『バットマン』の変態性から『電影少女』の源泉まで……漫画家・桂正和氏が人生と映画を語る ムービープラス『この映画が観たい』

SPICE


CS映画専門チャンネル・ムービープラスのオリジナル番組『この映画が観たい』12月の放送に漫画家・桂正和氏が登場する。

『この映画が観たい』は、様々な分野で活躍する著名人が、かけがえのない“映画体験”と、それにまつわる人生のエピソードを語る番組。12月は、BSスカパー!で放送されるドラマ『I”s』の原作者で漫画家の桂氏が登場し、セレクトした映画『エイリアン』(79年) 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85年)、『ダイ・ハード』(88年)、『バットマン』(89年)、『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』(85年)の5作品について熱く語っているという。同番組から、桂氏のインタビューの一部を抜粋して紹介しよう。

桂正和(漫画家)インタビュー

『バットマン』 (C)Warner Bros. Entertainment Inc.
『バットマン』 (C)Warner Bros. Entertainment Inc.

『エイリアン』は、それまでの宇宙人というものの概念をまるで新しくしてしまったH・R・ギーガーのデザインにすごく影響を受けましたし、自分の血肉になっています。当時、東京で<ギーガー展>というのがあって、それに行ったんです。そこに等身大のエイリアンのスタチューが展示してあったんですけど、お尻がすごいキレイだったんですよ(笑)。それにびっくりして。「なんでこんなに女性っぽいお尻? 色っぽいなあ~」というイメージが強くて、ギーガーの考えることってスゴいなと思いました。エイリアンの造形に影響を受けた奴って山ほどいるんじゃないですかね?(笑)。これはすごい“発明”だと思います。


『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、もう教科書です。ストーリー展開に隙がなくて、 「これがエンターテインメントだ」という感じがしました。伏線の張り方やネタの振り方、回収の仕方とかテンポ感とか見せ方とか、もう完璧だなって思いますね。なんかもう、ひれ伏す感じですよね(笑)。映画って、読み切りの面白さが必要で、オチをどうするか? どういうふうに読後感を感じさせるか? っていうことが大切で。ベテランになってからそういう部分も気にするようになりましたけど、『少年ジャンプ』で連載している頃は本当に忙しくて、オチどころか結末を考えている余裕がないほどで。もうライブみたいなもので、その週その週で「こういう話で、ここのターンはこういう終わり方をさせて、次に……」とか思いつつ、途中で脇道に逸れたりとかしちゃうんです。だからこの作品から影響は受けてないと思います。逆に受けたいですね(笑)。ここまで見事にできたらいいなと思います。



僕は同じ映画を何度も観ることはしないんですが、映画館で3回も観た『ダイ・ハード』はハマりました!閉鎖された空間だけでお話が完結しているところとか、主人公に頼りがいがないところが魅力的でした。だって、裸足だし(笑)。この作品も、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と同じくらいストーリー展開が秀逸だなと思っています。アクションもかっこいいし、最後は爽快感もあるし、言うことないですね。


『バットマン』は、自分の中のヒーローの価値観が変わった作品です。これも劇場で2~3回観たと思います。正直言って、ストーリーは全然おもしろくないんですけど(笑)、あの暗~い映像にやられました。あとは、病んでいるヒーローっていうのも、ウルトラマンとか仮面ライダーを見て育ってきた僕たち世代からするとあり得ないことで、そこからヒーローものの見方が変わったというか、人間味を感じるようになりました。例えば、劇中に出てくる小物にいちいち“コウモリマーク”がついてるのって、よくよく考えたら相当ナルシストなんじゃない?って思うわけですよ(笑)。映画冒頭の登場シーンなんて、誰も見ていないのにマントを広げて降りてくるんですよ。もうナルシストでしかない(笑)。そういう観方をしたら、すごく味わい深くて。こいつ変態だな!って(笑)。そこがとっても良かったんですよね。僕がこの作品から感じた細かな変態性とか、知らないところでカッコつけているところとか、そこをベースに妄想を膨らませて『ZETMAN』を描きたいって思ったんです。


僕の『電影少女』という作品は、『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』を観たことから作品イメージが沸きました。この映画にボーイッシュな女の子が出てくるんですが、彼女は『電影少女』の天野あいに反映されていますし、主人公の男の子の髪形は『電影少女』の主人公・弄内洋太の髪形に影響を受けています。この作品に出会って、人間の業とか情とか、そういう部分を掘り下げていくきっかけになったような気がします。この時期、歌詞やポエムを読み漁っていたこともあって、具体的には描かれていない文面の裏側の感情を自分なりに解釈して『電影少女』に反映させたりしていました。

そのほか、オールタイム・ベストに挙がった作品の話に加え、漫画家を志望した意外な理由や、作品のアニメ化・実写化について思うことなど、様々なエピソードを桂氏が語っているとのこと。

『この映画が観たい#63 ~桂正和のオールタイム・ベスト~』初回は12月3日(月)ムービープラスにて放送。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ