ささくれ、ひび割れを防ぐネイルケアって? 爪パサパサとか嫌 #東京女子のマイルール

Glitty

2018/11/30 16:30


自分らしく生きていくには、「自分なりのルール」が必要。

めまぐるしく変化する東京で生きる女子たちは、どんなルールを持っているのだろう?

そんな東京女子のリアルにスポットを当てた連載企画。

今回は、ネイリストの溝口まりさん(@mariutsugi)に指先ケアのマイルールを教えてもらいました。

Vol.12 溝口まりさん(ネイリスト)


2009年からネイリストとして活躍する溝口さん。

青山のネイルサロンを経て、「Rosett BY broocH」に勤務しています。タレントやモデルからの支持も厚く、カラフルで斬新なデザインが得意。

女性誌などにも登場し、活躍の場を広げている溝口さんに、指先のケアについて教えてもらいました!

ルール1. お風呂上がりのスキンケアは指先までする

IMG_7964

お風呂上がりにスキンケアは、腕や脚だけではなく、必ず指先まで保湿している溝口さん。

一貫して保湿ケアを行うことで、よりきれいになるのだそう。

また、手を洗ったあとはしっかりと拭くことで手荒れ予防に。

ルール2. 爪をきれいに見せるために保湿を欠かさない

IMG_7963

スキンケアと同様、爪をきれいに見せるためには保湿が肝心。

とくに寝る前は、オイルを塗ってからクリームで蓋をします

そうすることで朝起きたときまでしっとりが続くのだそう。

ルール3. オイルは爪用かどうかではなく、香り重視


爪用ではなく、好きな香りのボディオイルでネイルケアをすることが多いという溝口さん。
IMG_7965

指先のオイルは「uka」の12:45を愛用し、「Aesop」のボディオイルや「LILAY」のallyouroilを気分で使い分けているのだとか。
IMG_7962

爪の周りが乾燥していると見栄えも悪く、せっかくのネイルやリングも台無しに…。

だからこそ、オイルは欠かせないアイテム。

寒くなり、乾燥するいまの時期。溝口さんの「マイルール」を参考に、うるおった指先を手に入れたい。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ