマン」認定ライター/ファイナンシャルプランナー。短大卒業後、証券会社に勤務。在職中は、資産運用を担当。結婚退職後は「もっとお金のこと、家計のこと、資産運用のことを伝えたい」という思いで、個人事務所を立ち上げ、個別相談、執筆業務、セミナー、マネーセミナー講師として活動中。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ