人気セクシー女優が撮影中のセクハラ被害を告白 「お風呂に沈められて…」

しらべぇ

2018/11/30 19:20




人気セクシー女優の希崎ジェシカ(29)が、29日放送のバラエティ番組『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』(テレビ東京系)に出演。撮影中、カメラマンから被った被害を告白した。

■撮影中に胸を舐めるカメラマン


希崎は「基本はいい方たちばかりなんですけど」と前置きしながら、「カメラマンでちょっと変わった方がたまにいらっしゃる」と告白。今までに遭遇したことがある中で、とくに印象的だったエピソードを明かした。

希崎が話したのは、自分の下半身を見せながら「こんなんなっちゃった」と撮影するカメラマンや撮影中に希崎の胸を舐めるカメラマンというものだ。

番組MCの名倉潤に「それは(胸を舐められて)怒らへんの?」と質問されると、「怒りました、そのときはさすがに。ふたりきりの撮影で…。でもあんまり強く言えなくて、『何やってるんですか』ってくらい」と回答。名倉は「それ怒ってへんやん」とツッコんだ。

■撮影中、カメラマンが突如豹変し…


希崎は、さらに変わったカメラマンからセクハラ行為を受けた経験があると話す。「一日通して撮影をしていて、すごい大人しくて優しくて良い方だったんですよ」と、そのカメラマンの最初の印象は良かったよう。

しかし、一番最後にお風呂のシーンで2人きりの撮影になると、カメラマンは豹変。「支持の中でポーズを取っていたら、いきなり片手でガーって抑えられて、私、お風呂に沈められたんです」と衝撃の展開に。

カメラマンはその様子を片手で撮影していたのだが、その写真が写真集に使われることはなく、世に出回っていないと明かした。

■女性の5人に1人がセクハラ被害


しらべぇ編集部が全国20~60代の有職者の男女672名に「セクハラ」について調査したところ、男性が1割未満に対して女性では2割強という結果になった。
((C)ニュースサイトしらべぇ)
今回、番組でカメラマンからの衝撃のセクハラ被害を激白した希崎。その内容は許されるものではないが、大事に至らなかったことが唯一の救いだろう。

・合わせて読みたい→10周年のセクシー女優・希崎ジェシカ DMMアワードは「恵比寿マスカッツ対決」も

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年7月22日~2016年7月25日
対象:全国20代~60代の働く男女672名(有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ