2歳息子が病院を出て大泣き… 通行人からの「心外な言葉」に考えさせられる

しらべぇ

2018/11/30 16:00

(Hakase_/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)
外出先で子供が突然泣き出してしまい、手に負えず困ったことのある親御さんは大勢いいるはず。

現在2人の子供を育てている元岡山放送の魚住咲恵アナが、通りすがりの男性から言われた「ショックな一言」についてブログで明かし、波紋を広げている。

■通りかかったおじさんからの一言


魚住アナは、28日に更新したブログで2人の息子を病院に連れて行った際のエピソードを明かした。

診察を終えて病院を出たところ、2歳の長男が大泣きしはじめてしまったのだそう。魚住アナが「お薬もらいに行って、ご飯食べようね」などとあやしていると、見知らぬ中年男性が「どうしてたの? なんで泣いてるの?」と話しかけられた。

魚住アナが「何ででしょうね~、気に入らないことがあるんだと思います」と答えると、その男性から「まさか、虐待じゃないよね?」と言われてしまったという。

■「最悪の一言」と怒り


魚住アナは咄嗟に「ちょっと! 変なこと言うのやめてください!」と言い返したそうで、「冗談になりません。これ。かわいくて大事に大事に子供を育てている親に『虐待』なんて言葉、絶対にかけてほしくない」と心境を吐露。

「本当に虐待の場合もあるので、地域の目は必要」「虐待の見落としはしてほしくない」と、男性の心理に理解を示した魚住アナ。

しかし、「泣いている子供を前に、親だって泣きたいときだってある」「産後のホルモンバランスの関係で、精神的に不安定になっている時期だったら、最悪の一言です」と、育児中の母親の心情を訴えた。

■「本当に酷い」と同情の声


魚住アナのブログには、子育て経験のあるファンなどから多くの共感の声が寄せられている。

・めちゃくちゃわかります!! 怒りとショックしかないですよね。私も1人目だったらどうなってるか、わからない

・余計な1言!!! 本当にひどい! 子どもを気にかけて声をかける方なら言い方はもっと考えられると思います!

・それはショックでしたね。確かに周りの目は大事ですし、通報する勇気も必要です。でも、一生懸命子育てしているママは、それで傷付くこともあるということも知ってほしいですね

「もっと他に言い方があるはず」といった声も。

■世の中虐待が多すぎる?


一方で、悲惨な児童虐待の事件が相次いで報じられていることを踏まえ、様々な意見も書き込まれている。

・一見、めちゃくちゃ失礼にも思うけど、もしかしたらめちゃくちゃ子供思いのじいさんかもね?

・ただ、虐待の早期発見も非常に重要ではありますよね。上手い方法はないものかと、思います

・世の中虐待多過ぎてそう思う方も居るかもしれないですが、見ず知らずの方からの心無い言葉は気にしないようにするしかないですね

また、「風邪をひいてぐずっている、ときちんと答えていれば言われずに済んだのでは?」といった声も。

いち早い発見が子供たちの命を守ることに繋がる、児童虐待の現場。愛情を持って子育てしている人にとってはとても心外な言葉だが、一概に片付けることのできない問題である。

「虐待」が心配されるケースを発見した際には、児童相談所全国共通ダイヤル「189」に連絡・相談してほしい。

・合わせて読みたい→ぐったりと意識のない2歳児 母親が医師に明かした「家の惨状」に言葉を失う

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ