日産がフォーミュラEのドライバーを発表。高星明誠選手がリザーブドライバーに。

clicccar

2018/11/30 13:30


■ブエミ選手を軸にローランド・オリバー選手とタッグ

・NISMO FESTIVALでデモ走行も披露!

日系自動車メーカーとしては初めて、フォーミュラEへの参戦を表明していた日産が、ドライバー体制を発表しました。

2018 / 2019年の「ABBフォーミュラE」シーズン5に「日産e.damsチーム」からエントリーするのは、セバスチャン・ブエミ選手とオリバー・ローランド選手の2名です。

元F1ドライバーとしても有名なブエミ選手は、ル・マンでの優勝経験も持つ30歳。トヨタ・ガズー・レーシングでTS050をドライブしているのでご存知の方も多いでしょう。フォーミュラEには2014年の初シーズンから参戦しており、2015 / 2016年シーズンは優勝を果たしています。

今回参加が発表されたオリバー・ローランド選手は、イギリス生まれの26歳。これまでフォーミュラ・ルノーやGP2で活躍してきた若手ドライバーで、今年はF1のウィリアムズ・マルティニ・レーシングから育成ドライバーにも抜擢された逸材です。

この他日本人としてうれしいのは、リザーブドライバー兼テストドライバーとして、高星明誠選手が参加したこと。高星選手は現在スーパーGTでも活躍していますが、その秘めた可能性をぜひともアピールしてほしいものです。なおドライバーとしてはもう一人、スーパーGTで活躍中のヤン・マーデンボロー選手が公式シミュレーションドライバーに選ばれています。プラクティスから決勝までが1日で行われるフォーミュラEではシミュレーションが欠かせないのですが、ヤン選手は人気ゲーム「グランツーリスモ」の名手でもあるため適役といえそうです。

日産e.damsチームは、12月2日に富士スピードウェイで開かれるNISMO FESTIVALで高星選手によるデモ走行を披露する予定です。いっぽうフォーミュラEの開幕も迫っており、12月15日にサウジアラビアのティルイーヤで第1戦が行われます。

モータースポーツの未来を担うフォーミュラEの戦いに、ぜひ注目しましょう。

(角田伸幸)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ