相葉雅紀、『僕とシッポと神楽坂』で「悔しい思い抱いたことも」


アイドルグループ・嵐の相葉雅紀が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『僕とシッポと神楽坂』(毎週金曜23:15~ ※一部地域除く)が、30日に最終回を迎える。

東京・神楽坂を舞台で開業する若き獣医師・コオ先生こと高円寺達也(相葉)と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描く同ドラマ。

10月上旬、都内のスタジオでクランクアップの日を迎えた。この日の撮影は、最終話のクライマックスとなる重要なシーンであり、相葉も共演する広末涼子も、緊張感を高めて臨んだ。

「コオ先生は心の中にダムがあるような、すべてのことを受け止めてため込んで生きている人」と役を捉えていたという相葉。しかし、クランクアップ当日の撮影シーンでは、その"心のダム"が崩壊したかのように、感情があふれるシーンも。

相葉自身も感情の制御が効かなかったようで、「我慢しなくては」と思ったもののできずに、「何年もドラマや映画をやらせていただいて、こんなことは初めてだった」と語った。そして広末も、クランクアップ後に「最後のシーンの相葉さんがすごく良くて…」と振り返った。

撮影を振り返って、相葉は「その日の撮影が終わって、家に帰って台本を読み返しながら、自分の読解力のなさと役の捉えられなさに悔しい思いを抱いたこともありました」と明かしつつ、「『監督は明日はどんな演出をしてくれるんだろう』と楽しみにもしていました。そんな毎日が、なくなってしまうのは寂しい」と話している。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ