ちっちゃいおっさん、ねば~る君も参戦! ご当地ゆるキャラ8体の“爆走レース”を生放送

11月25日(日)にちっちゃいおっさん、ねば~る君、家康くんなどご当地ゆるキャラ8体が、静岡県にあるサーキット「富士スピードウェイ」にて白熱のレースを繰り広げる。やる気みなぎる8体の勇士たちに対して、「ゆるキャラって運転できるの?」「前が見えないんじゃ…?」と不安な声も聞かれるのも事実。一体どのようなレース展開になるのか想像もつかないが、その模様は無料インターネットテレビ局「AbemaTV」の番組『爆走!ゆるキャラレーシング』で“生”放送される。さらに番組MCには原口あきまさ、レポーターには「ずん」(飯尾和樹・やす)が登場し、レースを盛り上げる。

今回名乗りを上げたご当地ゆるキャラは、ねば~る君(茨城県)、ちっちゃいおっさん(兵庫県)、出世大名 家康くん(静岡県浜松市)、しろい地底王国忍者じねんじゃー(千葉県白井市)、ツルキャラ うどん脳(香川県)、十和田ごんぼう(青森県十和田市)、キタキュウマン(福岡県北九州市)、てしお仮面(北海道天塩町)の8体だ。

このレースを前に、ゆるキャラたちがコメントを寄せている。ねば~る君は「ねばーぎぶあっぷネバー!」と意気込み、やはり粘り系の特産品「しろいの自然薯」をPRするしろい地底王国忍者じねんじゃーも「ねばねばネバーギブアップ! トロロ姫を見かけたら連絡して欲しい じょじょじょー」と気合を入れる。

ちっちゃいおっさんは「そもそもカートに乗れるか不安やけども~安全運転でいきまっせ~!」と自分の体型を心配しているが、一方で戦闘ヒーローのような体つきのキタキュウマンは「2頭身には負けねえ!!! 安全運転に努めてぶっちぎります!!!」と運転向きの身体の長所を活かして優勝を狙う。

うどん脳は「適当に頑張るツル!」といたってマイペース。これに対して、十和田ごんぼうは「曲がった事が大嫌いなオイラはストレートで勝負だぜ! もしかしたら、コーナーなんて曲がらないぜ!  否、誰も曲がらせねぇ!! どんなマシンに乗れるか知らねえが、そいつのエンジンを限界突破させてやるぜ!! 覚悟しとけよお前ら!!」と鼻息も荒い。

またレース会場となる富士スピードウェイがある静岡県の家康くんは「出世の街はままつから出陣じゃ! やらまいか精神で一番を目指して頑張るのじゃ!」と奮闘を誓い、北海道から参戦のてしお仮面は「寒い北国から熱い勝負魂をもって参加します! 頭の“天”の字に恥じないよう“天下”を取りに行きます!」とこちらもやる気だ。

この日、富士スピードウェイでは「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2018」を開催。『爆走!ゆるキャラレーシング』番組内でも2018年のル・マン24時間耐久レースで初優勝した「TOYOTA GAZOO Racing」による優勝記念凱旋走行や、ウェルカムセレモニーの様子も中継する。この本格的なレースに対して、ご当地ゆるキャラたちはカート取りゲーム(椅子取りゲーム)、障害物レース、最終決戦ゆるキャラカート対決などに挑戦するわけだ。見事優勝を手にしたゆるキャラには地元をPRできるチャンスが与えられる。生放送だけに、とんだハプニングも放送されてしまっては取り返しがつかない。いろいろな意味を含めて手に汗握るレースとなりそうだ。

『爆走!ゆるキャラレーシング』はAbema SPECIALチャンネルにて11月25日13時半より15時半まで生放送。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ