ラスベガス「お前らの本気見せてくれるか?」“全力パフォーマンス”で踊り狂う夜<バズリズムLIVE>

ザテレビジョン

2018/11/29 22:31

“今絶対見ておくべきアーティスト”が集結した、音楽番組「バズリズム02」(毎週金曜夜0:59-1:59ほか、日本テレビ系)が主催するライブイベント「バズリズム LIVE 2018」が、11月3日、4日の2日間にわたり、神奈川・横浜アリーナにて開催された。

初日のトリを飾ったのは、“なんちゃらラスベガス”の愛称でも親しまれている、ポストハードコアバンド・Fear, and Loathing in Las Vegas。今回は、次々と変調する新しいテイストのサウンドが魅力の、彼らのライブパフォーマンスの様子を紹介する。

■ So「お前ら付いてきてくれますか!」

ライトの色が次々と切り替わる迫力満点の演出の中、ハイテンションで登場したメンバーは「Return to Zero」でキックオフ。

ボーカル・プログラミング担当のSoとデスボイス・キーボード担当のMinamiがパラパラダンスを披露する同楽曲では、メンバーと一緒になって踊るファンの姿も見受けられる中、Minamiが側転を披露し、会場を一気に沸かせた。

続く「Rave-Up Tonight」では、フロアで踊る人が続出。その様子を見たSoは「最高だ、みんな! ありがとう!」と感謝の気持ちを伝え、「今日はね、ラストをやらせてもらいます。自分でも思うけれど、めっちゃ長いですよね」とバンド名の長さについて紹介する一幕も。

そして、「お前ら付いてきてくれますか! だまされたと思って、ちょっとずつでいいから楽しんでいってください!」と「Greedy」「Keep the Heat and Fire Yourself Up」「LLLD」を続けざまにドロップしていく。

■ 全力を出し切るために、どのライブでもアンコールはやっていない!?

その後のMCでは、「立って踊ってくれている人がいっぱいいてうれしいです。たくさんの人と一緒に歌って踊れてうれしいです」とSoがうれしそうにコメント。

さらに「“なんちゃらラスベガス”、今日はあと2曲だけやらせてください。俺らは全力を出し切るために、どのライブでもアンコールはやっていないんです! ラスト、お前らの本気見せてくれるか?」と「Party Boys」「The Sun Also Rises」を投下した。

最後に「Fear, and Loathing in Las Vegasでした。またどこかで絶対会おうな!」と元気よくあいさつし、最後の最後まで全力のパフォーマンスをやりきった。

会場を大いに盛り上げたこの日のライブパフォーマンスは、11月30日(金)放送の「バズリズム02」にて一部紹介される予定。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/171118/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ