『メリー・ポピンズ リターンズ』USプレミア、満開の"桜カーペット"にキャストが集結!

海外ドラマNAVI

2018/11/30 18:34

アカデミー賞13部門ノミネート&5部門を受賞した『メリー・ポピンズ』から20年後の世界が舞台となる『メリー・ポピンズ リターンズ』が2019年2月1日(金)より公開となる。12月19日(水)の全米公開に先駆け、超豪華キャストが集結したUSプレミアが開催された。

【関連記事】新メリー・ポピンズのエミリー・ブラントに対し"元祖"ジュリー・アンドリュースの反応は...

ウォルト・ディズニーがそのヒロイン像に惚れ込み、最も映像化を望んだと言われる「メリー・ポピンズ」。ディズニー・スタジオ製作で1964年に公開され、実写とアニメーションが織り交ぜられた革新的な映像と印象的な音楽やダンスで観る者の心を掴み、今もなお世界中で愛され続けている。半世紀ぶりに公開される続編とあって、世界中から期待が高まっている本作のプレミアイベントは、2002年から毎年アカデミー賞授賞式が行われている格式高いドルビー・シアターで開催。会場は本作を象徴する"桜"が散りばめられ、まるでメリー・ポピンズの美しい魔法がかかったように美しく彩られた。

世界中から報道陣が駆けつけ、キャスト陣が登場するたびに大きな拍手が沸き起こり、真っ白で豪華なロングドレスに身を包んだエミリー・ブラントが登場すると、集まったファンから大歓声が起こった。

エミリーは誰もが知るメリー・ポピンズ役のオファーが来た時の心境について「緊張と嬉しさが同時にこみあげてきたわ。大好きなキャラクターだから、演じられることは嬉しかったけれど、有名な役だから自分のバージョンを見つけることが大切だと思ったの」と語り、『メリー・ポピンズ』を初めて見た時のことについては、「皆がそうだったように、私もこの映画が大好きだった。夢中になったし、ワクワクしたわ。子どもの頃『メリー・ポピンズ』から大きな影響を受けたの。キャラクターも有名で人々に大きな感動を与えたわ」と、満面の笑顔で振り返った。

そしてメリー・ポピンズを演じるために原作を全て読み役作りをしたそうで「原作を読みながら彼女がページから飛び出してくる感じがしたの。メリー・ポピンズを好きなところは厳格で気難しい中に、大胆でエキセントリックな部分があって、地に足がついているのに、不思議な感じがするところ。子ども心をくすぐるような驚きを日常の中に見出すことは、P.L.トラヴァースが伝えたかったメッセージだと思う」と、メリー・ポピンズへの大きな想いを明かした。

ほかにも、リン=マヌエル・ミランダ、ベン・ウィショー、ロブ・マーシャル監督、そして前作に続き出演する92歳の超ベテラン俳優ディック・ヴァン・ダイクが登場し、大盛況のプレミアイベントとなった。

『メリー・ポピンズ リターンズ』は2019年2月1日(金)全国ロードショー。(海外ドラマNAVI)

Photo:『メリー・ポピンズ リターンズ』
(C)2018 Disney Enterprises Inc.

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ