ジャニーズ今年の“カウコン”に近藤真彦が出演!? 「マッチコン再来」に怯える人々

日刊サイゾー

2018/11/30 18:30


『ジャニーズカウントダウン2018-2019』(フジテレビ系)の放送が決定。例年同様12月31日から元日にかけてライブが行われる。これにファンからは歓喜の声が上がっていたが、発表された“とある出演者”の名前を見て不安を抱く人も少なくないようだ。

「先日フジテレビが発表した年末年始特別番組のラインナップでは、『ジャニーズカウントダウン2018-2019』の放送枠が“新企画”となっていました。そのため世間では“中止説”がささやかれ、“カウコン”の開催を絶望視していたファンも。しかし今年も例年通り開催・放送されるとのことで、SNSなどでは『これで今年も年を越せる!』『フジテレビさんありがとう!』と安堵の声が上がっています」(芸能ライター)

今年の司会は前回に引き続き、国分太一と井ノ原快彦が担当。出演者も豪華そのもので、「V6」「」「KAT-TUN」「関ジャニ∞」「山下智久」「ジャニーズWEST」「King&Prince」などが名を連ねた。また今年は各ユニットのメモリアルイヤーが重なっていることもあり、見どころが満載。20周年の嵐と15周年の関ジャニ∞は、それぞれスペシャルメドレーを披露する。その他、5周年に突入したジャニーズWESTや、初登場となるKing&Princeのパフォーマンスにも注目したい。

「出演者も発表され、ジャニーズファンのワクワクは最高潮。ネット上では『嵐と関ジャニ∞のメドレーがあってキンプリも出るとか楽しみすぎる!』『司会の2人が盤石だから安心してライブを楽しめそう』『山PとKAT-TUNの名前がある! 亀梨くんとの絡みに期待』といった声が寄せられています。ところが発表された出演者の中には“近藤真彦”の名前が。彼が出演するカウコンは一部ジャニーズファンの間で“トラウマ”となっており、『嫌な予感しかない』『あの“悪夢”が再現されそう』『チケット取って現地で見たいけどマッチが出るのか……』などと恐れられています」(同)

かつては「ギンギラギンにさりげなく」などで一世を風靡した近藤。現在もジャニーズアイドルの最年長として頑張っているが、何故彼の出演が人々の不安を駆り立てているのだろうか。

「近藤が出演した『ジャニーズカウントダウン2014-2015』は、ジャニーズファンの間でも“事件”だと語り継がれています。というのもこの年のカウコンはほとんど彼のソロコンサート状態になってしまい、“マッチコン”などと揶揄されることも。その結果若手アイドルたちを見に来たファンからは大ブーイングが上がり、チケットの返金を求める人も続出したそうです」(同)

今年はただでさえ嵐と関ジャニ∞のメモリアルイヤーが重なり、ファンの期待値がかなり高まっている。そんな中で“マッチコン”が開催されてしまったら、人々はどれだけ荒れてしまうのか。想像するだけで恐ろしい。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ