松居大悟監督が手掛けるメディアの“境界”を越えた異色作が誕生! 稲葉友が民放ドラマ初主演

ザテレビジョン

2018/11/30 05:30

劇作家や映画監督として活動する、注目のクリエーター・松居大悟が脚本&監督を務める、年の瀬ドラマ「平成ばしる」が12月28日(金)にテレビ朝日で放送されることが分かった。

「境界を越える」をコンセプトに制作された今回のドラマは、東京・六本木ヒルズに実在するテレビ朝日、J-WAVE、AbemaTVを舞台に、“年越しそば”を巡り、 登場人物たちがさまざまな場所で複雑に絡み合いながらも、ハッピーエンドに向かっていく姿を描いた奇想天外なパニックコメディーだ。

3種のメディアを巻き込む騒動を繰り広げる中心人物となるテレビ朝日のアシスタントプロデューサー・猫宮唯役を、今作が民放ドラマ初主演となる稲葉友、ラジオ制作会社のアシスタントディレクター・江國彩香を阿部純子が演じる。

また、劇中に登場する番組と出演者は、ほぼ全てが本物だ。

テレビ朝日で放送中の「東京らふストーリー」からアンタッチャブル・山崎弘也、フットボールアワー、新井恵理那が。

J-WAVEの「JUMP OVER」のナビゲーターとして松居大悟、AbemaTVの「Abema的ニュースショー 1週間のNEWSをまさかの目線で!」のMC・千原ジュニアらそうそうたる顔ぶれが集結する。

さらに、物語の展開に大きく関わるラジオリスナー役で本仮屋ユイカが友情出演する他、物語の発起点となる俳優に松重豊がこちらも本人役で登場する。

その他、扱いにくいそば評論家役に近江谷太朗、そば店の主人に中村まこと、ラジオ局スタッフに森下能幸、玉置玲央などが出演する。

■ コメントが到着

監督を務めた松居は「もはやボーダーレスになっている放送局そのものを表現として描くことはできないか?と、自分のJ-WAVEラジオ番組が始まったことをキッカケに考えてきました」と明かし、「テレビ局、ラジオ局、ネット局の境界を越えて、平成最後の年を笑顔で越えられるようなコメディーを描けたらなと思います。

言い尽くされて出がらしになってしまった"平成最後"という言葉に引導を渡せたらと。今まで見たことのない楽しいドラマになると思います」と自信をのぞかせた。

主演を務める稲葉は「主演という肩書きにとてもプレッシャーを感じやすいタイプではありますが、平成最後のエネルギー全部使い果たすつもりで臨ませていただきます」と意気込み、「バラバラに起こっていた事柄が最後にはきちんと収束され、心もキュッとつかまれる。

ハートフルですてきな物語。年末にピッタリなドタバタでハートウオーミングな作品になると思う」とアピールした。

また、阿部は「テレビ局とラジオ局とインターネット配信局の3大エンタメが一つのドラマの舞台となる、これまでに聞いたことも見たこともないような明るい企画だなと思いました」とコメント。

そして「私が演じる彩香はラジオ番組のADで、ちょっとだけ天然な女性。でもやりたいことや『これが面白い』という自分の企画をしっかりと持っている子です。

私自身ラジオが好きですごく聴いていて『舞台裏にいらっしゃるスタッフさんは、どんな方々なんだろう?』と思っていた矢先のこの役だったので、うれしかったです」と喜んだ。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/171083/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ