宮野真守『めざましテレビ』の12月プレゼンターに就任!「しっかり盛り上げたい」

テレビドガッチ

2018/11/30 10:30

人気声優の宮野真守が、12月4日(火)より、12月のマンスリーエンタメプレゼンターとして『めざましテレビ』(毎週月~金曜4:55~)に参加することがわかった。宮野は毎週火曜日の朝6時台に放送される「見たもん勝ち」のコーナーから番組最後まで生出演。軽部真一アナウンサーと共に、様々なエンタメニュースを伝えていく。

マンスリーエンタメプレゼンターとは、俳優、アイドル、芸人など、日本のエンターテインメント界で活躍している人たちが、月替りでMCを担当していく新企画。6月からスタートし、すでに白濱亜嵐(6月担当)、戸次重幸(7月担当)、尾崎世界観(8月担当)、歌広場淳(9月担当)、高橋優(10月担当)、小関裕太(11月担当)と、錚々たる面子が毎月MCを務めてきた。

そして、12月のプレゼンターには、『DEATH NOTE』の夜神月役や『機動戦士ガンダム00』の刹那・F・セイエイ役など数多くのアニメ作品に出演し、来年4月放送の『ちはやふる』で真島太一役を務めることも決まっている人気声優の宮野が就任。声優だけではなく、歌手や俳優としても活躍している宮野が、6時台のエンタメコーナーをはじめ、「イマドキ」、「めざましじゃんけん」、生原稿読みなど、MCの一人として番組終了まで登場。軽部アナの隣で情報を伝え、時には掛け合いをしながら、コーナーを展開していく。

今回、12月のプレゼンターに抜擢されたことについて宮野は、「まさか僕にお声がけしてくださるとは思っていなかったので、素直に驚きました。とてもとてもありがたい事なので、宮野らしく、しっかり盛り上げたいなぁと、気合いが入りましたね!」とやる気十分。

『めざましテレビ』は子どもの頃から見ていたそうで、今年8月にゲストとして出演した際は、「めざましジャンケン」に大感動。たびたび自身の特集が組まれることにも感謝を示し、「番組を盛り上げ、エンタメを盛り上げ、見てくださる方に、朝から元気になってもらえるように、しっかり務め上げたいと思います! ぜひとも皆さま、お楽しみに!」とメッセージを伝えた。

プレゼンターとして宮野は番組内でどんなコメントをするのか? ナレーション読みはスムーズにできるのか? 活動の場を広げつつある宮野が、全力で挑む12月の『めざましテレビ』に、ファンならずとも注目だ。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ