A.B.C-Z戸塚祥太が「奇行伝説」の真偽に答えた! ジャニーズ表裏ニュース2018(7月~10月編)

Jトピ!


 King&PrinceのCDデビューという明るいニュースがあった一方、TOKIO山口達也、関ジャニ∞渋谷すばる、タッキー&翼・今井翼の退所などファンに衝撃を与えたニュースがいつになく多かった2018年のジャニーズ事務所。そこでメディアなどで取り上げられることの多かった「表ニュース」と、一般的には知られていなくてもジャニーズファンを驚かせた「裏ニュース」で2018年を振り返ってみたい。今回は7月~10月をプレイバック!

■7月(表)V6三宅健と滝沢秀明の新ユニット「KEN☆Tackey」がCDデビュー

16年から、舞台『滝沢歌舞伎』で3年連続の共演をはたしている滝沢秀明(当時はタッキー&翼)とV6の三宅健。18年はそんな2人が「KEN☆Tackey」として、7月18日発売のシングル「逆転ラバーズ」でCDデビューした。ユニット名にかけて、ケンタッキーフライドチキンの定番ボックスメニュー「カーネルボックス」のテレビCM(5月31日放映開始)にそろって出演。CMでも流れている「逆転ラバーズ」のサビは「Can touch it! Can touch it! Can take it!」と、「ケンタッキー、ケンタッキー、ケンタッキー」と聞こえるように歌唱しており、一度聞いたらすぐに覚えてしまうフレーズに仕上がった。

発売初週に10.4万枚を売り上げ、オリコン週間シングルランキングでは初登場1位を獲得。今後の活動内容に注目が集まっていたものの、滝沢が年内で表舞台から退くと発表しただけに、KEN☆Tackeyも18年末をもって事実上の“解散”になるとみられる。

■7月(裏)Sexy Zoneマリウス葉、菊池風磨からのパワハラを「フマハラ」と命名

日本語の間違った使い方などで、これまで何度もメンバーにイジられてきたSexy Zoneの最年少・マリウス葉。ラジオ番組などでは、年上の菊池風磨に絡まれる場面も多いが、そんな状況を命名したマリウスのワードセンスが話題になった。7月24日発売の「月刊ザテレビジョン」2018年9月号(KADOKAWA)で、マリウスは「風磨になれるなら」との問いに、「普段の僕はイジられる立場だから、風魔くんになれたらメンバーをイジり倒す!」と回答。佐藤勝利や中島健人の名前を挙げながら、「いつもの仕返しにパワハラならぬ“フマハラ”を勝利くんやケンティにしまくるよ(笑)」と、構想を明かしたのだった。

これを受け、ファンの間では「フマハラって、風磨ハラスメントの略か……天才」「風磨くんが人をイジること、『フマハラ』って名付けたマリウス、さすがいつもイジられてるだけあってセンス抜群」「フマハラ、パワーワードすぎる」「風磨のイジりのことをパワハラならぬフマハラって、マリちゃんのワードセンス(笑)。これからファンが使っていくだろうな」と、すっかり受け入れられていた。

■8月(表)Sexy Zone、『24時間テレビ』のパーソナリティを無事務め上げる

Sexy Zoneの5人が初めてメインパーソナリティーの大役に抜てきされた夏のチャリティー特番『24時間テレビ41「愛は地球を救う」』(日本テレビ系)が、8月25日~26日にかけて放送された。菊池風磨は車いすの少年と双子の兄とともに、シンクロで物語を表現する「ウォーターショー」に挑んだほか、マリウスと松島聡は視覚障がい者とともに社交ダンスにチャレンジ。生中継で行われた「全日本ブラインドダンス選手権」の「女性部門チャチャチャ」において、マリウス&西梨沙さんペアが優勝、松島&池田雪子さんペアは準優勝という好成績を残した。

また、「障がいに負けない!ひと夏の挑戦 久石譲とつくる夢の大オーケストラ」では、佐藤がホルンで演奏に参加。ドラマスペシャル『ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語』は、中島が国民的ヒーローを生み出した漫画家の故・石ノ森章太郎を演じた。番組終了時点の募金額は、17年の2倍にあたる2億6,787万5,910円。同番組の公式サイトによれば、「24時間テレビ41」を中心として、1年間(17年10月1日~18年9月30日)の寄付金総額は8億9,376万7,362円(18年10月16日現在)にも上ったそうだ。

■8月(裏)Kis-My-Ft2宮田俊哉、初めての自転車はV6長野博の実家でお買い上げ

8月15日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、Kis-My-Ft2から玉森裕太、千賀健永、宮田俊哉がゲスト出演。番組内のトークで、宮田がV6・長野博の実家が営む自転車屋「サイクルセンターナガノ」(神奈川県大和市)に言及する一幕があった。冒頭で宮田が「緊張してるんですよ。やっぱ、大先輩の番組出させてもらえるんでね」と現在の胸中を語ると、長瀬智也が「その割にはヘラヘラしてる」と指摘。宮田が「ベース、ヘラヘラしてるんで。すみません」と爽やかな笑顔で答えたところ、今度は国分太一が「性格はね、長野くんと同じような性格してそうだよね」と、宮田に抱いていた印象を述べた。

そんな宮田は長野同様に神奈川出身だが、「長野さんと、小学校と中学校一緒なんですよ」と明かすと、「スゴいね」(長瀬)、「そんな空気出てるよ」(国分)、「あの地区で生まれると、こうなるんだ!」(松岡昌宏)と先輩たちは妙に納得。さらに宮田は「初めて買った自転車、“長野サイクル”ですからね」と長野との意外な接点を告白し、同じく神奈川出身の長瀬もうれしそうに「オレも! オレも!」と自分を指していたのだった。

■9月(表)タッキー&翼、解散していたことを発表! 滝沢は年内で引退、今井は退所へ……

9月13日未明、滝沢と今井翼によるユニット「タッキー&翼」が、解散を発表。タキツバはすでに10日付で解散したといい、突然の知らせに、ジャニーズファンは深い悲しみに包まれた。1990年代後半の「ジャニーズJr.黄金期」と呼ばれる時代に、Jr.を牽引してきた2人。タッキー&翼として2002年9月11日にアルバム『Hatachi』でCDデビューをはたし、「夢物語」「愛想曲 (セレナーデ)」「Venus」などの名曲を世に送り出した。しかし、デビュー15周年が迫る17年9月3日、「スキルアップを目指した個人活動に専念する」との理由で、活動を休止。同18日放送の『ミュージックステーション ウルトラFES 2017』(テレビ朝日系)で、休止前のラストパフォーマンスを行った。

以降はソロで個々の仕事に邁進していたが、18年3月29日には今井が以前にも患った「メニエール病」と診断され、治療に専念することが明らかに。そして9月13日、ファンクラブサイトなどを通じて、「ジャニーズ事務所を退所し、仕事という背負いも無くした状態で病気を克服し、心身共に健康な状態になることに専念したいと思います」と説明。今後の芸能活動は「全くの白紙」で、自身の体調と相談して将来的な再始動を目指す方針という。また、一方でファンを大いに驚かせたのは、滝沢の引退だ。18年末をもって芸能活動を辞め、ジャニー喜多川社長の意思を継いでタレントの育成やプロデュース業を行うと宣言。世間に衝撃を与えた。

タキツバの解散は“事後報告”だったため、ファンは最後に2人の姿が見られなかったと悔やんでいたものの、12月に入って大みそかの『ジャニーズカウントダウン2018-2019』(東京ドーム)への出演と、同29日に一夜限りの復活を遂げる特番『8時だJ』(テレビ朝日系)でも、タキツバがスペシャルメドレーを披露するという、うれしい情報が飛び込んてきた。

■9月(裏)奇行伝説を持つA.B.C-Z戸塚祥太、「サタジャニ」及び「日刊スポーツ」のネットで真偽問われる

9月7日、日刊スポーツ新聞社が運営するニュースサイト「ニッカンスポーツ・コム」の「芸能番記者コラム」コーナーで、「A.B.C-Z戸塚祥太の都市伝説 本人に真偽確認」なる記事が配信された。戸塚は「日刊スポーツ」本紙の連載「サタデージャニーズ」(8月25日付)に登場。Hey!Say!JUMP伊野尾慧とW主演を務める7月期ドラマ『トーキョーエイリアンブラザーズ』(日本テレビ系)の役柄にかけて、ファンの間で語り継がれる戸塚の「都市伝説」を紹介していたのだが、コラムではその「番外編」を公開。例えば、「電車の中で突然『うわあああああああ!』と叫んで周りどん引き」という疑惑について、当人は「ないでしょ(笑い)。ないですよ。さすがに、公共の場では…。人目をはばかりますね」と、冷静な口調で全否定している。

また、「牛の内臓のストラップを持っている」との問いに対して、「すごく慕っていたいとこお兄ちゃんにもらったんですよ。いい思い出です」「内臓の解剖図的なストラップでしたね」と、こちらは素直に認めた戸塚。ネット上で「戸塚祥太 奇行伝説」などと検索した場合に数多くのサイトに載っている「街中でタイルの床で黒いところしか歩かないようにして、カップルに突っ込んで彼氏に怒鳴られた」とされる珍事に関し、「うわ~。これもやりたかったな~。やってないですけど(笑い)」と、真実を話した。意外にも有名なエピソードのほとんどが“ウソ”と判明するも、「最近はこの都市伝説に引っ張られちゃう自分がいて、悔しいんですよ。こんな感じのおかしいことをしなきゃいけないんじゃないか、と思って」(戸塚)と、打ち明けていたとか。妙なトラブルに発展しないためにも、自分の伝説に引きずられず、通常通りの生活をキープしてほしいものだ。

当記事はJトピ!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ