【話題】吉沢ひとみ被告が懲役2年で執行猶予5年の有罪判決 / 執行猶予がついた理由



国民的美人アイドルグループ「モーニング娘」メンバーとして活躍した吉沢ひとみ被告(33歳)が、ひき逃げ事件を起こして自動車運転処罰法違反に問われ、その後、東京地裁の公判にて検察側は懲役2年を求刑。その後2018年11月30日11:00に東京地裁で、懲役2年、執行猶予5年の有罪判決となった。

・執行猶予がついた理由とは
高濃度アルコール検出の飲酒運転、ひき逃げ直前まで86キロで走行、そしてひき逃げ、あらゆる危険行為を行っており、そのうえで執行猶予がついたことに世間の人たちが驚きを隠せずにいる。

・反省する姿勢がみえる
執行猶予がついた理由はいくつかあるようだが、被害者と示談が成立し、さらに反省する姿勢がみえることから、執行猶予がついたと言われている。また彼女は有名人であり、社会的制裁を受けていることも考慮したのではないかとの声も出ている。

yoshizawa-hitomi2

・さまざまなポイントやフォロー
また、夫であるITビジネス系会社社長がしっかりと吉沢ひとみ被告をフォローすることも配慮されたという。さまざまなポイントやフォローが重なり、執行猶予がついたのは間違いない。

・絶対に復活できないとは言えない
今後、芸能界に復帰できるかどうかは不明だ。しかし芸能界は「過去に違法行為をした芸能人」に優しい印象があり、絶対に復活できないとは言えないかもしれない。





もっと詳しく読む: 吉沢ひとみ被告が懲役2年で執行猶予5年の有罪判決 / 執行猶予がついた理由(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2018/11/30/yoshizawa-hitomi-saiban-news/



あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ