【ディズニー映画】プリンセス登場の理由は? 『シュガー・ラッシュ2』来日会見レポ

ウレぴあ総研

2018/11/30 15:00

2018年12月21日(金)公開のディズニー長編アニメーション最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』。

監督のリッチ・ムーア、監督・脚本のフィル・ジョンストン、プロデューサーのクラーク・スペンサーが来日しました。

■監督と一緒にインターネットの世界へ

来日記者会見は通常ホテルの宴会場で行われることが多いのですが、『シュガー・ラッシュ:オンライン』来日記者会見の会場はニコファーレ。

インターネットの世界を舞台にした本作らしい会場です。

360度LEDスクリーンに囲まれた会場では、会見開始前からヴァネロペとラルフが会場を走り回っていました。

来日ゲスト3人も、司会者の「臨時ニュース」の報で登場する演出も。

監督たちが一言ずつコメントを述べると、会場はインターネットの世界へワープ。

ニコファーレらしい本作の世界観を表現した演出で会見が行われ、リッチ・ムーア監督も演出を非常に楽しんでいるようでした。

■どうしてインターネットの世界へ?

前作『シュガー・ラッシュ』はアーケードゲームの世界を描きましたが、本作はラルフとヴァネロペがインターネットの世界へと冒険に出かけます。

なぜゲームからインターネットの世界へ飛び出す物語にしようと思ったのでしょうか。

リッチ・ムーア監督「前作は小さなアーケードゲームの世界が舞台でした。

小さな頃からアーケードゲームをプレイするのが大好きだったからです。

2作目はもっと舞台を大きくしなければというアイデアから、初期段階からインターネットの世界に決めていました。

問題は今まで映画でインターネットを視覚化した作品がなかったということで、インターネットの世界をどう描くか1年くらいかけて考えました。」

■ディズニープリンセスが登場する理由

クラーク・スペンサー プロデューサーは、インターネットサイト「Oh My Disney」のシーンが生まれたきっかけを話してくれました。

「インターネットの面白さはどこにでも行けるところです。

かなり初期に監督2人が『例えばラルフがアナになりたいかエルサになりたいかオンラインクイズをやったらどう? 』というアイデアがありました。

さらに話していくと、ヴァネロペだってプリンセスじゃないか、だったらディズニーのプリンセス全部集合させちゃえばいい、ということになりました。

最初はコメディシーンで良いと思ったのですが、だんだん進化していって、ストーリーテリングの重要な部分になっていきました。

プリンセスたちとのやりとりでヴァネロペに新しい世界があるのではないかと気がついていったのです。

そのアイデアからOh My Disneyのオンラインに連れて行けばマーベルやルーカスフィルムのキャラクターも出せるよねという話になりました

ビジュアル部門とアニメーション部門が楽しんでこのシーンを作りました

観客もいろいろなイースターエッグを作っているので楽しめると思います。

こうやってディズニーの様々なキャラクターを集結させられてとても光栄に思っています。」

■東京の要素も入った作品

リッチ・ムーア監督は『シュガー・ラッシュ』『ズートピア』に続いて3度目の来日。

ディズニーで作品を作ることで嬉しいのは旅ができること、特に日本に来られることが嬉しいと、いつものユーモア溢れるトークを披露。

フィル・ジョンストン監督は初来日。

家族で東京観光をしたら、息子の口が開きっぱなしだった。

ヴァネロペがインターネットの世界を訪れた時のような驚きだったと話してくれました。

今回はじめて東京を訪れたフィル・ジョンストン監督ですが、インターネットの世界をイメージしたとき東京が最初に出てきたとのこと。

インターネットの世界は東京やニューヨークのような大都市よりさらに大きな街として想起したそうです。

リッチ・ムーア監督は、インターネットの世界の特に明かりの使い方が東京を参考にしたと明かしました。

東京の夜の明るさが好きで、自分たちの住む街は夜の明るさは茶色さがある一方、東京はぱきっとした明かりがあるとのこと。

さらに、「原宿ファッションに影響を受けたレーサーたちが再び登場し、悪ガキ度満載で活躍するのでお楽しみに。

みんなちょっと小生意気なんです。」と、劇中ゲーム「シュガー・ラッシュ」のレーサーたちの活躍も期待させてくれました。

■最後にメッセージ

リッチ・ムーア監督

「僕らにとって本当に特別な作品を皆さまと分かち合うことができました。

ラルフとヴァネロペというキャラクターを心から愛していますし、新キャラクターも大好きなキャラクターばかりです。

ここに立っているのはたった3人ですけれど、才能ある600人以上のアーティストが作った作品です。

ディズニーアニメーションが贈る過去最大の作品でもあります。」

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ