天才テリー伊藤対談「加藤諒」(3)断捨離にハマって床で直に寝てます

アサ芸プラス

2018/11/30 12:57


テリー 今は一人暮らしなんでしょう。家はどんな感じなの。

加藤 今は1K・7畳の部屋に住んでいます。新しく引っ越したんですけれど、事務所の人たちには「なんでもっといいところに引っ越さないの」って、すごく言われました。でも、今の自分には、それくらいが居心地よくて。

テリー うん、急いでステップアップしていかないのはいいと思う。イチローも日本でずっとタイトルを取っていた時、何億も稼いでいるのに、ずっと寮暮らしだったでしょう。あの時、彼の目標は家を建てる、いい車に乗るみたいな物欲じゃないんだな、と思った。たぶん、それと一緒なんじゃないですか。

加藤 はい。僕も物欲は本当にないので。今すごく断捨離にハマっていて、家に家具がほとんどないんですよ。

テリー 加藤さんの私生活って、どうも具体的に想像できないな。断捨離って、今はどんな感じなの?

加藤 この間はベッドと布団を全部捨ててしまって、今はバスタオルをかけて、フローリングの床で寝ています。

テリー えっ、それって断捨離じゃなくて、むしろホームレスみたいじゃないの(笑)。床に直接だと寒いでしょう、床暖房は入っているの?

加藤 入ってないので、ハロゲンヒーターを使っています。時々、体がしびれて起きたりしますね。

テリー 固い床なんだから当たり前だって。ベッドはあったほうがいいよ。

加藤 前に使っていたベッドが寝ている時に真っ二つに折れてしまって、最初は買い換えようと思っていたんですよ。でも、いざお店に行ってみると、マットレスだけでけっこうなお値段だったものですから「だったら床で寝ちゃえばいい」と。

テリー そこそこ稼いでいるんでしょう、何そんなところでケチケチしているのさ。そんな生活、脱走して逃げまくっていた樋田淳也被告より過酷だよ。

加藤 アハハハハ。でも、これが慣れちゃうと、大丈夫なものなんです。

テリー じゃあ今、家には何が残っているの?

加藤 本棚とテレビとテレビ台、あと収納スペースに洋服があって、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、という感じですね。

テリー うーん、実にシンプルだ。それはそれでカッコいいとは思うけどね。ちなみに、そこまで断捨離に夢中になるのは、何か理由があったの。

加藤 実は、僕のマネージャーさんが断捨離をしていて、その影響で始めたんです。前に「部屋の乱れは心の乱れ」と言われたのも、すごく胸に刺さっていて。

テリー なるほど。それは当たってると思います。俺の家なんてモノがあふれるほどあるから、ご覧のとおりの乱れっぷりだからさ。

加藤 ハハハ、テリーさんの場合は全然、それでいいと思います。でも僕は、その言葉を聞いて反省して、しっかり心を整えなきゃな、と思えたんですね。

テリー 偉いね。しかし、恋愛もしていない、物欲がないとなると、今は何を楽しみにしているの。

加藤 やっぱり仕事ですね。先ほど言ったように、思うように仕事ができなかった時期があるので、今はただ仕事があることの楽しさしか感じられないんですよ。せっかくなので、何にでも挑戦してやろう、と思っているんです。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ