ジオウがクウガ・Wの力を手にする!『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』新アーマー初解禁

ガジェット通信

2018/11/24 11:00



平成最後の仮面ライダー劇場版『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』が12月22日(土)に公開。今回、映画で初登場する仮面ライダージオウの新たな姿が解禁となりました!

映画でついに登場!「クウガアーマー」「W(ダブル)アーマー」!!



現在TV放送中のシリーズ最新作『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系:毎週日曜午前9時)は、主人公の常磐ソウゴ(奥野壮)が変身アイテム「ライドウォッチ」を使い、仮面ライダージオウに変身。そして、歴代の平成仮面ライダーの力を宿した「ライドウォッチ」をジオウが変身ベルト「ジクウドライバー」に装填することで、アーマータイムでは様々なレジェンドライダーの力を身にまとって、その力で戦うことができます。

マスクには平成仮面ライダーの名前が刻まれており、その独特のビジュアルも毎回注目を集めていますが、今回の映画では「クウガアーマー」「W(ダブル)アーマー」が登場することが明らかに!

「クウガアーマー」「W(ダブル)アーマー」はそれぞれ仮面ライダークウガ、仮面ライダーWの力を宿したジオウのアーマー。



「クウガアーマー」は、マスクに「クウガ」の文字が刻まれ、元々のクウガが持つシンプルさを尊重し、仮面ライダークウガ マイティフォームの赤色を基調に、クウガを彷彿とさせる特徴的な角も再現されたデザイン。



「W(ダブル)アーマー」は、マスクに「ダブル」の文字が刻まれ、仮面ライダーW サイクロンジョーカーの緑色・黒色を基調にしつつ、変身アイテムであるガイアメモリが両肩についているという大胆なデザインに仕上がっています。

常磐ソウゴ(奥野壮)は、映画の中で一体どのようにして、「クウガライドウォッチ」「W(ダブル)ライドウォッチ」を手にするのか……。

強敵、スーパータイムジャッカー・ティードを倒すことができるのか! 答えは、映画館で確かめてください!

映画『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』予告映像

https://youtu.be/7oeFbIczPF4



■作品情報

『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』

■公開日

12月22日(土) ROADSHOW

■出演者

奥野 壮 犬飼貴丈

押田 岳 大幡しえり 渡邊圭祐 / 赤楚衛二 高田夏帆 武田航平 水上剣星

福崎那由他 斎藤汰鷹 / 大東駿介

【声の出演】滝藤賢一 関 俊彦 遊佐浩二 てらそままさき 鈴村健一

石丸謙二郎 / 生瀬勝久

■ストーリー

仮面ライダーを愛してくれたあなたへ

常磐ソウゴと桐生戦兎の世界に、異変が生じていた。まるで別人と入れ替わるように、仲間たちが次々と記憶を失っていくのだ。さらに、二人の前に現れたスーパータイムジャッカー・ティード。彼はアナザー電王とアナザーWという強力な手先を差し向け、一人の少年・シンゴを追っていた。シンゴを守る戦いの中で、ソウゴは仮面ライダー好きの青年アタルに出会う。

一方ティードに単身戦いを挑んだ戦兎は、洗脳され操られてしまい……。

強大な敵を前にシンゴを救おうともがくソウゴたちだったが、そんな中アタルがある告白をする。「仮面ライダーは、現実の存在じゃない。」

彼は謎のイマジン・フータロスと密かに契約を結んでいた。その言葉の真意とは一体……?なぜ、いつから、仮面ライダーは虚構(フィクション)の存在となってしまったのか?

謎が深まって行く中、ソウゴと戦兎が追うティードの姿は、初代平成仮面ライダー誕生の地・九郎ヶ岳遺跡にあった――

あなたの記憶に、彼らは生きているか。



映画公式サイト:


http://www.movie-taisen.com/


―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ