コブクロが歌う欅坂“サイマジョ”に大反響

音楽デュオ・コブクロが、11月30日に放送された音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出演。欅坂46の「サイレントマジョリティー」をアコースティックギターでカバーし、反響を呼んでいる。

意外な取り合わせに司会のタモリも「これはすごいよね」と驚くと、コブクロ・小渕健太郎は「以前、欅坂さんのコンサートも見せていただいて、パンクバンドがメッセージをくれるようなエネルギーが結構突き刺さりまして、すごい好きで歌ってたんですけど。二人でせっかくやるなら何か新しいことをやろうよという話もあって、色んな曲のある中でこれが一番盛り上がった」とカバーすることになった経緯を説明。

コブクロ・黒田俊介は「すげえ難しいんですよ、この曲」と難曲であるとコメントし、小渕も「先に言っときますけれど踊れません」と断りを入れて歌い始めたが、大人の渋さと深みを合わせたコブクロならではの「サイマジョ」を見事、歌い上げた。

コブクロ本人たちも「本番だけ初めてできました」「1回しかできてません!ホッとしました。本当よくやった!」と演奏がうまくいったことに安堵の表情を浮かべたほか、ネットでも「これめちゃくちゃかっこいい。曲が新しく生まれ変わったみたい」「かっこ良すぎてご飯途中になっちゃった」「生放送であの演奏とハモりってすごくない?」「コブクロ推しになっちゃう」といった反応が寄せられている。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ