『ブレードランナー』の続編がアニメ化決定! でも日本で見れるの……?

181130_blade_runner_black_lotus_0
Image: Faiz Zaki/Shutterstock.com

後のSF作品に多大なる影響を与えた1982年の名作SF『ブレードランナー』の新たな続編がアニメ化することが突然発表されました。

Hollywood Reporterが紹介した公式リリースの内容によると(公式リリースは現在日本から閲覧不可)、今回発表された『Blade Runner — Black Lotus(ブレードランナー ブラックロータス。サブタイトルは直訳すると黒い水蓮)』は時代設定としては『ブレードランナー』とその続編『ブレードランナー2049』の間となる2032年が舞台となる作品。

おなじみのキャラクターも登場するとのことですが、それ以外の今作のストーリーなどはまだ不明です。

アメリカ国内外のエッジの効いたアニメ作品を放送するカートゥーン・ネットワークの深夜枠のAdult Swimと、アニメ配信サービスのCrunchyrollとの共同で製作がスタートした企画で、アニメ製作は日本のSola Digital Studio。

Sola Digital StudioのCCOであり、『APPLESEED』などで知られる荒牧伸志監督が、『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズでおなじみの神山健治監督とともに全エピソードを監督予定。この2人はNetflixの『ULTRAMAN』でも共同で監督を努めていますね。

さらに、実写化が発表されたばかりの『カウボーイ・ビバップ』で知られる渡辺信一郎監督がクリエイティブ・プロデューサーとして参加予定。実は渡辺監督は『ブレードランナー2049』の前日譚アニメの監督も努めており、その流れでの起用なのでしょう。前日譚アニメの出来はかなり良かったので、これは楽しみ!

配給はアジア圏以外はAdult Swimが担当し、アメリカでの放送も予定されているとのこと。一方で全世界でのネット配信はCrunchyrollが担当予定。

ここで問題になってくるのが、Crunchyrollは日本にオフィスはあるもののサービスは展開されていないというところ。果たして日本での展開がどうなるのかは注目しておきましょう。

『Blade Runner — Black Lotus』は現在リリース日未定。

Source: Hollywood Reporter

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ