ダニエル・ラドクリフ、舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』は 「観に行かない」

映画『ハリー・ポッター』シリーズで10年にわたり主役を演じたダニエル・ラドクリフ(29)。7作目『ハリー・ポッターと死の秘宝』から19年後が舞台の『ハリー・ポッターと呪いの子』が現在、ニューヨークのブロードウェイで上演されているが、ダニエルは「観に行かない」と断言し、その理由を語った。

ダニエル・ラドクリフは2001年の『ハリー・ポッターと賢者の石』で主役のハリー・ポッターに抜擢され、10年にわたりハリーを演じてきた。『ハリー・ポッター』シリーズの人気は衰えることなく、7作目の『死の秘宝』から19年後を描いた『ハリー・ポッターと呪いの子』が2016年から舞台となって帰ってきた。

もちろん、ダニエル・ラドクリフもその後の『ハリー・ポッター』の世界が気になるかと思いきや、現地時間21日にトーク番組『Late Night with Seth Meyers』で「舞台を観に行くつもりはない」と断言した。

「(観に行くのかと)よく聞かれるんだけど、いつもつまらなくてひどい答えしか言えないんだよね。たぶん、行かないよ。観に行く計画もないね。僕が人生の意味を見失う危険があって、『おー、こんなことが起きちゃったの?』って感じてしまうからではないんだよ」「どちらかというと劇場でリラックスできる夜にはならないだろうなって感じるからなんだ。僕のリアクションを(人々に)見られる気がするんだよね。それってうぬぼれているし、自負心が強いって感じだし、人々は気にしないのかもしれないけど、僕は『ハリー・ポッター』のファンに囲まれるって思う。それって、少し奇妙だよ」と説明した。

ダニエル・ラドクリフは司会者のセス・メイヤーズに変装を勧められると、ロン・ウィズリーを演じたルパート・グリントと音楽祭に行った時のエピソードを話し始めた。

「僕たちは古い第二次世界大戦に使ったようなガスマスクをつけて、コンサートで走り回っていたんだ。それで、すぐ暑くなっちゃって。息をするのも大変だった。だから、外したんだよ。それで、みんなが『ガスマスクをつけている2人のおバカな奴らは誰だろう?』から『おー、あの人たちだ』ってなったんだ。あまり良い気分ではなかったね。」

『ハリー・ポッター』ファンのいる場所ではかなり目立ってしまうダニエル・ラドクリフ。きっと現在、公開されている映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』も劇場で観るのは難しいのだろう。

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ