フジ社長 長期休養の「とくダネ」小倉氏に「1日でも早くお元気に復帰を」

 フジテレビの宮内正喜社長(74)が30日、東京・台場の同局で定例会見を行い、朝の情報番組「とくダネ」(月~金曜前8・00)のMCを務めるキャスターの小倉智昭氏(71)が長期休養入りしたことについて言及した。

 宮内社長は「この前、ご本人とお会いしてお話しました。長期休養されるという大変残念でさびしいという思い」とコメント。「『まずは治療に専念してください』と直接お話したところであります。1日でも早くお元気に復帰されることを心から祈っています」と語った。

 膀胱(ぼうこう)がんであることを公表している小倉氏は膀胱全摘出手術を行うため、27日から長期休養入り。膀胱全摘以外にも、前立腺、精のうやリンパ節なども「ごそっと取る」と同番組で説明している。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ