東大美女・山口真由、有田哲平も驚愕の別れ方を告白「白紙回答は許さない」

※画像は『有田哲平の夢なら醒めないで』Twitterより


11月27日放送の「有田哲平の夢なら醒めないで」(TBS系)の「頭良すぎてつらい!東大美女SP」に、NY州弁護士・山口真由がゲスト出演し、恋人と別れるときにまで「白紙回答は許さない」という神経質なトークを展開した。

山口真由「あなたの罪ってこと」で丸く収まる


MCのくりぃむしちゅー・有田哲平らが「人をディメンション(レーダーチャート)化してしまう」という元ミス東大のTBSアナウンサー岡村仁美の話に「うわぁ~」と顔をしかめていると、「私、すごいよく分かります」と山口。

続けて「おっしゃるとおり五角形(のグラフ指標)を作って、自分でも作るんですけど(彼が)だれか私じゃない人を好きになったって時に、こういう(五角形の)指標で比べてみて『私のどこが欠けていたの?』っていうのは聞くときあります」と打ち明けた。

これに有田が「ケンカしたときにですか?」と尋ねると、山口は「私じゃない人が好きになったって言うんだったら、今後の参考のために…」と言いフッと笑う。この話に有田は「そんな話になんの?別れのときに?」と目を見開き驚くと、「そうですね」と当然のように答える山口。

この話に「すげえな!」と有田が驚愕していると、山口は「え?でも答えを求めますよね?『どうして私と別れたいの?』って言って、だいたい沈黙するじゃないですか」と言い「私は白紙回答は絶対に許さないんですね。答えを放棄するのは良くないと。だから4択まで落とします。」と語る。

「1、90分サイクルに耐えられなかった。2、私の料理が好きじゃなかった。3、4、みたいな。で、『どう?』って聞いて、で、結局『私が悪くないから、あなたの罪ってことでいいよね?』ということで丸く収まる」と説明する山口に、有田は「も~!もっと楽に…。グレーゾーンを作りませんか?」とアドバイス。

しかし山口は「有責性っていうのは割合で評価しちゃいけないんです」と反論し「グレーなんだったら3割、7割なのか?2割、8割なのか?って考えちゃいけないんですか?」と訴えた。

これに有田は「はい!次行こうか!」とトークを切り上げ、スタジオが大爆笑となった。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ