サンクトガーレンから、いちじくタルトのようなビール「ウィンターフルーツタルトエール」誕生!

IGNITE

2018/11/30 22:00


神奈川県の足柄地区では、かながわブランドにも認定されている「あしがらいちじく」を生産している。

サンクトガーレンでは、その「あしがらいちじく」をたっぷり使用したフルーツビール「ウィンターフルーツタルトエール」を発売。2018年11月28日から樽生を先行で発売、12月6日よりボトルを発売、2019年1月頃までの限定発売となる。



■「あしがらいちじく」の美味しさ
いちじくの果実は柔らかく非常に傷みやすい。神奈川県は消費地に近いため流通中に果実が傷むリスクが低く、樹上で完熟した朝採り果実をその日に出荷することが出来る。

完熟したいちじくの果肉は、ねっとり柔らかく優しい甘味が楽しめ、若もぎされたものとは一線を画す美味しさだ。



■「いちじくのビール」誕生
「ウィンターフルーツタルトエール」には、雨風の影響等で傷ついた“はねだし品”のいちじく約110kgを活用。さらに、いちじくと相性の良いリンゴで爽やかな酸味をプラス。少量の生姜とシナモンがスパイシーなアクセントになっている。



ベースのビールには、焼いたタルト生地のような香ばしい風味を出すためにカラメル麦芽を特徴的に使用。いちじくの果実を並べて焼き上げた、タルトのような味わいをイメージしたビールだ。





商品名:ウィンターフルーツタルトエール(発泡酒)
※このビールは日本の酒税法で認められている以上の量の果物を使用しているので“発泡酒”表記。麦芽率は高いので税率はビールと同じ。
原材料:麦芽、ホップ、リンゴ、無花果、シナモン、ジンジャー、糖類
アルコール:5%



■サンクトガーレンについて
日本で地ビールが解禁する以前より、クラフトビール(地ビール)激戦区のアメリカでビールの製造販売を行っていた“元祖地ビール屋”。それがTIMEやNewsweekなどのアメリカメディアで話題となり、日本のメディアに飛び火。世論を巻き込み、日本の地ビール解禁に一石を投じた。そのため、業界内では「地ビール0号」と呼ばれている。





冬らしい果物を使った「ウィンターフルーツタルトエール」で、クリスマスに乾杯を!

<樽生提供場所>
・THE GRIFFON 渋谷店(グリフォン)
・ビールバーJAN
・THE LEGEND(レジェンド)
など、公式サイトで随時更新。

<ボトル>
内容量:330ml
希望小売価格:429円(税抜)
販売場所:Webショップ他、公式サイトで随時更新

URL:https://www.sanktgallenbrewery.com/beers/winter-fruit-tart-ale/

(田原昌)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ