吉澤ひとみ被告の「激ヤセ」に裁判ウォッチャーが注目 「パンストのしわが…」

しらべぇ

2018/11/30 15:30

((C)ニュースサイトしらべぇ)
「裁判ウォッチャー」として知られるお笑いタレント・阿曽山大噴火が自身のツイッターを更新。

酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げ事故を起こしたとして、懲役2年執行猶予5年の判決が下された元モーニング娘。吉澤ひとみ被告の「体型の変化」について綴った。

■吉澤被告の「パンストのしわ」に注目




阿曽山大噴火は30日、「吉澤ひとみの判決見終わり」との書き出しでツイート。「結果は懲役2年執行猶予5年。5年は執行猶予で最も長いので、示談出来てなかったら実刑だったってことか」と分析した。

また、阿曽山大噴火は、「それにしても、パンストってあんなにしわが寄るもんかね。ひざ裏あたりがしわくちゃ」と吉澤被告の脚の違和感に注目。

「顔は逮捕時・保釈時と同じ痩せた印象を受けたけど、脚も痩せ細ったってことなのか」と綴っている。

■吉澤ひとみの判決に複雑な声も


阿曽山大噴火がツイートしているように、懲役2年執行猶予5年の判決が下された吉澤被告。その判決に、ツイッターでは「子供が小さいから良かった」といったコメントが寄せられている。

「吉澤ひとみに執行猶予付いたか…。それでも猶予5年は事件の重さを感じる。子供もいるし良かったと思うけど、実刑のほうがお酒やめるには楽だろうな。依存は怖い。やめたくてもやめられないからね」

「吉澤ひとみ懲役2年って子供がかわいそうだよなあ…。有名人だからどこ行っても噂されちゃうだろうし…」

「吉澤ひとみの子供って小さいのかな? 執行猶予なし実刑2年だったら、本当に子供がかわいそう。飲酒運転してひき逃げしちゃったどうしようもない母親の気持ちなんてしっちゃことないけど、子供だけが本当にかわいそうすぎる」

「吉澤ひとみ。執行猶予ついて良かった…。子供がまだ小さいもんね。お母さんに会えない時期の子供の心の成長を思ったら本当に良かった…。小さい子を持つ親として、複雑な事件だわ」

コメントの中には、「小さい子を持つ親として複雑な事件」といったものも。犯してしまった罪は重いが、子供が母親と離れ離れになることにやり切れない思いを抱く人もいるようだった。

■依存症を経験した人は約1割


しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,365名を対象に、「依存症」について調査したところ、全体のおよそ1割が「アルコールやギャンブルなどなんらかの依存症になったことがある」と回答した。



阿曽山大噴火が注目した吉澤被告の「パンストのしわ」。そこには、自らが犯してしまった罪への彼女の深い反省が表れているのかもしれない。

・合わせて読みたい→吉澤ひとみ被告、現在の飲酒量に騒然 「酒やめろよ」「神経がわからん」と批判の声

(文/しらべぇ編集部・音無 まりも

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年12月19日~2016年12月19日
対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ