トリンドル玲奈&桜田通で官能クライムラブストーリー実写化決定に期待の声<パーフェクトクライム>

モデルプレス

2018/12/1 05:30

【パーフェクトクライム/モデルプレス=12月1日】モデルで女優のトリンドル玲奈と俳優の桜田通が出演する2019年1月スタートのドラマ「パーフェクトクライム」(ABCテレビ:毎週日曜よる11時35分~/テレビ朝日:毎週土曜深夜2時30分~)が放送されることが決定し、反響が寄せられている。

電子コミックで600万ダウンロードを突破し、LINEマンガ“女性向けランキング”で第1位を獲得した人気コミック『Perfect Crime パーフェクトクライム』(原作 月島綾・梨里緒/双葉社・エブリスタ)。20代30代女子たちの圧倒的な支持を得る話題作を実写ドラマ化。

梨里緒氏による同名小説を月島氏が漫画化したこの作品は、危険な恋の罠に堕ちていくヒロインの姿を描く情熱的な官能クライムラブストーリー。魅惑的な上司との不道徳な関係、冷たくも強引に迫る同僚の真意、優しさの下に隠された先輩の裏切り…嘘と罠と偽りに満ちたラブゲームにハマる女子が続出し、話題を呼んでいる。

ヒロインを演じるのはトリンドル。その相手役を桜田。その他、落合モトキ、永尾まりや、伊藤ゆみ、喜多陽子、眞島秀和らが出演する。

◆ドラマ「パーフェクトクライム」ストーリー



インテリアプランナーの前島香織(トリンドル玲奈)。社内では一目置かれる存在でありながら、プライベートでは上司である冬木(眞島秀和)との許されない秘密の関係を何年も続けている。それは未来を望むことのできない不毛な恋。それでもいいと思い、切ない想いを隠して冬木に抱かれてきた。そんな彼女の前に現れたのは、ニューヨーク支社から転勤してきた若き敏腕デザイナーの東雲遥斗(桜田通)。迂闊にも社内での不倫の現場を東雲に目撃されてしまった香織は、仕事で東雲と組むことになるが…。東雲との出会いによって香織の運命は新たに動き始め、気づかぬうちに張り巡らされた罠に落ちていく…。

渦巻く嫉妬、秘密と嘘、幾重にも交錯する恋の罠…“完全犯罪”を仕掛けた真の悪魔は誰なのか?様々な人々の思惑が交錯し、驚きとともに徐々に明かされる真実。善意の下に隠された陰謀、冷徹の下に隠された真心…最後まで目が離せないスリリングなストーリー展開がみどころである。

◆トリンドル玲奈、大胆ベッドシーンにも挑戦



今回トリンドルは大胆なベッドシーンにも挑み、複数の男たちが吸い寄せられてしまう魔性の女の魅力を存分に発揮。世の男性たちをも虜にするであろう、その滑らかな肌や息遣いも見逃せない。

トリンドルは大胆なシーンについて「あまり生々しくなく、でもドキドキ出来て現実逃避できるような、妄想の世界に近いような感じを作り上げられたらと思っています!」とし、「私生活では中々体験できないドキドキ感やゾクゾク感をドラマとして皆様にお届けできるように、何より楽しんで頂けるように頑張ります」と意気込んだ。

◆桜田通、謎を秘めた役で新境地



新境地の役となる桜田が謎を秘めた東雲をどう演じていくか。桜田の感情を内側に秘めた情熱的な眼差し、トリンドルとの絡みで魅せる新たな一面にも注目だ。

原作を読んだという桜田は「最初は過激な表現もあり少し驚いたのですが、読み進めると登場人物の苦しみや葛藤によって起こってしまった歪みや後悔があるということを理解できたので、これをドラマにした時に、テーマが僕にとってあまり経験したことのない作品になるので、今の自分にとってやり甲斐があるものだと感じられて、とても光栄に思いました」とコメントした。

監督には、「ルームメイト」や「今日、恋をはじめます」、「青夏」など数々の作品で話題の映画監督、古澤健氏が担当する。

ドラマ「パーフェクトクライム」はABCテレビにて2019年1月20日より、テレビ朝日にて2019年1月19日よりスタートする。

◆ネット上で期待の声



ネット上では「パーフェクトクライム実写化するんだ!楽しみ」「トリちゃんに通くん…最高のキャスト」「これはおもしろそう」「このドラマ気になる!絶対見る」など期待の声が寄せられている。(modelpress編集部)

◆トリンドル玲奈コメント



― ドラマ『パーフェクトクライム』への出演が決まったときの率直なご感想を教えてください。

原作と漫画を読ませていただいて、どハマりしてしまいました。自分の読むスピードにもびっくりしました(笑)そんな作品に出演することが出来て、率直に嬉しいです!!

― 今回演じる「前島香織」の魅力はどんなところでしょうか?またご自身との共通点や、まったく違うところなどもお聞かせください。

人当たりが良くて、同性からも異性からも愛される、まさにパーフェクトな人物だと思います。恋愛以外は。純粋と言いますか、人の言葉を素直に信じるところは似ているかもしれません。ただ、仕事以外で、自分を押し殺してまで相手の気持ちに寄り添うところは、私には無い部分のような気がします。

― ドラマ「パーフェクトクライム」では、上司との不倫シーンなど、大胆な場面も登場しますが、こんな風に挑みたい、などありますか?

あまり生々しくなく、でもドキドキ出来て現実逃避できるような、妄想の世界に近いような感じを作り上げられたらと思っています!

― これからの撮影に向けて、視聴者の方に見てもらいたいポイントや、意気込みをお聞かせください!

登場人物の(皆、良い人です!)それぞれの思いが、罠となって仕掛けられる大人の恋愛サスペンスです。私生活では中々体験できないドキドキ感やゾクゾク感をドラマとして皆様にお届けできるように、何より楽しんで頂けるように頑張ります!是非観てください!

◆桜田通コメント



― ドラマ『パーフェクトクライム』への出演が決まったときの率直なご感想を教えてください。

原作も読ませて頂いたのですが、最初は過激な表現もあり少し驚いたのですが、読み進めると登場人物の苦しみや葛藤によって起こってしまった歪みや後悔があるということを理解できたので、これをドラマにした時に、テーマが僕にとってあまり経験したことのない作品になるので、今の自分にとってやり甲斐があるものだと感じられて、とても光栄に思いました。

― 今回演じられる「東雲遥斗」の魅力や役どころはどんなところでしょうか?またご自身との共通点はありますか?

彼は本当はとても真っ直ぐな人だと思います。でもそれが良くない方向に進んでしまって、闇を抱えて、我を忘れてしまい、後戻りができなくなっているのかなと思いました。一社会人としては仕事もできるので普段の男性像としては僕にとってはとても理想的でかっこいい人と思いました。それ故のプレッシャーがすごいのですが…。共通点はあまり思い浮かばないのですが、僕は原作を読んで『東雲、病んでるなぁ』と感じまして、そういえば僕も友達に『病んでるなぁ』って言われた記憶があるような、ないような、そんな気がします。

― ドラマ『パーフェクトクライム』はサスペンス的要素と恋愛要素が交差したドラマですが、こういう風に演じたい、または難しいところなどありますか?

まずはやはり東雲遥斗というキャラクターを魅力的に、スマートに演じたいと願っています。そして彼のあまり良くない部分も、本能や感情に従って、使命を持って最後までパーフェクトクライムの世界にどっぷり堕ちていきたいと思っています。きっと僕の人生では経験のないことを東雲遥斗は経験しているので、必死に彼に近づいていこうと思います。

― これからの撮影に向けて、視聴者の方へのメッセージや意気込みをお聞かせください!

内容的に賛否もあるかもしれないですが、全員に好かれようと中途半端な作品にならないように、この作品を通して本当に伝えたい思いを明確に持って、最後までドラマ『パーフェクトクライム』に挑もうと思っています。なので是非観て下さったら嬉しいです。視聴中は背徳的な行為の魅力に取り憑かれないように、どうぞご注意を。

■原作者メッセージ



【漫画:月島綾】
ドラマ化、すごく嬉しいです!ありがとうございます!紙の上から飛び出して、実写で見られる東雲と香織のオトナの恋愛、私もとても楽しみです。漫画では表現しきれない、香織の甘くて熱い吐息、東雲の冷徹モードと甘々モードの声のトーンの落差など…ドラマだからこそ出来る表現に期待しています!

【原作:梨里緒】
私の書いたお話がコミック化されて、たくさんの方に読んでいただけて本当に嬉しく思っていました。さらにドラマ化までされるなんて夢のようです。関わってくださった全ての方、ありがとうございます。

■チーフプロデューサー・飯田新(ABCテレビ)コメント



電子書籍を中心に圧倒的な支持を得るこの作品は、極上の恋愛サスペンスでありながら、世の女性が密かに思い描くファンタジーでもあります。不純な恋に仕掛けられた罠。誰が仕掛け、誰がその罠にハマったのか。スリリングな展開は、きっと視聴者の皆さんを虜にすると思います。そして今回、トリンドル玲奈さんと桜田通さんの大胆なラブシーンも必見。二人にとっても大きなチャレンジになると思います。この冬、最も刺激的な作品を目指します!

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ