長瀬智也ら俳優の宝庫、堂本剛ハマり役 - 平成12年(2000)ドラマベスト3


●『Summer Snow』最終回は号泣必至
2019年4月30日に幕を下ろす「平成」。マイナビニュースでは、「平成」の中で生み出されたエンタメの軌跡を様々なテーマからたどる。この連載は、「視聴率や俳優の人気は無視」のドラマ解説者・木村隆志が、平成元年から31年までのドラマを1年ごとに厳選し、オススメ作品をピックアップしていく。第12回は「平成12年(2000年)」(※以下はドラマの結末などネタバレを含んだ内容です。これから視聴予定の方はご注意ください)。

平成12年(2000)は、「ミレニアム」を祝うムードの中、正月から派手な記念番組が次々に放送された。

それが落ち着いた5月には、西鉄バスジャック事件が発生。7月には、沖縄サミットが開催され、イメージソングに安室奈美恵の「NEVER END」が選ばれた。9月には、シドニーオリンピックが開催され、高橋尚子、田村亮子、野村忠宏、井上康生、瀧本誠が金メダルを獲得。11月にはイチローがシアトル・マリナーズと契約し、日本人野手初のメジャーリーガーが誕生した。

バラエティでは、『内村プロデュース』(テレビ朝日系)、『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)、『クイズ$ミリオネア』(フジ系)がスタート。一方で『DAISUKI!』(日本テレビ系)、『ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!』(テレ朝系)、『しあわせ家族計画』(TBS系)、『クイズところ変れば!?』(テレビ東京系)などが終了した。

ドラマのTOP3には、平成が終わろうとする今こそニーズがありそうな3作を選んだ。
○桜子が毒気たっぷりの名言を連発

■3位『やまとなでしこ』(フジ系、松嶋菜々子主演)

いまだに松嶋菜々子を見ると、「お金に強欲な神野桜子」を思い出す人は多いのではないか。それほどのハマリ役であり、堤真一、矢田亜希子、筧利夫、須藤理彩、押尾学、森口瑤子、西村和彦、東幹久らを含めたキャスティングが輝いていた。

松嶋演じる桜子が「愛とお金」というテーマを全身で体現し、異常なほど金持ちとの結婚に執着。毒気たっぷりの名言を連発した。

「身長や顔や性格は生まれながらのものよね。しょせん遺伝子や環境の問題でしょ。本人の努力では変えられない不公平なハードルがあるわよね。でも、お金持ちになれるかなれないかは本人の努力次第でどうにでもなるじゃない。先天的なブ男でも後天的な努力で勝ち取れるのがお金持ち。私の選び方のほうがより公平な評価ができると思わない?」

「恋っていうのはね、人間ごときにするもんじゃなくて、お金にするものなの。お金は女を裏切らない」

「恋になんか落ちちゃダメ。あんなもんに落っこちるから、人生とっちらかっちゃうのよ。舞い上がったり落ち込んだり、そんなの単なるエネルギーのロスよ。本当に幸せになりたかったら、一時の病気よりも冷静な判断力」

毒気たっぷりでも視聴者に嫌悪感を与えなかったのは、お金をめぐる正論であり、上品で正直な桜子のキャラがウケたから。女性視聴者の好む王道のラブコメながら、結婚やお金について考えさせる社会派の側面もあるなど、男女を問わず話題となり、最終回の視聴率は34.2%を記録した。

ただ、桜子の突き抜けたキャラが愛された分、その結末は賛否両論。「あの人は私にお金より大切なものがあることを教えてくれたの」「残念ながら、私はあなたといると幸せなんです」と人が変わったような清純派になり、中原欧介(堤真一)と結ばれた。ハッピーエンドに歓喜する人が多かった反面、桜子らしさが一気に失われたことを嘆く人も少なくなかったのだ。

ともあれ、冬に何度も再放送された季節を感じさせる名作であることに疑いの余地はない。主題歌はMISIA「Everything」。
○不思議な世界観の最終回は号泣必至

■2位『Summer Snow』(TBS系、堂本剛主演)

事故死した両親の後を継いで自転車店を営む篠田夏生(堂本剛)と、心臓の病を抱える信用金庫OL・片瀬ユキのラブストーリー。さらに夏生の弟・純(小栗旬)には聴覚障害があり、ひったくり犯の冤罪で逮捕され、妹・知佳(池脇千鶴)は純の幼なじみ・末次弘人(今井翼)と密かに交際し、17歳で妊娠してしまう。困難が重なり、貧乏暮らしの中、まっすぐさを失わない夏生を見て、ユキは閉じこもりがちだった生き方を変えていく……。

今年の夏は、『義母と娘のブルース』(TBS系)と『グッド・ドクター』(フジ系)の評判がよかった。どちらも“悲劇を前提にしたハートフルな作品”だったが、それぞれ家族モノと医療モノ。夏は恋の季節だからこそ視聴者は、悲劇を前提にしたハートフルな恋愛モノが見たかったのではないか。そんな意味も含めて、『Summer Snow』を2位に選ばせてもらった。

特筆すべきは、夏生のキャラクター。「両親の店を継いで借金を返しながら、高校生の弟と妹を育てる」「おバカでお調子者だが、情に厚く面倒見がいい」という江戸っ子風の金髪青年は、堂本剛のハマリ役だった。

それだけに結末の悲劇性はインパクト大。ユキは「心臓移植するしか生きられない」という状況になり、視聴者は「死んでしまうの?」「移植するなら誰の心臓?」という心境に……。ただ、察しのいい人は、「一番明るく元気な夏生が危ない」と感じていた。

案の定、夏生は子どもをかばって交通事故に遭ってしまうが、すぐにユキのもとを訪れて楽しく会話している。ほどなく心臓移植手術がはじまり、心配そうに見守る夏生。術後のユキを何度も見舞い、いつものように笑顔で話しかけ、やっとキスもできた。

しかし、外出許可をもらって夏生の自転車店を訪ねたユキは、知佳たちから真実を聞いてしまう。つまり、事故後の夏生は幻だったのだが、「これはどういうこと?」と視聴者の心にさざ波を立てながら、最後に2人が「一緒に見る」と約束した幻想的な“夏の雪”を映し出して終了。キツネにつままれたような不思議ムードの最終回だった。

聴覚障害でろれつの回らない話し方の純を演じた小栗旬、末っ子ながら母親のような母性がにじむ知佳を演じた池脇千鶴、夏生に感化されてチャラ男から人情派に変わる弘人を演じた今井翼、父親としてユキを心配する刑事・片瀬正吾を演じた角野卓三、ユキをめぐるライバルの嫌味な医師・橘青児を演じた中村俊介、子役時代の福田麻由子など、助演の熱演も光った。

ところで、今夏放送の『高嶺の花』(日テレ系)も、風間直人(峯田和伸)は「父の死で自転車店を継いだ」「純粋さでヒロインの心を変えていく」という設定だった。こんな設定は“脚本家あるある”かもしれない。主題歌は、Kinki Kids「夏の王様」。明るいサンバ調の曲だが物語の印象で、「哀しい歌にも聴こえる」「サビで泣く」という人も少なくなかった。

●トピックてんこ盛り! IWGPの化学反応
○若手俳優の採掘場となった不朽の名作

■1位『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系、長瀬智也主演)

とにかくトピックがてんこ盛り。原作は直木賞作家・石田衣良のデビュー作であり、脚本は宮藤官九郎の実質的な連ドラデビュー作であり、演出は『ケイゾク』(TBS系)で飛ぶ鳥を落とす勢いの堤幸彦であり、磯山晶プロデューサーを含めて、「これぞ化学反応」というべく、スタッフのスキルを随所に感じさせられた。

同作を語る上で、登場人物とキャストにふれないわけにはいかないだろう。長瀬智也が演じたプータローでだらしないが情に厚いマコト、窪塚洋介が演じた残虐なカラーギャング「G-Boys」リーダー・キング、佐藤隆太が演じたマコトの頼りない相棒・マサ、山下智久が演じたアニメオタクで絵が上手いシュン、坂口憲二が演じた鼻耳ピアスの狂暴なマッチョ男・山井、西島千博が演じた元バレエダンサーのカラーギャング「Black Angels」リーダー・京一。

妻夫木聡が演じた暴力団員だがマコトに協力するサル、遠藤憲一が演じた二重人格の暴力団組長・氷高、渡辺謙が演じた犯罪撲滅のためなら暴力団も利用する警察署長・横山、阿部サダヲが演じた風俗マニアの交番巡査・浜口、高橋一生が演じた引きこもりの情報屋・和範、などキャラクターの宝庫であり、若手俳優の採掘場に。

その後、主演俳優になった面々が競い合うようにエネルギッシュな演技を見せた。彼らの生き生きとした姿を描いたのが当時30歳でブレイク前の宮藤だったことは、今でもドラマフリークたちの語り草となっている。

カラーギャング間の抗争に、女子高生連続殺人事件のサスペンスを絡めた筋書きも見応えがあり、堤の演出で「ヘビーだがハイテンション」「コミカルだがバイオレンス」という相反するテイストを創出。池袋の若者たちが醸し出す、フワッとしたノリと孤独を映像化し、視聴者を引きつけていた。

最終回は、文字通りカオス。マコトの恋人・ヒカル(加藤あい)が壊れ、ヒカルに恋する山井はみじめな姿をさらし、横山はタカシと京一を前面抗争させ、マコトは立会人という大役から逃げていたが……。最後は浪花節的な円満解決となり、脱力的な笑いで締めくくったのは、いかにもこのチームらしかった。

ちなみにクドカンファンの中でも、男性は『IWGP』派、女性は『木更津キャッツアイ』派が多いという。真逆の作風だけに納得だが、コンプライアンスやクレーム対策で、現在のプライムタイムでは、まず放送不可能だろう。主題歌は、Sads「忘却の空」。
○『ビューティフルライフ』『オヤジぃ。』『TRICK』

その他の主な作品は下記。

「難病に冒された車椅子のヒロイン」という設定がいかにも北川悦吏子脚本らしい『Beautiful Life ~ふたりでいた日々~』(TBS系、木村拓哉、常盤貴子主演、主題歌はB'z「今夜月の見える丘に」)。木村が演じたことで“カリスマ美容師ブーム”が起きるなど話題先行の感はあったが、教科書通りの悲劇的なラストで涙を誘った。

「シングルマザーのヒロイン」というだけで異例だったが、不幸続きの展開に視聴者が驚かされた『私の青空』(NHK、田畑智子主演、主題歌はインストゥルメンタル)。結婚式で他の女に相手を連れ去られ、妊娠が発覚し、出産後に彼を探しに上京して仕事を掛け持ちする……猪突猛進の薄幸ヒロインを田畑が熱演し、朝ドラらしからぬゲス男を筒井道隆が淡々と演じた。

昭和の頑固親父と子どもたちのハートフルホームコメディ『オヤジぃ。』(TBS系、田村正和主演、主題歌は花*花「さよなら 大好きな人」)。見どころは、田村と長女役・水野美紀、次女役・広末涼子、長男役・岡田准一とのバトル。子どものために本気で怒り、最後には情けない姿をさらしてでも守ろうとする熱い姿でストレートな感動を呼んだ。ガングロギャル役の矢沢心も話題に。

弁護士にカンちがいされた売れない役者が、産廃処理場の建設をめぐる戦いに挑む『合い言葉は勇気』(フジ系、役所広司主演、主題歌はインストゥルメンタル)。三谷幸喜脚本らしいユーモアであふれ、ポンコツ村長役の田中邦衛、村の名士役の寺尾聰、開発会社社長役の國村隼、敵の剛腕弁護士役の津川雅彦などの名優たちが喜々としてドタバタ喜劇を楽しんでいた。

「ある大企業の秘書による使い込みを暴くミステリー」なのだが、18年過ぎた今その印象は薄い。唐沢のトリッキーなキャラとハチャメチャな展開で視聴者を翻弄した『ラブコンプレックス』(フジ系、唐沢寿明、反町隆史主演、主題歌は反町隆史「Free」)。サブタイトルは初回が「最終回」、最終回が「終わりの始まり」という時系列すら不明の実験的な作品であり、木村佳乃、りょう、小雪、西田尚美、伊東美咲、一戸奈美、高橋ひとみの美女7人を愛でる男性視聴者も多かった。

自称「天才マジシャン」山田奈緒子(仲間由紀恵)と物理学教授・上田次郎(阿部寛)が奇妙なトリックを解明するミステリー『TRICK』(テレ朝系、仲間由紀恵主演、主題歌は鬼塚ちひろ「月光」)。仲間への「貧乳」や阿部への「巨根」イジリなど、堤幸彦監督の小ネタが満載。生瀬勝久が演じたカツラ刑事・矢部謙三、野際陽子が演じた謎多き書道家・山田里見などの名物キャラが多く、深夜ドラマの可能性を広げた。

「『ひとつ屋根の下』(フジ系)の兄弟作」とも言われるホームドラマ『涙をふいて』(フジ系、江口洋介主演、主題歌はゆず「飛べない鳥」)。恩人である先輩の4きょうだいを引き取った大工の奮闘劇。元アメフト選手で「根性」が口グセの勝男は、江口のイメージにピッタリだった。ただ、最注目は子どもたち。まだ知名度が低かった二宮和也上戸彩、神木隆之介が出演していた。

児童養護施設で育ち、虐待を受け、自殺未遂の過去があるヒロインのヒューマンストーリー『愛をください』(フジ系、菅野美穂主演、主題歌はECHOES「ZOO」)。菅野が役名の蓮井朱夏でリリースした同曲もヒットした。「クサイ」とも言われたストレートな愛のセリフを書いていたのはドラマ初脚本の辻仁成。各回のサブタイトルから主題歌まで、辻ワールド全開だったが、これ以降、連ドラは執筆していない。

さらに、中谷美紀主演『永遠の仔』、安田成美主演『リミット もしも、わが子が…』、松本人志中居正広主演『伝説の教師』、草なぎ剛主演『フードファイト』(日テレ系)、財前直見主演『QUIZ』、優香主演『20歳の結婚』、竹野内豊主演『真夏のメリークリスマス』(TBS系)、中山美穂主演『二千年の恋』、佐藤浩市主演『天気予報の恋人』、原田泰造主演『編集王』(フジ系)、鶴田真由主演『つぐみへ…~小さな命を忘れない~』、大沢たかお主演『アナザヘヴン~eclipse~』、鈴木紗理奈主演『OLヴィジュアル系』(テレ朝系)などが放送された。

■著者プロフィール木村隆志コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などに出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ