歌うまYou Tuberコンテストで優勝した新星、藤森蓮華とは

UtaTen

2018/11/24 17:01

藤森蓮華とは…?


──2018年10月18日に行われた第1回「歌うまYou Tuberコンテスト」で優勝されたということで、プロフィールからガッツリ伺いさせていきたいと思います!まず、コンテスト優勝おめでとうございます!!

藤森蓮華:ありがとうございます。


【写真を見る】第1回「歌うまYouTuberコンテスト」藤森蓮華


──賞品として、ハニトーをトロフィーに見立てた新作【ハニートロフィー】を頂いたと思いますが、ハニトーのお味はどうでした?

藤森蓮華:チョコのトロフィーの部分しか、かじってないんですよね…。


パセラAKIBAエリア 第一回歌うまYouTuberコンテスト結果発表!

──あれしか食べなかったんですね!

藤森蓮華:チョコって思いました。

──あのあと食べたのかな…って思ったんですけど。

藤森蓮華:ちょっと帰っちゃって…すいません。

──そうなんですね。年齢が、21歳なんですよね。

藤森蓮華:21歳です。

──石川県出身で、今現在って何か音楽の活動はされていたりするんですか?

藤森蓮華:いや、音楽の活動は実は何もしてなくて、今、通っているアカデミーで週に1回ボーカルのクラスがあるだけなんです。

──元々ダンスのルーツが濃いそうですね。動画も見させていただいたんですけど、かなり本格的すぎてびっくりしました!ダンスって道もいろいろあったと思うんですけど、今、歌を始めようと思ったきっかけはありますか?

藤森蓮華:歌を始めようと思ったきっかけっていうのはあまりなくて。ずっと歌うことが好きだったんですけど、歌よりも踊るほうが好きで、歌で食べていこうって思うより踊りで食べていこうってずっと思っていたんです。1年半前ぐらいにこのアカデミーに入って、校長先生がブロードウェイのスターなんですけど。

──え?! すごい学校ですね。

藤森蓮華:すごい学校なんですけど、ブロードウェイって踊りだけじゃやっていけなくて、彼自身、普通に曲とかも出していてアルバムとかも出していて。なので、踊りだけを求めるんじゃなくて歌とかも求められるんです。ショーケースとかでもボーカル2人選ばれるんですが、それで私、ボーカルの1人に選ばれたんです。そこで初めて舞台に立って、マイクをつけて歌いながら踊るっていう経験をしました。

それで、人前で踊ることもすごい大好きなんですけど、それと同じくらい “こんなに楽しいんだ!”みたいな想いも芽生え始めたんです。そこからもうちょっと自分の歌も磨いていこうかなと思って。といっても週1のボーカルレッスンだけなので、あとは普通に趣味って感じでカラオケに行ったりとかですね。

──じゃあ、ダンスから始まってパフォーマンスの幅を広げようというところで歌を始められて。

藤森蓮華:そうですね。

山口百恵の「プレイバックpart2」でグランプリに!



──今回なんて特に、山口百恵さんの「プレイバックpart2」を歌われていましたけど、踊りのパフォーマンスはなかったじゃないですか。歌だけをやっていくときにあたって、逆にそこにダンスがついてきたりとかっていうことは、今後パフォーマンスとしてありますか?

藤森蓮華:ありますね。歌だけ上手い人は沢山いるし、踊りだけ上手い人も沢山いるので、違うものを生み出していかないと注目されないと思うんです。その点でどっちかじゃなくてミックスしてやっていかなきゃなってずっと思ってやっています。

──バレエもやられていたんですね。今後はバレエを中心にやっていくんでしょうか。きっと、ダンスの幅を広げていこうっていうのがありますよね。

藤森蓮華:そうですね。たぶん曲調によって、柔らかい曲だったらバレエとかの柔らかい動きが合うし、「プレイバックpart2」もまあ、合うかな。でも、結構激しめの曲だったりするとたぶんバレエは合わないので、そうなると今もアカデミーの方でやっているんですけど、ヒップホップとかも活かされてくるかなって思います。

──ヒップホップもやられているんですね。ありがとうございます。それで、先ほど伺った話とちょっと重複してくるかもしれないんですけど、今見ている「夢」ですかね、近い将来でもいいです、遠い将来でもいいですし、これっていうものがあれば聞かせていただきたいです。

藤森蓮華:私がいつもそういう質問が飛んできて返しているのは、「世界中に蓮華旋風を起こす」って言っています。

──蓮華旋風?

藤森蓮華:はい。

──インスタにも書かれていましたけど、「蓮華ワールドに誘って帰れないようにしたい」みたいな。蓮華ワールドってどんなものか、ご自身で、言葉で表して頂けますか?

藤森蓮華:蓮華ワールド…、私自身、変な意味じゃなくて、人とは違う、ただ単に歌のテクニックとか踊りのテクニックとか、私が求めているのはそこじゃなくて。

“この人なんか違うな”て人は何人かいると思うんですけど、歌手とかでもただ単に上手い人、上手いだけで売れているんじゃなくて、この人なんか違うなって思うから人気が出たりとか、ファンがいっぱいついたりするって私はずっと思っているので。

私にもその力があるって自分でもずっと思っていて、そこには自信があるんです。人ができることで人より上手くなってやるんじゃなくて、自分しかできないことだけをやり続けたいっていう意味で、私だけの世界みたいな感じで「蓮華ワールドにみんなを誘いたいな」っていう感じでやっています。

──素晴らしい。その自分らしさっていうものってどうやって作っていったりされたんですか?

藤森蓮華:私が思うのは、将来の夢とかもすごい結構変えて、変えてここまで来ていて。宝塚に入りたいって思ったり、ディズニーのタンサーになりたいって思ったり、最初はバレリーナになりたいから始まっていて。

そういういろんな夢を追うことで挫折もするし、いろんな人間に出会うし、いろんな経験するしで、そこで得た勝ち残る力とか、根性の強さとか、こうやったら人と違うことできるんだとか、こうやったら目立てるんだとか、これをやったときは人よりもちょっと自分が目立つんだなとか、そういうところで自分の良い所も悪いところも分かっていく。今までの経験全てがっていう感じですね。

──その蓮華さんの持っている強さみたいなところが、「プレイバックpart2」のあの「ばかにしないでよ」のところにめちゃめちゃ込もっていて。(笑)

藤森蓮華:(笑)はい。込めました。

──すごいですよね。私、ドキッとしましたもん、結構、あのサビの始まり。21歳かって。(笑)あの「ばかにしないでよ」を出せる方は、本当に蓮華さん以外にいないと思いますけども。

藤森蓮華:ありがとうございます。

好きな歌詞は「プレイバックpart2」



──もともと歌われている曲や、カラオケとかのカバーで歌われる曲って歌謡曲とか、お母さん世代ぐらいの曲が多いのかなって思います。

藤森蓮華:そうですね。古いほうが多いですね。

──普段聴く曲もそういう曲だったり?

藤森蓮華:普段聴く曲は、どっちかというとそんなに今流行りのアイドルの曲だったりとかはあんまり聴かないですね。たまに聴いたりするかなっていうぐらいで。かといって毎日、山口百恵さんだけを聴くとかそこまでではないんですけど。でも、カラオケで歌う曲っていったら、どっちかというと古い曲が多いです。

──好きなアーティストさんは、この流れからの。

藤森蓮華:歌手で好き…、あんまりいないですね。浅く広くって感じで。

──好きな曲は好きな曲っていうような感じですね。ダンスをやられていた方って音を先に聴くんじゃないかなっていうイメージがあったりしたんですけど、歌詞って注目して聴かれたりしますか?

藤森蓮華:歌詞は、踊るときに歌に合わせてヒップホップとかは踊るんですけど、そのときにただ単に音を聴いて踊るんじゃなくて、歌詞の意味とかちゃんと分かった上で踊ったほうが感情も入れやすいしっていうことで歌詞を調べたりはします。

──おお、今後UtaTenでよろしくお願いします、

藤森蓮華:はい。(笑)

──蓮華さんが歌詞が好きでよく聴く曲だったり、歌詞が好きでよく歌う曲だったりって、今、パッと思いつくのがありますか?

藤森蓮華:歌詞ですよね。それを思うとやっぱり「プレイバックpart2」が好きかもしれないです。

──聴かれている音楽がちょっと古い曲ってことで、歌い方もそれっぽいですよね。昭和っぽいというか、言葉の伸ばし方とか。

藤森蓮華:たぶん、元から声が低いので昔の曲のほうが良いんだと思います。今どき系の感じではないですね。

──そう言われてみればそうですね。今の曲って高ければいいみたいなとこあったりしますもんね。

藤森蓮華:ハイドロチックな感じがあんまり私には合わなくて。でも、今、多分ポンって思い浮かぶのが「プレイバックpart2」しかなくて。

──ご自身の持っている部分とリンクするっていうところが大きいですかね、『プレイバック』だと。

藤森蓮華:はい。

恋愛とかは苦手



──「プレイバックpart2」で強い部分を表現されていると思いますが、自分の強い部分のところって友情関係や、恋愛とかでどう活かされたり、逆に損していることあるなっていうエピソードはありますか?

藤森蓮華:たぶん、我が強すぎ…、我が強いというか、常に自分が1番でありたいって思ってて。その強い気持ちがあるから今、ここまで夢を追い続けられているんですけど、その感じが強すぎて恋愛とかは苦手というか需要を感じない。

──需要を感じない!(笑)面白いですね。需要を感じない。(笑)

藤森蓮華:需要を感じないので、好きな曲って言ったら、曲としては好きなんですけど、歌詞とかは恋愛ものが多いじゃないですか、昔の曲も、『ラブイズオーバー』とかもすごい好きなんですけど、恋愛の曲だし、結構、名残惜しいみたいな感じじゃないですか。そんな感じなんですけど、名残惜しい系も愛してるよ系も感情移入とか共感とかはしないですね。

──じゃあ、想像でこういう気持ちなんだろうなと思って歌うような感じになってくるんですね。

藤森蓮華:もはやその役になりきるぐらいのあれですね。特に、そんな感じですね。

──その分、じゃあ、「プレイバックpart2」には結構自分を反映させられたところがあるってことですかね。

藤森蓮華:そう。「プレイバックpart2」は女の人が強くて、男の人を坊やみたいな感じでちょっとばかにするみたいな感じなので、それがピッタリっていう感じです。(笑)

──もう、座布団に敷きたいタイプ。(笑)今までのお話で何となく分かるんですけど、今回、「プレイバックpart2」を決勝戦で選曲された理由は?

藤森蓮華:本当は、候補が1、2、3ってあって、1番に出したのが『ラブイズオーバー』で。それはただ単に安全圏でこれなら間違いなく歌えるだろうということで『ラブイズオーバー』を2日前ぐらいまで、練習していたんですけど。それで、2日前ぐらいのメールで第2候補の「プレイバックpart2」でお願いしますってきて、そこで「ええっ」ってなって、そこで切り替えて先週を始めました。

──すごいですね。それ聞いたらみんなびっくりですよ。練習2日間?!みたいな。でも、それでもちゃんと抑揚、抑揚っていう言葉でももったいないぐらいちゃんと気持ちだとか強弱をつけられて歌っていたと思うんですけど、あの曲でいうポイントは?

藤森蓮華:私がこだわったところは、「プレイバックpart2」は、原曲のテクニックがすごい入っていたりとか、音域が広いとかではないので、そこで見せるのはちょっと難しいかなっていうことで第2候補にしていて。それが来たので、いかに原曲を私のアレンジを効かせてこぶし効かせたりとかするかっていう点と、あとは、せっかく踊りとかもやっているし、歌だけじゃなくてパフォーマンスとしてお見せできるかっていうポイントに着目しました。

──「ばかにしないでよ」のあの感じは、いろんなパターンを試されたりもしたんですか? 

藤森蓮華:全部こぶしはきついかなとかいろいろ研究したんですけど、でも、しつこいぐらいがいいかなと思って。

──面白いですね。逆に静かになるとこと優しく歌われるとこもあって。結構普段から張って歌われるほうですか?

藤森蓮華:そうですね。結構、常に声量で戦うみたいなタイプなんですけど。(笑)

──でも、柔らかい部分がパッてきたときにグッとまた引き込まれるような感じがあったりして。いいですね、武器がいっぱいあって。(笑)

藤森蓮華:ありがとうございます。





むしゃくしゃしたときに聴いてほしい



──今後、ライブ活動もどんどんやっていきたいっていうようなこともおっしゃっていましたけど、蓮華さんの歌をどんなときに聴いて頂きたいですか?

藤森蓮華:むしゃくしゃしたとき。(笑)

──もう、スカッとするために? なるほど!

藤森蓮華:そうですね。(笑)なんか腹立つみたいなときに聴いてくれればたぶんスカッとしますって思います。(笑)

──(笑)思います。めっちゃカッコいいですね。、代わりに吹っ飛ばしてやるぐらいの勢いで。

藤森蓮華:そうですね。

──イベントの詳細とか、そのときの感じも聞いてみたいなと思います。実際そのパフォーマンスをされているとき、結構広い会場で歌われていたと思うんですけど、前に審査員がいてお客さんがいてっていうところで歌うことって、ダンスをもともとされているからこそ慣れていらっしゃいましたか?

藤森蓮華:そうですね、たぶん、慣れているほうだとは思います。

──全然、緊張はせずいけた感じですか?

藤森蓮華:ちょっと緊張するなあみたいな感じはあったんですけど。(笑)もう、やっちゃおう。みんなに見てもらえるみたいな感じのワクワクのほうが大きくて。(笑)

──ポジティブ。(笑)

藤森蓮華:強気で歌いました。

──ほかの出られていた方とコミュニケーションとかも取られたりするんですか?

藤森蓮華:1人で歌の場に出演させていただいたのが初めてだったんですよね。今まではショーケースで歌うときもペアで歌ったし、周りにダンサーのみんなもいるから全然1人身で舞台袖にいるっていうのが歌では初めてだったんですけど、こんな感じなんだと思って。

私は結構、舞台の前とかに、“頑張りましょう”みたいなやつがあんまり好きじゃないので、みんなライバルだと思って、取りあえず1人で集中っていう感じですね。

──すごい!シャットダウンして自分の世界に入られるんですね。

藤森蓮華:基本的にはシャットダウンですね。

──ドライですね。(笑)

藤森蓮華:結構ドライです。

──新しい環境とか、1人で初めてということでしたけど、新しい環境に向かうっていうことは怖くない、楽しみでしょうがないみたいなタイプなんですね。

藤森蓮華:うーん…。例えば、1年前とかも新しいアカデミーに入ったりとか、今年の夏も留学したりとかで知らない環境に1人で行くっていうときは、真剣に取り組む分すごい緊張感とか責任感とかすごい抱えていくし。しかも、抱え過ぎてシャットダウンして1人で集中っていうタイプなので、気楽ではないですね。

でも、このコンテストは1日で結果が出るし、別にもう、蓮華を見てもらおうっていう感じで行ったので、逆にそれがよかったのかなって思います。

──確かに、その日に結果出るっていいですね。

藤森蓮華:(笑)スッキリできるので。

──じゃあ、優勝っていうことが決まった瞬間によぎった思いってどういう感じでしたか?

藤森蓮華:私なりに最高のパフォーマンスができたかなって思ったし、誰とも被らなかったなって思ったので、みんな蓮華を見てくれたのかなって感じました。これが蓮華の世界です」って思いました。

──お客さんっていうのは、本当のお客さんなんですか?

藤森蓮華:お客さんですね。審査員も含め。

──自分で呼んだ方とかもいるんですか?

藤森蓮華:友達も何人かは来てくださったんですけど、友達が私に投票するのは当たり前じゃないですか。でも、そこで知らない人が私のパフォーマンスだけを見て入れてくれるかっていうのがカギとなってくるので、ああいう場所にはあまり呼んでいないです。

優勝賞品の使い道



──優勝賞品が10万円分のパセラのお食事券ですね!あれの使い道を教えてください!

藤森蓮華:ちょっとまだどうしようって感じで。(笑)たぶん、1人で10万円はたぶん無理なので。

──そうですよね。

藤森蓮華:応援してくださった友達とかをいっぱい呼びたいです。LINEだけとかでも応援してくれた子はたくさんいるので、クラスで来れなかったりとか、アカデミーの子たちはみんなそうなので、そのアカデミーの子たちを呼んでパーっと使おうみたいな感じでやります。

──いいですね。じゃあ、そのご報告もインスタで待っていますので、よろしくお願いします。

藤森蓮華:はい。(笑)

──ありがとうございます。あと、今後、作詞とか作曲とかそういう方面はやられるんでしょうか?

藤森蓮華:作詞作曲は、最近、そういうことも考えるんですけど、私、恋愛ソングとかを書くにあたって私の恋愛感があまりにも冷めすぎちゃっていて。(笑)たぶん共感を得られないって思ったので、違った方向性の曲を死ぬまでに2~3曲出せるかなって、ちょうど考えていました。

──でも、恋愛ソングでも何でもそうですけど、きっとお客さんが共感しに来るんですよね。共感しているから聴くんじゃなくて、共感しに来るんですよ、カッコいい人の歌を聴くときって。だから、全然いいと思います。

藤森蓮華:大丈夫ですかね?

──その冷めた恋愛感を存分に発揮した曲、聴きたいです。

藤森蓮華:はい。(笑)頑張ります。

──告知事項をお願い致します!!

藤森蓮華:ライブはないんですが、私のインスタグラムを取りあえず皆さんフォローしてください!!あとは、今月末にアカデミーでの参加なんですけど、11月25日の日曜日に渋谷ストリートダンスウィークっていうイベントに、たったの5分なんですけどヒップホップの作品で出演します。代々木公園野外ステージです。

──ありがとうございます。最後になるんですけど、「これが蓮華」「これが私」っていうようなご自身のプロモーションと、応援してくれた皆さんにひと言っていうところを、いただければと思います。

藤森蓮華:私の気持ちとしては、絶対に、私に少しでも興味を抱いてくださった方に今後絶対後悔させないぐらいの世界に導くのでついてきてくださいっていう感じです。

──(笑)カッコいい。じゃあ、不安も何もいらないからとにかくついてこいと、とにかく見ててくれと。

藤森蓮華:はい。

──じゃあ、最初はインスタのフォローから始まり。

藤森蓮華:取りあえずもう、らりるれんれんで検索してフォローボタンを押してください!10代20代の方が取りあえずインスタフォローしてくれればもうハッピーです。

──ありがとうございました!

藤森蓮華:ありがとうございました。





大盛況で幕を閉じたパセラリゾーツ×東京Vプロジェクト 第1回「歌うまYou Tuberコンテスト」ですが、第2回春大会も開催決定しました!

第2回はなんと「歌うまキッズYou Tuberコンテスト」です!
決勝大会は2019年春パセラリゾーツAKIBAマルチエンターテインメントで開催決定!
応募期間2019年1月中旬スタート予定!参加条件などは決定次第、パセラホームページなどで告知予定ですので、既に歌うまYou Tuberのキッズも、これから歌うまYou Tuberになる予定のキッズも是非楽しみに!!!

https://goo.gl/Ep8jkn

TEXT:愛香
PHOTO:片山拓

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ