女性だけどナンパしてみたい! 逆ナンを成功させるための心得

yummy!

2018/11/30 21:00


女性だけどナンパしてみたい! 逆ナンを成功させるための心得

タイプの男性と出会えることってめったにありませんよね。せっかく出会ったのですから、そのまま素通りするなんてもったいない! 今回は、女性から男性に声をかけるさいの心得をご紹介していきます。

逆ナンを成功させるための心得1 男性はナンパを歓迎する人が多い



日本の女性は男性に自分から声をかけることを「はしたない」「がっついているみたいでいやだ」「軽いと思われそう」とネガティブにとらえている人が大半です。ゆえに、男性はどれだけイケメンでも女性の方から声をかけられたという経験はほとんどありません。
そのため、「女性から声をかけられた」という経験をできた時点で喜ぶ可能性が高いのです。

逆ナンを成功させるための心得2 断られても問題ない



女性から声をかけて、訝しげな顔をされたり、断られたりしても、まったく問題はありません。広い視野で考えてみてください。
あなたは彼から断られたことによって、何か失ったものはあるでしょうか? 断られた状態は、何もしなかった状態と同じです。そのため、逆ナンは、損をすることのまったくない賭け事のようなものだと言えます。
ちょっと壮大な話になってしまいますが、人生の醍醐味(だいごみ)とはなんでしょうか? ずっと幸せを感じられる人生なんて、それはそれでつまらないものです。人生の醍醐味とは、喜びも悲しみもすべて味わいつくすこと。あらゆる体験や感情を満喫することではないでしょうか。経験値を増やすこと、感情を味わいつくすことは、人生を楽しむことでもあります。逆ナンは、そういった意味でも、楽しい行為なのです。

逆ナンを成功させるための心得3 逆ナンしてみたい、という場合は出会いのスポットに行く



自分から声をかけてみたいな、と思ってもいきなり路上でナンパするのはハードルが高すぎます。まずは、バーなど、ナンパが日常的に行われているところで試してみましょう。
もっとも試しやすいのは、ナンパスポットになっているバー(東京だと、銀座のスイッチバー、恵比寿のバブリックスタンドなど)です。

逆ナンを成功させるための心得4 タイプすぎて緊張してしまうという場合は友達を頼る



自分が本当にタイプだと感じている人には声をかけにくくても、友達がタイプだと言っている人には友達のために声をかけることができる、という人は多いのではないでしょうか?
他人のためなら誰かに声をかけるのは簡単です。それは、断られても自分が一切傷つかず、声をかけたのは友達のためであるというエクスキューズが使えるからでしょう。
タイプの男性と近づきたいけど勇気が出ない、という場合は、友達に頼んでみるというのも手です。

さいごに



今回は、逆ナンを成功させる4つの心得をご紹介してきました。何事も経験です。受動的な人生より、能動的な人生の方が面白いですよ。次にすてきな男性を見かけたら、自分からアプローチしてみましょう。
(今来 今/ライター)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ