今もっとも注目の極上ステーキチェーン「肉の村山」 400グラムで激ウマ1000円ステーキが凄すぎた

ステーキ戦国時代の覇者と目される、肉の村山


現在外食産業ではステーキ戦国時代と呼ばれ、様々なステーキチェーンが乱立し、しのぎを削っているのをご存知だろうか。猛者たちがたっぷりの赤身肉でしのぎを削り合うその中でも、ステーキ界の“信長”と言われ、いまもっともステーキファンに注目されているのが「肉の村山」だ。

肉の村山01

同店は、東京・千葉・埼玉で7店舗を展開するステーキ&ハンバーグ専門店で、メニューのビーフステーキ・ チキンステーキ・ハンバーグをいずれも圧倒的なボリュームと高クオリティ、そして低価格で楽しめる。そしてそんな村山の実力がわかるのが毎月11日・29日の「いい肉の日」だ。

この日には「Texasステーキ」(最大400gまで)を、ランチとディナータイムにそれぞれ 1,000円(税別)で食べることができ、そのため多くの肉好きが詰めかけ大行列を作り、なにかと話題となっている。また毎月29日を“肉の日”としてキャンペーンを行う店も多いが、11日までお得な催しをすることだけでも、そのサービス心に敬意を払いたい!
肉の村山02
月に2回もオトクな日が!

肉の村山、話題の400g1000円ステーキを食べてみた


大行列ができるとして話題になる店舗の一つが、数ヶ月前にオープンしたばかりの「肉の村山 秋葉原末広町店」。末広町駅から徒歩約1分、また秋葉原駅から歩いても5分~10分ほど。

店内はこういったステーキ店には珍しく、アメリカンテイストとラグジュアリーさをミックスした内装で、女性でも入りやすい。また店内の清掃も行き届いており、こういった肉系の店にありがちなオイリーさもないので、デートで来てもよいだろう。

店内では肉の焼き上がる“ジュージュー”という快音と、肉の香ばしく食欲をそそる香りに満ちている(正直、待っている間にお腹がグウグウなって困った次第!)。

400gのテキサスステーキは熱々の鉄板に乗せられてサーブされる。付け合わせはコーン、ブロッコリー。そしてライスとスープに、小山のようなステーキ、これで1000円は出血大サービス過ぎやしないのか?



肉の村山10

希少部位・ハンキングテンダー による極上ステーキ

この15番がハンキングテンダー 。希少すぎる!

店内のポスターによれば、このステーキに使用されている肉は、一頭の牛からたった2kgしか取れない「ハンキングテンダー 」という希少部位とのこと。焼肉店でもいうところの「サガリ」という部位で、上品で柔らかい赤味が特徴だという。

肉の村山_ハンキングテンダー04

肉の村山05
肉をナイフでカットすると肉汁がたっぷりと溢れでてくる。写真ではその美味しそうすぎる瞬間をお伝えできなかったことを読者にお詫び申し上げます!

そんな宝石のような希少部位を30分もたっぷりマリネしてから焼き上げることで、味はさらに芳醇に、肉はもっと柔らかくなっているという。実際に切ってみるとナイフでスイスイ切れる柔らかさ。食べる際にはしっかりと細かく切って食べることを推奨したい。あまり大きなカットで食べると肉の上品な味わいや、その柔らかさを堪能できないからだ。
卓上にはサービス満点、様々な調味料がそろっている。
ケチャップ&マスタードも美味いっす!
肉の村山09
ステーキは実に見事なミディアムレアで焼き上げられている。

そして、ミディアムレアに美しく焼き上げられた肉を口に入れてみると、肉の旨さが大爆発! ちなみに卓上には岩塩、おろしソース、ブラックペッパー、ニンニク、ケチャップ、マスタード、醤油が用意されており、様々な味わいで肉を楽しむことができる。にんにく&塩でパンチをつけて食べてみたり、ケチャップ&マスタードでテキサス感を出してみたり、ソースを選ぶのも楽しみの一つだろう。

またどんなソースでも肉の旨さを失わない、このハンキングテンダー の凄さも特筆したい。
肉の村山
ランチタイムはライスサービスも!

たしかに熾烈なステーキ戦国時代にあって、こんなステーキを提供している肉の村山が“信長”と称されるのはごもっとも。このステーキを1,000円で食べられるサービスは毎月11日と29日に各店で行われていると言うが、サービスデー以外にも、ぜひとも行くことをおすすめしたい!

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ