【JNCAP】予防安全性能評価はどうやって試験するのか? 同テストで「カローラ スポーツ」が最高得点獲得

オートプルーブ

2018/11/30 18:30

独立行政法人・自動車事故対策機構(NASVA)は2018年11月29日、2018年前期の予防安全性能の結果を発表した。2018年度からは、被害軽減ブレーキ(対車両+対歩行者)、車線逸脱制御などの項目に加え、ペダル踏み間違い時加速抑制装置、被害軽減ブレーキで「夜間(街灯あり)対歩行者」の項目が追加されている。

googletag.cmd.push(function() { var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji1stleft_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274944614-0') .addService(googletag.pubads()); googletag.enableServices(); flucttag.showDfpAd(slot);});googletag.cmd.push(function() { var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji1stright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274917329-0') .addService(googletag.pubads()); googletag.enableServices(); flucttag.showDfpAd(slot);});2018年前期として評価を行なった全10車種中の6車種が最高評価「ASV+++」を獲得し、カローラ スポーツは追加された対歩行者被害軽減ブレーキ(夜間・街灯あり)とペダル踏み間違い時加速抑制装置でともに満点を獲得し、合計122.4(満点:126)となり全10車種中で1位の得点となった。

また衝突安全性能では全4車種が最高評価のファイルスターとなり、得点では三菱エクリプス クロスが最高得点を得ている。

全文を読む >

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ